最近読んだリプレイ:(・_・)

最近読んだリプレイの感想など。



--


・王虎を討つ者(戦国異聞録KAMUI)
 http://www.bk1.jp/product/03144892

・連撃/簡易マップは面白そう
・セッションが非常にシステマチックで気軽に遊びやすそう
・戦国武将がみんな少女だったり女性だったりするのは何なのか(笑)
・TRPGをやりたくなると言うよりは「フロントミッション」とかの電源ありシミュレーションRPG系をやりたくなるかなあという。ゲームゲーム度高し。

--
・ミラージュオーシャン・ログブック(ゲヘナ・アナスタシス)
 http://www.bk1.jp/product/03049639

・連撃は楽しげ
・シナリオとか舞台設定とかが非常に古くゆかしいファンタジー(アラビア風?)な雰囲気で懐かしかったかも

--
・剣十字の騎士(ブレイド・オブ・アルカナ3rd)
 http://www.bk1.jp/product/03097499

・後半のリプレイはなかなか良かった
・しかし、後半のシナリオはシノビガミでやれば一発だよなあっていう、かなり時代遅れな感が。このリプレイ自体がシノビガミ以前の作品だった気がするので致し方ないか。正直NPC騎士がぞろぞろ出てくるのはPL的に全く嬉しくない
・スタンダードなプレイをすると当事者性が低くなり、イレギュラーなプレイをすると当事者性が高くなるというのはシステムの方向性として根本的に間違っていると思う。
・結局システムの方向性は、セッションの体裁を形だけ整えて、失敗し辛くする方向に向いているというのが2つのリプレイを見ると明白。当事者性を高くする話はあくまで『おまけ』扱いで、スタンダードなプレイをしていると、それは達成できない(出来ていない)
・正義観に関するやりとりが非常に狭量で痛々しく、さすが最右翼なだけあるなあと。まあ、このGMさんが狭量なだけな気もする(前もこんな感じだった気がするし)。

--
・災い起こすテンブラー(ダークブレイズ)
 http://www.bk1.jp/product/03160124

・システマチックなのにキャラロールもかなり楽しげなのは何でなんだろうか
・勲章を狙うのがかなり楽しそうだ
・敵がえげつないのは良い
・素材強化は素晴らしい(無条件)



うーむ、ダークブレイズが機会があればやってみたいかなあ
素材集めて強化したいぜー

あと、ニンテンドーDSかPSPでシミュレーションRPG系がやりたくなった。
なんか良いのないかのう?



そんなところで
[PR]
by namizusi | 2009-12-05 12:09 | TRPG


<< 深淵の遊び方(4):(-_-) 深淵の遊び方(3):(-_-) >>