深淵第2版購入:(・_・)

買いました。
ほんとに出てたよ。びっくり。
下手をするともう10年くらいはかかるか、永久に闇に葬られるかと思ってました(わりとまじめに)。



・ルール記述
 昔に比べてずいぶん整理されて、必要十分な情報がわかりやすく整えられているように思いました。さすがずいぶん時間を費やされただけのことはあるかなと。ただ、相変わらず文字情報過多気味で、図も絵もほとんどなく、文字ばっかりという印象が。

--
・テンプレート
 必要最小限に絞った感じでしょうか。今後また順次追加されてくといいですな。母親復活希望~。

--
・カード
 カードが減らされるかも!?という懸念がありましたが、がんばって92枚のカードが収まってました。すげー。ただカードがちと小さめですな^^;。

--
・運命の幻視
 語り部を選ぶと運命が選択されてしまうというオプションルールがついに実装。
 運命は、使い辛かったり重複した運命が整理されてました。一方で、運命カードの語り部と対応して運命を決めたせいか、別の意味で似た系統の運命が増えてるような。魔族がらみ運命が今回かなり増えたように思います。気が付くとPCがみんな魔族に汚染された状態で始まる可能性が高いかも。

 あと、いくつか運命が追加されてますが、面白そうなのが増えてますな。どんなのが増えたかは自分でるるぶを見てくださいまし。「龍のさだめ」なんかヒロイックで燃えますな~。

--
・添付シナリオ
 以前載ってた構造型っぽいシナリオがばっさり切り落とされて、半渦型の、魔剣シナリオとブログに載ってた英雄王の遺産シナリオが付いてました。まあ~、振り切れてしまったというか、より「らしく」なったというか。

--
・シンプルなシナリオ
 (深淵ではどうせ運命やらあれやこれやでごちゃごちゃしてしまうので)シナリオはシンプルでわかりやすいものにすると良い、という話が書かれています。

 「シンプルでわかりやすいシナリオ」ってのが、結構アイデア勝負で発明のしがいがあるというか。とてもシンプルだがPCの運命の配置しだいで大きく変わりえる、奥が深くて駄目駄目な状況(笑)を考え出せるかどうか、がわりと重要かもと思います。独自のシナリオを考えたいのであれば。

 特に独自のシナリオを考えたいわけではない、とにかくサルのように遊んでみたいだけだ、という向きには、毎回毎回同じシチュエーションのシナリオで十分だと思います。どうせPCの運命しだいで様相が全く変わっちまいますしな。ぶっちゃけ、毎回毎回

「お前の望みをかなえよう。代償を払いさえすれば」

とか言って魔族か魔剣か龍が現れればそれで十分かと。ブレカナで毎回毎回「ささげよ聖痕今宵は殺戮の宴なり!」とか言うのと同じ感じですな。

--
・紙魚砂は深淵信者なのか?(笑)
 と、思われてるような気がするのだが、どうなんでしょう?
 わしの認識だと、強いて信者と言えるのはローズトゥロード(B以降)くらいで、

RtoL⊃深淵⊃その他のTRPG

という認識です。RtoLでも出来るけどあれこれ細かいギミックを考慮すると深淵でやった方が楽に回るので深淵を使ってる(しかし、あえて深淵でやろうというシナリオも最近ではほとんど無くなった)とかいう感じ。もっと使いやすいシステムが出てくればすぐにでも移住したいのですが、いまのところそういうシステムが出ないので仕方なくまだ細々やってる感じでしょうかね。腐れ縁みたいな感じ?まあいいやw。最近だと深淵の中でも異端的なあそび方しかしてませんしなあ~。

 深淵というシステムで気を付けないといけないと思うのは

「安心感は無い」

というところです。

 メルヘンチックだったりほのぼの傾向だったりする方向でまとめるべくGMあがいても、運命1発で全てがひっくり返る可能性が常にあるのが深淵というものだと思うので、そういうのを楽しめる人なら遊んでみるといいと思いますし、そうじゃない人は障らぬが華と思います。いっぺんやって肌に合わなかったら特に無理して寄る必要もないかと。そんなもんだ~。

という感じで。
今、深淵向けのシナリオを1個考えてるのでそのうちどこかでやろうと思います。
まずは別口で内輪でやる予定ですが、ここを見てる人で、他にやりたい人っているんかのう?(多分オンセにすると思います)
リクエストがあるならやるかもしれん。

ただまあ、僕がやるのは深淵の中でも常に異端的シナリオのみなので、これが普通の深淵なのか~とか、勘違いされると困ります。わりと。

んでは
[PR]
by namizusi | 2008-02-03 02:27 | TRPG


<< TRPGがゲームであるべきと考... 『GMさん、教えてください』に... >>