キャラクターメイクとは:(・_・)

 ストーリー志向の続きでキャラクターメイクに関する補足記事です。

 関連してるかも知れない?
・「人格は絡み合った糸の結節点モデル」を提唱してみる
http://d.hatena.ne.jp/nayuta77/20100907/1283847961

 これ面白いですねえ。気になるのは、あのモデルの「視点」はどこなのかなあと。神様視点かな。
 僕は、個人主観視点で

「重み付けのされた四次元マインドマップ」

と思ってました(笑)。



--



1.キャラクターメイクにかける時間
<プロフェッショナルな作品等>
 ・ペルソナ分析 1~3ヶ月?
 ・オリジナル新作長編小説作品 1~3ヶ月?
 ・26話完結シリーズものアニメ 半年~?

<TRPG>
 ・単発セッション:1時間
 ・ガープスとかD&D3rd以降 半日~1日?
 ・のんびりオンセ:1週間~1ヶ月
 ・キャンペーン:長いと何年も?

 とりあえず、プロフェッショナルな作品と比べるとTRPGのキャラメイクって、ぜんぜん時間もかけてないし上っ面のみで大したことないって思いねえ。

--
2.キャラクターの属性とは
 能力値とか特徴とかの話ですが、1回キャラメイクすると10個とか20個とかの属性ができてきますが、注意点としては

・PCは、全部の属性1個1個に対して思い入れがある
・PCにとっては全部の属性1個1個に対して歴史がある

ってことですね。例えば、映画「時をかける少女(アニメ版)」だと、主人公のまことは「足がでかい」という属性を持っており

コウスケ:「また、足がでかいとか言ったんだろ。あいつ気にしてっからな」
チアキ:「言ってねえよ!」

という二せりふでしか扱われないんですけど

・足がでかいということは、靴などですぐに友人とかにバレる属性である
・例えば、友人の誕生日パーティーに行ったときに「このでかい靴、誰のさ!」とか言われてすごい恥ずかしい思いをしたのかもしれん
・まことが、チアキたち男の子とばかりつるんで遊んでるのは、自分の足のでかさが目立たず、区別されないから逆に親近感を持ったのかもしれん
etc...

というような背景が考えられたりします。で、1個の属性についてこの調子で30分くらいかけて、全20属性について考えるとすると、まじめにキャラを作ろうとすると、属性を一通り煮詰めるだけで(それでも無数にある全属性は到底カバーできない)10時間もの時間がかかることになります。

--
3.属性の重み付け
 加えて、それぞれの属性について、PC主観で優先順位が決まっています。優先順位のベクトルは多次元かもしれません。

--
4.属性同士の関連
 属性同士が並列で並んでるわけじゃなくて、ツリー構造で体系化されて認識されてます。「マインドマップ」は、人間の認識に似せた事象の関連モデルですが、なのでPCの属性をマインドマップでツリー構造に配置するのは人間感覚に近い配置になると思います。

--
5.履歴の作成
 加えて、キャラクターには、誕生してからの歴史があります。キャラクターの属性や体系図は、その歴史に伴って変化してきています。

--
6.しかし、そこまで考えてる時間はない(笑
 ……というような感じでキャラクターというのを掘り下げていくとやっと、(仮想的に)生きたキャラクターというものが出来てきますが、TRPGセッションではそこまで考えてる時間はないことが多いので、何とかショートカットしてキャラクターのキーになる部分をつかむ必要があります。

--
7.キャラクターを高速につかむための観点
 多数ある要素から直感的に、重要なポイントを抜き出すことができるのが人間の特質というものでありますが。

・自分に似ている/共感する部分を見つける
・今回のセッション上で必要な要素を深める(動機付けとか人間関係とか)
 本当は、両親や兄弟や親戚や友人やetc...たくさんいるはずだけど、今日は「妹」に集中しよう、とか。
・キャラクターの突出した特徴を拾う
・ステレオタイプで分類する+ステレオタイプから外れるささやかな特性を拾う
・PC間の相対的立ち位置をつかむ
・得意技と弱点
etc...

 この辺のキーをつかんで、そこから徐々に認識を広げてくのが良いですかねえ。

--
8.エターナルチャンピオン
 同じキャラクターを、システムを乗り越えてずっと使い続けるスタイル。じっくり時間をかけるのでキャラ造詣が深まります。注意点としては

・人格を継承するだけで、過去のことは忘れろ

てところでしょうか。キャンペーンとかじゃない限り。1人のPLがプレイできる(プレイしやすい)PCの人格タイプって、限られてくるので「これうまく行ったなあ」というのがあったら、ストックしておいて、合いそうなシナリオとかメンツの組み合わせとかが来たら使いまわすのが良いと思います。まあ、ファンタズムアドベンチャーで宇宙人が出来るぜ! とか、めったにないタイプのキャラが出来る機会に遭遇できたら、本当に新規でキャラを立てるのもいいんですけど。

--
9.キャラクターを圧縮する
 「要するに、このキャラクターって、どういう奴なのさ」を、ひとことでまとめてみると、キャラクターのキーの要素を抽出しやすいし、高速チャットセッションで「キャラ紹介を1行で!」というときにも使えて良い感じ。



それでは
[PR]
by namizusi | 2010-09-07 22:35 | TRPG


<< 内面的物語と外面的物語:(・_・) 誤読と創造性について:(・_・) >>