ストーリー分岐管理について:(・_・)

ストーリーの分岐管理についてはTRPGよりも
ゲームブック・ノベルゲーの世界の方がはるかに先進的なのですが

http://blog.story-fact.com/?eid=1180167

これがすごい。



--


「サイボーグを倒せ」の構成は

http://www.bk1.jp/product/00686665

ここで抽出されてて、分岐構成の1個の完成形と言って良い
すごい出来なのですが

--
旧RPGマガジンに投稿されたクトゥルフ神話TRPGのシナリオとか、
「ニャルラトテップの仮面」も同様の構成で、結構好きなんですが。

うーむ、時系列的にどっちが先とも言えないか?

--
クラスタが疎結合な構成にすると
つじつま合わせが簡単になってアドリブ対処が容易になるんですよね

--
これが使えるかも

・POSAのアーキテクチャパターン
http://d.hatena.ne.jp/asakichy/20090602/1243900715

前書いた三試練型セッションはLayersパターンかのう
http://d.hatena.ne.jp/asakichy/20090603/1243989370

--
深淵の目的を1個の焦点に集約するやり方はGoFのMediatorパターンだと思う。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20051123/225074/



んでわ
[PR]
by namizusi | 2009-12-09 21:24 | TRPG


<< 深淵の遊び方(6):(-_-) 深淵の遊び方(5):(-_-) >>