MMORPGとTRPGの違いと未来についての愚考:(・_・)

たまにはがっつりTRPGの話などをぐだぐだ支離滅裂と。



現状のTRPGの展開とか未来のTRPGって何?という辺の話については割りと前から腹案があります。
オンセがメインになってオフセは絶滅するかもとか(笑)。
個人的には遊べりゃーどうでもいいのですが。

最近プレイしてないので最新の状況はさっぱりわからんのですが、とりあえず

・戦闘級シミュレーション
・状況シミュレーション

・キャラクターゲーム
・ストーリーゲーム

という移行は予想通り。キャラクターゲーム、ストーリーゲームを推し進めるための制約をどうするかが見ものでしたが、

・ルールによる締め付け
・思想統制

だったのは何だかなーと割とずっと思ってます。
んで、戦闘級シミュレーション、状況シミュレーションは絶滅したのかと言うと、TRPGの世界でも細々残ってますが、電子ゲーとかネットゲーで今まさに隆盛となってますな。戦闘シミュレーションの方は最初期から電子ゲーム化されましたが、状況シミュレーションの方は技術基盤が追いついて割りと昨今ではふつーにできるようになりました。GTAとか、Wiiの海に潜るやつとかもろもろ。自由度の高さがTRPGのかつての売りでしたが、最近では電子ゲーでもやりきれないほどの自由度の高さが得られるようになりました。

次の要素として

・ユーザがゲーム世界を提示する

という要素がありますが(要するにGMが、シナリオ、世界観を準備して提示するということ)、この辺も発展途上ですがネットゲーで開拓されつつあります。D&Dのシナリオ作成の部分までゲーム化したNWNとか、ナムコ?が自分で箱庭を作って人に訪問してもらう何とかいうネットゲーを出してましたし、ゲームという枠を抜ければ最近話題のセカンドライフなんかがまさに、自分で作り、提示するという最たるものと言っていいと思います。「提示する」というのはゲームという枠から逸脱した方が相性がいいのかもしれません。

んで、シミュレーションも世界提示も電子化されて、もうわざわざTRPGをやる意味ないんじゃない?という割と分岐点に来てるような感じがしてるんですけど、あと残された砦としては

・ストーリー世界の中で生きるキャラクター

という部分がまだうまく電子化されてないかなと思ってます。ラジアータストーリーくらい?
ぶっちゃけて言うと

・ストーリー優先、世界観後付け

というスタンス。世界があって、そこでキャラクターを動かして、そのあとに物語が出来上がってゆくの逆方向のアプローチで、物語があってそこに立ち位置(キャラクター)が配置される。流れの中でキャラクター性が生き生きとしてくる。という方向はTRPGでまだまだ開拓しがいがあって、これもいずれ電子化されると思うんですけど、そうなったときこそ初めてもうTRPGという枠自体が要らなくなるんじゃないかと妄想してます。

んで具体的なTRPGシステムで言うと、深淵で「運命のシステムがあれば極端な話、世界観無しでもいいじゃん」とか、NHDでの「背景世界は現代のこの現実世界そのものです。なので説明端折ってキャラクターやストーリーメインに考えましょう」的アプローチなんかがそうだと思います。NHDの考え方は最初期のTRPGで現代物をやるときなんかそうだったのが復刻された感じですけど。FEAR系のシステム辺りでその辺の実装がどうなってるかはプレイしてないし、よーわかりませんw。


まあそんな感じで。
要するにTRPGやってないので物語分が足りんのジャー!と言いたかっただけです。はい^^;

んでは
[PR]
by namizusi | 2007-09-10 12:53 | TRPG


<< 対クシャル戦の笛性能比較:(・_・) ダブルクロス・リプレイ・トワイ... >>