オーバードライブ

 映画館で観ました。
 予想通りくっだらねー映画で最高でした(笑。一応、三味線はすごく良かったです。話の組み立てはばかばかしいというか何というか。まさにエンターテインメントですなw。この辺のどんくささはまさしく一昔前の日本のセンスというものでしょう。観ててむずがゆくなりますw。韓国とかでははじけたエンターテインメント作品が出てきていますが、日本でもこういう馬鹿げた映画を作るパワーが残っていたのは嬉しいところです。

 ということで、TRPGでもこんなのやってみたいなと思ったのだが、いいのがないな。
 この手のギャグ方面?ではじけるシステムと言うと、最近日本で流行の「萌え」方向であれば、「エンゼルギア」「CST」「メイドTRPG」とかがあるし、全世界的に流行っている(と僕が思っているw)武侠ものであれば来年出るとかいう話の「扶桑武侠演義」でそれが出来そうであるが、こういうごくスタンダード(?)なギャグものをやれるシステムって無い。まあ、そういうシナリオを作ればいいんだけどネタとか細かいのを考えて埋めるのはしんどいし、そもそもギャグというものは「お約束」しか存在しない世界なのでそれこそ完璧に近くシステマチックに作れるはずなのだが…それっぽいのと言うとちょっと前に出た「TRPG大饗宴」くらいかねえ。うーむ。ギャグじゃないけど世界観のみ似た感じなのと言うと「サタスペ」くらいですかのう。うーむ。
[PR]
by namizusi | 2004-11-27 21:05 | ストーリーメディア


<< 転換パターン 吼え声をガードすると刃こぼれがする >>