ぼちぼちマジックデュエルズ:赤白ソプター2:(・_・)

 iOS版の方でもランク40行きました。

b0056599_1944769.jpg


 iOS版の方がユーザ数が少ないと思われるので、Steam版環境よりゆるかった感じでしょうか。
 それでもランク20~30くらいの辺はわりと強い人もいたように思います。
 あと、対戦で繋がるまでが毎回毎回時間がかかるのがしんどくて、なおかつランク20以下ぐらいの辺は異様に対戦相手が見つからん気がしたのだが。

 それはさておき、今回は以前紹介した赤白ソプターのゼンディカー改訂版の紹介をします。




1.レシピ
・クリーチャー(23)
《白蘭の騎士》2
《フェリダーの仔》3
《ケラル砦の修道院長》2
《鋳造所の隊長》3
《ランタンの斥候》2
《炎套の魔道師》3
《飛行機械技術師》3
《ギラプールの歯車造り》2
《ピア・ナラーとキラン・ナラー》2
《牢獄の管理人、ヒクサス》1

・呪文(15)
《復仇》2
《双雷弾》3
《アクロスでの武勇》3
《炎影の妖術》2
《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》1
《次元の激高》2
《天使の布告》2

・土地(22)
《平地》4
《山》4
《断崖の避難所》2
《領事の鋳造所》3
《ならず者の道》1
《ボロスのギルド門》4
《進化する未開地》4

2.MD環境のマナごとの振る舞い
 赤白ソプターの動きの理解にあたって、MD環境の各マナごとの基本的な動作を理解すると、本デッキの構成が分かりやすくなるかと思いますので解説します。

・1~2マナ:何でもお好きに
 速攻クリーチャー
 デッキの下準備等

・3マナ:序盤メイン
 カウンター
 序盤のメインクリーチャー
 各色単体除去魔法

・4マナ:序盤フィニッシャー
 酸苔
 衰滅
 4/4以上大型クリーチャー
 強力エンチャント

・5マナ:全体除去
 次元の激高

・6マナ:再利用・加速
 ニッサの復興
 ムラーサ

・7マナ:強能力フィニッシャー
 ガイアの~

・10マナ:ウラモグ=サン

 これはあくまで目安です。これより低マナで同様の動作をできるカードは「強い」ですし、そうでないカードは「弱い」……もしくは、弱い代わりに他の特殊能力が付いている? という案配になっていると思われます。

3.赤白ソプターの構成
 上記を参考にしますと、

・2マナ
 序盤クリーチャー除去
・2~3マナ
 トークン付きクリーチャー展開
・4マナ
 強力エンチャント設置
・5マナ
 不利だったら《次元の激高》でリセット

 というような感じで、3マナ以下でクリーチャーを並べて場を制圧し、4マナで即死級エンチャントを設定して、相手が対処できなかったらそのまま一撃必殺! という流れに持っていくのが基本ラインとなります。《アクロスでの武勇》《炎影の妖術》を設置した状況で《飛行機械技術師》が出れば単体で13ダメージ、場にクリーチャーが2体出てたら、

・ソプター1 5点
・ソプター2 3点
・《飛行機械技術師》 5点
・クリーチャーの攻撃力+4点
・クリーチャーの攻撃力+4点
=場に出てるクリーチャーの攻撃力の合計+21点ダメージ!!!

というのが、カードの引き次第でいつでも叩き出せる状況にして、


「場は整った。さあ次こそ、とどめが引けるかな? へへへへ(微笑)」


と構えるのが、このデッキのスタイルとなりますかね。
 速攻寄りで勝つときも負けるときもさっくり決まり、勝てると大ダメージで爽快感があるので気分転換によく使います。

4.MD環境の「同盟者」
 ゼンディカー導入の売りとしては、前々回「赤黒エルドラージ」のエルドラージ系カードの他に、それに対抗する要素として「同盟者」があります。場に出ると誘発能力が共有・連鎖する、ハマると強い能力なんですけど、MD環境では残念ながら、

・強力な「同盟者」ほど収録されない!

という地獄のような状況にあって、メインではかなり使いづらい状況にあります。
 ぶっちゃけ弱いっす><。
 生け贄ごとにドレインするズーラーポートの何とかサンとか、同盟者ごとに全クリーチャー強くなるあの人とか、同盟者ごとにパワーアップするあれサンとか、軒並みキーとなる強力カードが骨抜きにされてまあとにかく辛い。
 あのね。
 同盟者デッキというのは、能力活用しようと思ったら毎ターンクリーチャー出さないといかんのですよ。そして、そのたびにマナ消費されて他のことやってる余裕がなくなるのですよ。飛行も能力アップもないから素のクリーチャー能力で真正面からぶちあたるしかないんですよ。毎ターン毎ターン手札消費して一生懸命展開しても衰滅一発で消し飛ぶんですよもしくは《次元の激高》……やってられるかーーー!!!!!!(ぜえぜえはあはあ)。

 ……という感じでMD環境で同盟者デッキを作ろうという気がさっぱり起こらないのですが(白黒で組めば多少ましになり得ますが)、デッキの補助で「クリーチャーもおまけで付いてくる全体強化魔法」と思えば、いぶし銀のように使えるカードもソコソコあります。
 本デッキで言えば、全クリーチャーに威迫を付けてくれる《炎套の魔道師》は、クリーチャーを並べるデッキの突破力を劇的に上げてくれるので強いですし、白黒の《ドラーナの使者》も、現状の飛行クリーチャーが薄い環境では2/2飛行で毎ターン1点ドレインというだけでもかなり強力と思います。
 ただこう、結局クリーチャーの攻撃力・タフネスを強化する同盟者は一人もいませんので《衰滅》を撃たれたら一網打尽。加えて、ゼンディカー環境では《次元の激高》《光輝の炎》《沸き上がる瘴気》という全体除去が増えてますので、かなり厳しいことになっています。

5.主要カード解説
 デッキの主要カードの解説など。

1)《白蘭の騎士》
 土地調達要員その1。このデッキは土地が不足しがちですので、今回入れております。酸苔で土地破壊大流行だったりするのでその対策にも。
 後手の場合、3ターン目に2マナで白白準備して、《白蘭の騎士》召喚(平地+1)→土地セットで、相手の土地が3枚、こちらは4枚攻守交代の状況にできます……というのは基本でしょうか? 《炎影の妖術》が使えると中盤以降、1ターン土地2枚追加とかも可能。《アクロスでの武勇》で4/4先制攻撃とかになるのも単純に強い。

2)《フェリダーの仔》
 ゼンディカー環境は凶悪なエンチャントが多いですのでその対策および、単純に2マナ2/2は速攻寄りのこのデッキでは十分使える。

3)《ケラル砦の修道院長》
 土地調達要員その2。基本は3ターン目に土地セット前に召喚、対戦の中盤以降でも引き増しできるのでいろいろ使えます。《炎影の妖術》で2枚引きも可能。

4)《鋳造所の隊長》
 ソプターデッキの強化隊長。3マナ2/3も悪くない。《飛行機械技術師》で速攻が付くとか、《炎影の妖術》でパワーアップしながら並べるとかいろいろ使いどころがあります。

5)《ランタンの斥候》
 以前は《前線の僧侶》を使ってたのですが、よりアグレッシブにこちらに変更。
 基本的にこのデッキは、攻撃時は強いが、防御時は紙装甲なデッキですので、攻撃しながら大回復するのはコンセプトに合ってると思います。相手が《ガイアの復讐者》とかで速攻殴ってきても死ななければ全部スルー(クリーリャー数を減らされる方が痛い)、反対に殴り返して奪われた体力以上回復する、裸の殴り合いの心意気で! 《炎套の魔道師》の威迫効果とコンボすると相手も防御できず強力な一撃を見舞うことができます。
 このデッキでは基本的に3マナ以下のクリーチャーであればいつでも《炎影の妖術》で増殖できるのがミソですので、3マナ3/2と軽くて攻撃力高めなのも良い。

5)《炎套の魔道師》
 現環境の同盟者エースの一人。2/2クリーチャーはおまけです。他の同盟者で威迫効果を連発できるのも良い。
 こいつも3マナなので《炎影の妖術》でで増殖展開できます。

6)《飛行機械技術師》
 このデッキのエース、メインアタッカー。たった3マナ! タフネスが3もあって死ににくい! 1/1飛行トークンが付いてくる! 以後アーティファクトクリーチャーは全速攻付きに!!! という破格生物。
 エンチャント設置して環境が整えば、あとはこいつを引くだけで勝てる!

7)《ギラプールの歯車造り》
 《飛行機械技術師》の予備みたいな感じでしょうか。3マナで呼べて2体並ぶのが《アクロスでの武勇》とのシナジーで十分強いと思うんですけど(《飛行機械技術師》が破格すぎる)。
 最近は大型クリーチャーが増えて《双雷弾》をあまり見なくなったので、比較的生存率が上がったかと。

8)《ピア・ナラーとキラン・ナラー》
 とにかく強い。フィニッシャー。

9)《牢獄の管理人、ヒクサス》
 奇襲専用。基本的に防御などせず裸で殴り合うこのデッキでは、相手のクリーチャー全体除去要員。弱い防御時に瞬速で出せるのも良い。

10)《復仇》
 現環境はでかいクリーチャーが多いので、よく刺さります。

11)《双雷弾》
 序盤のクリーチャー掃除とか、相手のソプター除去とかとどめに。

12)《アクロスでの武勇》
 これを置けるかどうかで勝敗が7割ぐらい決まったりするので、相手のマナ状況を見て設置。

13)《炎影の妖術》
 これを置けたからと言って勝てるとは限らないですが、明確にクリーチャーアドバンテージを稼げるので、あとはソプター付きを引けばよい。
 これを使えるように赤マナを多めに揃えると良いかと。

14)《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》
 ただ強。このデッキだとクリーチャーを並べたあとにギデオンを出すことになるので、出せれば盤石という感じ。0マナで他の同盟者能力発動できるとか、《アクロスでの武勇》とのシナジーも良い。

15)《次元の激高》
 以前は、《悲劇的な傲慢》を使ってましたが、せっかく張ったエンチャントまで巻き添えになるのが痛かった。こいつなら容赦なく全クリーチャー除去できるので劣勢時にはリセットを。《炎影の妖術》《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が出てれば高速復旧も容易。

16)《天使の布告》
 痛い大型クリーチャーや、致命的なエンチャントを追放送りにできる万能カード。

17)《領事の鋳造所》
 ソプターが2体、インスタントタイミングで製造可能(カウンター不可)。インスタントタイミングで使えるので《アクロスでの武勇》を張ってあれば、防御時に強化しつつ守れる。《飛行機械技術師》がいれば速攻も可能。

18)《ならず者の道》
 あんまり使うことはないですが、膠着時の削りにぼちぼち。



 以上。
 漢らしい殴り合いデッキです。サクサクプレイできるので気晴らしに良いかも。

 次は「覚醒コントロール」でも書きましょうかの-? んじゃま。
[PR]
by namizusi | 2016-03-21 19:08 | マジックデュエルズ


<< ぼちぼちマジックデュエルズ:覚... ぼちぼちマジックデュエルズ:撤... >>