2005年 06月 28日 ( 2 )

武侠とは何かっ!?(1)-扶桑武侠伝解説?

 ホントかウソか知らんけど扶桑武侠伝発売が順調にまた伸びたらしい(しくしく)。ネットで見てるといわゆる「武侠もの」って何だか知らんって人が多いようなので、僕的「武侠もの」を解説してみることにする。

1)スタンダードな「武侠もの」
 「ツイ・ハークのマジッククレーン」
 「スウォーズマン」
 「グリーンディスティニー」
 「英雄」
 「LOVERS」
 「聖石伝説」

 この辺がいわゆるスタンダードな「武侠もの」でしょうか。一度は見ると良いでしょう。個人的に思い入れがあるのは「ツイ・ハークのマジッククレーン」で、今流行りの「ワイヤーアクション」の走りで当時(10数年前)としてはど派手なアクションが展開していて「ぬわっ!何だこの派手なアクションわ!」と、当時のアクション観を根底から覆された記憶があります。一度は見よ!

2)「武侠もの」のエッセンス
 最近は「英雄」「グリーンディスティニー」みたいなわりとまっとうにまじめな内容の話も出てくるようになりましたが、それ以前の「武侠もの」はB級テイスト満載の馬鹿馬鹿しいようなはじけたストーリーが多くて僕はそっちの方が好きです。どんなノリかというと

・ストーリーはコテコテのベタな熱苦しい展開である。師匠が死んで復讐に行くのは基本。祖先の墓荒らしに罰を与えるのも基本w。
・とにかくやたらと濃いキャラクターが群雄割拠と現れ濃いアクションをする。もちろんそれぞれがそれぞれの生き様を貫いている。そして気が付くと主役が誰か忘れてたりする(笑)
・無駄にド派手なアクション。どう見ても無駄にしか見えないが、あれがいいのだっ


ということで次回に続くw
[PR]
by namizusi | 2005-06-28 12:50 | TRPG

黒ディア4本敗北

 オンでいかにも黒4本は初めてですよって感じの人が募集してたので手伝いで参加。2回戦ったが結局2回とも時間切れでクエスト失敗であった。2回目は1匹目は15分くらいで倒せていい感じだったのだが、後半ガンナーの人が弾切れし、あとの人も回復薬が切れたのか攻撃が消極的になって倒しきれず。ダメやね(^^;

 黒ディアの攻略は何度も書いた気がするが改めてまた書いておく。

基本1)顔面を攻撃すること
 黒ディアはとにかく顔が弱い。リーチの長い槍・大剣・ガンナーはとにかく顔を攻撃してひるませるのが基本である。特に「水属性」武器で顔面攻撃すると劇的にダメージが抜けるので、水属性武器だったら可能な限り顔を狙いにいくのが良い。

基本2)転倒狙いは龍属性
 リーチの短い武器の場合顔に攻撃が届かないので足を狙って転倒させるのが基本となる。転倒させるとほかの人が顔面を攻撃するのが楽になるのでパーティー戦で有効。しかし、あくまで転倒させるのは尻尾を斬るとか顔を攻撃するための「布石」に過ぎない。転んだあとまで足を攻撃するのは効率が悪い(位置取りの関係もあるけど)。転んだら「尻尾」「尻尾の裏(弱点)」「顔面」辺りを攻撃に行くのがいいですかのう。
 僕は最近は、白ゲージの付く龍属性大剣で転倒狙いで行くことが多いかのう。ダメージ効率を考えると蒼剣ガノトトスで顔を斬るのが一番効率が良いと思うのだが、斬れ味が青までしかなくてはじかれやすいのと、顔を攻撃するとなると切り上げ必須になって味方を飛ばしちゃいがちになるので最近は使ってない。

基本3)尻尾を振ったら必ず足を斬ること
 特に後半の砂漠では転ばせて足を止めないと攻撃を集中するのが難しいので、とにかくダッシュでひたすら追っかけてチャンスがあれば足を狙って転倒させるのが基本。特に尻尾を振ったときは確実に数発入れられるので回復で休憩するとき以外は全ての機会に足に斬りを入れるべし。スタミナ150できちんと追っかけてれば入れられるはず。

あと、武器別の注意点としては

・ガンナーは前半で弾切れしやすいのでとにかく弾丸をしこたま持っていくこと。前半は近~中距離で戦えるので属性弾とか貫通弾が使えるが、後半は広くて追っかけきれないので、麻痺弾・拡散弾・通常弾辺りの長距離射撃でダメージを与えたり足を止める手段を確保するとより良い

て感じですかのう。
 また会うかわからんけどリベンジしたいものである。

 んでわまた
[PR]
by namizusi | 2005-06-28 12:32 | モンスターハンター