2008年 01月 22日 ( 1 )

テンプレートリアクションについて(0):(・_・)

暇なので(笑)、古くからあるTRPGのテンプレ的リアクションのやり方について分析することにする。
具体的に言うと前回のR&Rのスピタのコピタの深淵リプレイで

・何で行った先にPCの恋人がいて説得し始めたのか

という部分についてのテクニックで、名前がないので勝手に名前をつけて本論では「テンプレートリアクション」と呼ぶことにする。
多分あのプレイは渦型セッションでフルアドリブでやってたと思われるが、ぶっちゃけて言うと、運命が「借金」だったら借金取りが現れるし、「しがらみ」だったら肉親が現れて説得に来る、という風に変わる。しかし大枠として「PCとつながりの強いNPCが現れて説得してくる」という構造は変わらない。

というもので、PLが好き勝手作ったりランダムで作られて予測不能のキャラクターに対して柔軟に対応するための技術である。
前に全PCの設定も全部同系にして全部テンプレート的にリアクションするようにするとポリモーフィズム的に運用が楽になるよ(設定はPLに任せても良くなったりするので)という話を書いた気がするが、そういうところでも良く使う。

んで、今日は時間がないので次回に続く。気が向いたら。
[PR]
by namizusi | 2008-01-22 12:53 | TRPG