<   2004年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

TRPGにおけるコミュニケーション

 前々回の記事でTRPGではプレイヤーが自分のPCの物語に対するビジョンを持ってくれるとうれしいなあという話を書いたので、今度はそのときじゃあGMは何をやるのか?について書こうと思う。

 まず前提として、僕はTRPGというのはPL同士やPL対GMの間でコミュニケーションをするゲームだと思っている。考えの違いや認識のずれがあるのはコミュニケーションをする以上「当たり前のこと」であり、コミュニケーションをするというのはすなわち「認識のずれを解消して共通認識を得るまでの過程をプレイすること自体」であると思っているし、そこが面白いところだと思う。そういう認識のずれをいちいち調停するのが面倒であるならそもそもTRPGなどやらなければいいのだ。

 さて、前々回PLがこんなことをしてくれるといいなと書いた。

1)PCの設定を表明してみせる
2)GMによって提示されるシチュエーションに合わせてPCの目的を設定する
3)目的に沿って行動する
4)行動の結果を受け入れて何らかのリアクションをする

このときGMが何をするかであるが、

GM0)PCを作成するにあたっての初期制限事項を提示する
→1)PCの設定を表明してみせる
GM1)PCの置かれた状況を説明する
→2)GMによって提示されるシチュエーションに合わせてPCの目的を設定する
→3)目的に沿って行動する
GM2)PCの行動に合わせてシナリオ設定にかんがみて行動結果を判定し、PLに知らせる
GM3)あるいはPCの行動とはまったく別次元から別のイベントを起こし、それに対するリアクションを要求する
→4)行動の結果を受け入れて何らかのリアクションをする
・・・

というようなやり取りをすることになる。こういう手続きをTRPGにおける(ゲーム的な)コミュニケーションと呼ぶ(僕は)。この流れではPLとGMが同程度に働いているが、実際はPCは個別にばらばらに動いたりするので、GMのやることはこの何倍にもなる。はっきり言うが、PCの細かい設定やら何やらにかまってる暇などない。よってその辺はPLが自分で管理してくれないと困るw。

 とりわけこの手順の中で最も時間がかかるのは「2)GMによって提示されるシチュエーションに合わせてPCの目的を設定する」という部分である。ここが一番面白いところである(と思う)が、こんなの考えるのまでGMはかまってられない。

 ちなみに、この部分をはしょってシナリオでPCの目的をこれにして!と提示してしまうととてもスムーズに話が進むのであるが、それってTRPGでやる意義があるのか?非常に疑問である。最初に前提条件として「TRPGはコミュニケーションのゲームである(と思っている)」という話をしたが、コミュニケーションの前提というのは、お互いがどうしたいのかをお互いが出し合うところから始まるものであるので、その部分を放棄していることになる。要するに同じ場でセッションしているがお互い何も通わせるつもりがなくそれぞれがソロのゲームを並列で行っているのを眺めているのと同じ状況になる。個人的にTRPGのセッションとして最低クラスにつまらないと思うw。
[PR]
by namizusi | 2004-11-16 12:51 | TRPG

クトゥルフ神話TRPG-早すぎたシステム

 クトゥルフ神話TRPG(当時は「クトゥルフの呼び声」)が初めて邦訳されたのは1986年頃であったろうか。20年近く前になる。D&DもしくはD&Dライクなシステムが世間を席巻していた頃に出たクトゥルフ神話TRPGは異彩を放っていた。というのも

「戦えばすぐ死ぬ。調査をしようとすると発狂する。キャラクターはほとんど成長せずむしろ正気度が減少して破滅する方が早い。こんなTRPGいったいどうやって遊ぶんだ?」

という、今見ると鼻で笑ってしまうようなちゃんちゃらおかしい不当な評価が主流であったからである(鵜呑みにしないように(笑))。例えば当時の典型的なプレイ風景が以下のページにある

http://www.trpg.net/user/akagane/no/no_n8.html

キャラクターがすぐ死んでしまうので、プレイする人間は生き延びるために工夫を凝らした。

・目星はなるべく低くする。気が付くとろくなことがない
・INTはなるべく低くする。理解してしまうとろくなことがない
・POWはなるべく高くする。どうしようもなかったときにも何とか耐えれるかも
・回避は可能な限り上げる。攻撃が当たると死ぬ。
・サブマシンガンを持つ

こんな感じ。確かにこうすることで生存確率は上がるが、それで面白いのか?という大きな疑問が発生する。当時はそれが面白いと思っている人間が多数いたのだ(笑)。
[PR]
by namizusi | 2004-11-15 17:15 | TRPG

クトゥルフ神話TRPG

 クトゥルフ神話TRPGのキャラメイク&シナリオ導入をした。今回、コンピュータのことをよく知らずオンラインセッションは初めてという人がいて面白かった。新鮮だw。(TRPGは1年くらいオフでやってたそうな)

 今回のシナリオはオマージュ的なシナリオで、意図的にかなりベタに分かる人ならわかるネタをいくつもそのままぶち込んであるのだが(そこでお約束に行くと見せかけてひねるのがいいのだw)、今回は分かる人ばかりのようでやれやれである。歳は取りたくないものだ。

 セッション後にその初めての人が「すぐにキャラにみなさん入ってすごいですね」と言っていたが、微妙であるw。「キャラクターに入る」というのはTRPG演技する上で有用ではあるのだが、あくまで副次的な瑣末事でしかないというのが僕の長年の見解だからである。演技してせりふをすらすら言うなんてことなんてまったくできなくても、いい演技というものはできるし、いい演技なんかする暇があったらその前にいかにしてセッションを円滑に進めるかに留意した方が良いと思っている。「キャラに入って演技する」というのはあくまで枝葉末節の小手先のテクニックでしかない。

 その話の後で「掛け合いが長引かないように考慮して短くまとめるといい」という話が出ていたが、これも微妙でw、これも同じく小手先のテクニックだなあと。本質じゃない。たとえばキャラクターの設定を消化しきらずに時間が押しているから短くまとめて終わらせましたなんていうのは僕に言わせればプレイヤーのプレイング失敗である。キャラクターの設定を考えたなら、それをある程度の形に表現して見せないと意味がない。

 で、結局本質的に何がプレイヤーにあるといいと僕が思っているかというと

・PC自身の物語に対するビジョンをプレイヤーが持つこと

である。具体的に言うと

1)PCの設定を表明してみせる
2)GMによって提示されるシチュエーションに合わせてPCの目的を設定する
3)目的に沿って行動する
4)行動の結果を受け入れて何らかのリアクションをする

という流れを常に意識してプレイしてくれるといいかなと。こういう流れを意識してくれれば適切なタイミングで適切なせりふを言ったり出来るようになる。ここのせりふや演技がうまいかどうかなんてのは瑣末事で、タイミングが重要なのだ。で、こういったPCの話の流れをきちんと消化しきらずにただ小手先で「短くする」というのも本末転倒で、PCの設定でこれを消化しきらないとキャラが立たない、という最低限の要件があるので、そこはPL側から主張して演出する猶予を確保すべきと思う。

 その辺はあくまでPLの分担すべき領域と考えてるんで、僕がGMのときはフォローしないでやる気のない人は切って捨てるけどねw。

 まあ、そんな感じ
[PR]
by namizusi | 2004-11-15 12:53 | TRPG

飛竜との戦い方(11)

<アイテムの使い方-4>
 肉と特殊クエスト用アイテムを忘れいていたw。

・こんがり肉
 スタミナ回復できる。現地調達できるので、長期戦で重宝する。ただ、リオレウス&リオレイア戦の場合には(オンでは夫婦討伐とか言う)、ザコがまったく出てこないので補充できない。

・捕獲玉/捕獲弾
 2発当てると飛竜を眠らせることができる。飛竜のHPを十分削ったあとで、落とし穴に落としてこれで眠らせるとクエスト成功になる。落とし穴に落す方法がネックになるが、

<1>捕獲玉/捕獲弾で眠らせる
<2>落とし穴を設置して落す
<3>再度捕獲玉/捕獲弾で眠らせる

とやるとほぼ確実に行く。

・バリスタの弾
 老山龍戦、黒龍戦で使える。横方向にしか照準を変えられないので狙い難いが威力は強いのでそれなりに使える。

・大砲
 老山龍戦、黒龍戦で使える。弾をえっちらおっちら運ばなくてはならず、1発撃ったら終わりである。使わんなあw。

・撃竜槍
 城に備え付けの槍でボタンを押すと槍が壁から突き出る。威力は高いそうだが使わんねえw。

・飛竜の卵
 卵運びクエストで割るとすぐ飛竜を召喚できるらしいw。
[PR]
by namizusi | 2004-11-13 19:49 | モンスターハンター

飛竜との戦い方(10)

ドラゴン装備がようやく完成♪
長かった…。あとはもう趣味装備を揃えてくくらいですかのう。

<アイテムの使い方-3>
・落とし穴
 落とし穴は使える。捕獲クエストでは必須。通常の飛竜戦でもそれなりに。落とし穴に落すとダメージが増えるという話もあるので(増えないという話もあるがw)悪くない。単純に攻撃し放題になるだけでもいい。大タル爆弾を設置するならチャンスである。落とし穴は持って行ける数が少ないのと材料が高価なのがネック。調合しようと思って素材を持って行っても予備で2つが限界で、しかも成功率が低い。調合書を持っていくのは猫に盗まれてひどい目に遭ったりすることもあるので出来ればやめたいところだ。
 設置の仕方のパターンは以下

1)飛竜の着地地点にあらかじめ設置
 飛竜の着地地点はエリアごとにある程度決まっているのであらかじめ設置しておくという手がある。
2)浮遊中に着地地点に設置
 リオレウスが空中に浮いてブレス3連発吐いている隙など
3)麻痺/睡眠中に設置
 動きが止まっているので確実
4)おもむろに適当に設置
 よく走る火竜の場合はこういう手もある。落とし穴の手前で飛竜をおびき寄せる。角笛を吹いて呼ぶという手もある。

・角笛
 飛んでる飛竜を呼び寄せるのに使える。リオレウス・リオレイア・フルフル戦など。リオレウス戦は、リオレウスは飛んで逃げることがよくあってうっとうしいのだがw、それを抑止できる(たまに)。フルフル戦は、天井のあるところで戦うとかなりうっとうしいのだが、天井のない開けたところで笛を吹いて呼び寄せて戦ったりできる。

・回復笛
 オンラインのチーム戦で非常に役立つ。使うとみんなに「ありがとう~」とか言われる。いい気になりたいなら持って行こうw。使うと隙が馬鹿でかいので持って行くのはガンナーか、剣士でもいったん安全地帯に避難してから使うのが良いかな。前衛で戦ってる人は回復の隙がないことがあるので、これで回復してもらえると本当に助かる。画面に仲間のHPの状態が見えるので、誰がHPが減ってるか確認してやばそうだったら見計らって使うようにしよう。
 同類で硬化笛・鬼人笛・解毒笛というのもある。硬化笛・鬼人笛はけっこう強力で使えると思う。解毒笛は使ったことがない。要らんかとw。フルフルG系の鎧をそろえると回復薬広域化のスキルが付くのでそれで代用も可能。回復薬広域化の方が隙が少ないのでこっちのがいいが、フルフルG系鎧は火に弱いので注意w。

・シビレ生肉
 飛竜が無警戒で降りてきて食事する場所に設置する。ほぼ確実に麻痺する。リオレウスの森6、森9など。フルフルも痺れさせることができるらしいが見たことないなw。ほかに毒生肉とか眠り生肉とかもあるがやはりシビレ生肉が最強であろうか(しっぽも斬れるし)。

・回復薬
 飛竜に大ダメージを受けたときに回復するのに使う。回復薬グレートは現地調合もしやすいので重宝する。普通だなw。

・解毒薬
 リオレウスの空中カギ爪攻撃とか、リオレイアのサマーソルトとか、ゲリョスの毒液とかの毒を解除するのに使える。この辺の毒を暗いとけっこう痛いので、あると時々役立つ。「漢方薬」の方が体力回復も出来てお得そうだが漢方薬の回復は薬草並みのしょぼしょぼ回復しかしてくれないので値段の割りにいまいち。解毒薬で十分だろう。にが虫、解毒草でも50%で解毒可能。にが虫は虫網がないと採れないが解毒草は採取できる。稀に使える。オフラインオンリーの場合には解毒薬が売ってないので代わりに解毒草かな。

・クーラー
 暑さに耐性が出来る。砂漠でディアブロスと長期戦とか、火山でグラビモスと長期戦する場合にはぜひ欲しい。寒さに強くなるホットドリンクというのもあるが、こっちは使わんなあw。

・いにしえの秘薬
 HPとスタミナがMAXまで回復する。自信のない強敵と戦うときにあらかじめ飲んでおくとけっこう助かる。売ると高価なので、オフの場合隠しクエストの支給品の「活力剤」をケルビの角と調合して作って売りさばくとけっこう儲かる。オンの場合であれば

1)宿屋の食事で攻撃力・防御力強化
2)いにしえの秘薬でHP/スタミナ強化

とかやればほぼ最強状態で戦える。

・調合書
 高価なので盗まれると大変だが、雑魚の出てこないクエストで拡散弾Lv2とかを調合しつつ戦う場合に持っていくと重宝する。その分拾える報酬が減ってしまうけど…w。

・釣りバッタ
 ガノトトスが釣れる。見たことないなw。

・けむり玉
 隠れるのに使えるそうだが…いまいち使って役に立った記憶がないw。

・もどり玉
 他の人が飛竜を倒している間に火山とかで鉱石を掘りに行って終わったらすぐに現場に駆けつけたいときに使える。

・石ころ
 バサルモスを起こすとか大タル爆弾の起爆に使える。ペイントボールでも同じことが出来るが、こちらのが安上がりで済む。一応相手に当てるとダメージも行くがしょぼしょぼであるw。アプトノスにぶつけて試したところ、65発投げてようやく倒すことが出来た。1発1.5ダメージくらいかな。オフのイャンクックに1500発ぶつければ倒せる計算になる(そんなに持てるか!)。投げる時の軌道がボウガン以上に毎回微妙にずれてしまうので、なるべく近付いてぶつけると良い。

・強走薬/強走薬グレート
 一定時間スタミナが減らなくなる。ハンマー、ランスはとても重宝する。特にランスはランスチャージを延々3分間走り続けられるようになるということだ(そんなに走ってどうするのかw)。ほかに、「はらへり倍加」のスキルの付いてしまってる鎧を着ているときにも使える。足の速い飛竜をだだっ広いエリアで追い掛け回すときに強走薬を飲んでいれば追いつくのが大分楽になる。
 強走薬グレートはゲリョスの「狂走エキス」が必要になるため在庫を保持し続けるのが難しい。強走薬であれば、素材の「生焼け肉」は手軽に作りだめしておけるし、「増強剤」はオンであればお店に売っているので補充がかなり楽である。

・千里眼の薬
 飛竜の居場所がどこにいてもわかる(短時間)。慣れてない頃は重宝するが、慣れてきて飛竜の動きがわかってくるといらなくなる。

飛竜戦のために使いそうな主要アイテムは以上。
[PR]
by namizusi | 2004-11-13 19:37 | モンスターハンター

D&D3ed 死にそうになったときはミスの数を数える

 D&D3rdをプレイしていて久々に死にそうになってヒイヒイ言っているw。
 難易度的にはまあまあやり応えがあって手ごろな感じで、いま窮地に陥ってるのはプレイングの甘さだよなあと思っている。いい感じだ。だいたいこういう全滅しそうなときというのは10個くらいはミスを犯している、というのがいつものパターンなので、今回のプレイングミスを洗い出してみよう。

1)バーバリアンは《薙ぎ払い》が向いている
 今回バーバリアンが手数を増やすため《迎え撃ち》を取っているのだが、《迎え撃ち》は敏捷を高くしてとにかく敵の攻撃をよけまくりつつ前線に踏みとどまる、という戦い方をするなら向いていると思うのだが、バーバリアンの場合《激怒》があるのでやはり攻撃重視にせざるを得ず、その辺がバッティングしてよろしくない。バーバリアンの場合《激怒》があるので

+4(筋力修正)+2(激怒)+1(強打)

で、計+7ものダメージ修正を得られる。正直1LvPCでこんなでかいダメージを出してもほとんど無駄で、その分手数を増やす工夫をした方がいいと思うのだが、それにぴったりの特技が《薙ぎ払い》なわけである。《薙ぎ払い》は敵を倒して余ったダメージをさらに隣接する敵にも与えるというもので、ダメージ修正が+7もあって1Lvだとダメージ修正だけでダメージのお釣りが来て、ダイス目が良ければ2匹倒すことも十分可能なくらい強力である。
 まあ、キャラ作っちゃった後なのでいまさら言ってもあとの祭りであるがw。

2)回復忘れ
 後衛PCであれば多少ダメージを食らってもそもそもその後攻撃を受けない(可能性が高い)ので、回復しないという手もあるが、前衛PCの場合は確実に攻撃を受けるのでぜひこまめに回復すべきである。ダメージが1~2点なら微妙なところであるが3点以上であれば、1Lvの敵のダメージは1D4くらいなのでその3点で1攻撃耐えしのげる余裕ができるわけでこれがとてつもなく大きい(と実感w)。

3)退路の確保し忘れ
 開いたままの落とし穴はうっとうしい。これからはちゃんと埋めていこうw。

4)助けを呼んでも反応しない
 戦闘中にわざわざせりふで何か言うのは

・相手を説得したい
・仲間に事態を知らせたい

の2つしかないと思うのだが今回は反応がなかった。泣けるって言うか死ぬw

5)やはりマジックミサイルは欲しい
 接触魔法って戦闘中は使える機会が限られるので、遠隔で使える魔法を重視して準備して欲しいなあ。マジックミサイルは1Lvなら倒せることもあるし。

とりあえず思いつくのは以上5個くらい。(もう1~2個あるかな?)。まだ10個行ってないのでまだ助かる可能性があると期待してがんばるかのう。やれやれw
[PR]
by namizusi | 2004-11-12 12:52 | TRPG

飛竜との戦い方(9)

<アイテムの使い方-2>
<2-2>補足
 ディアブロスに音爆弾を使う件だが、

 音爆弾で地面から引きずり出す
 →空中に逃げたところで閃光玉で落とす
 (→足を攻撃して転倒)
 (→麻痺弾を打ち込んで麻痺)
 →回復後地面にもぐって逃げるところを音爆弾で再度引きずり出す
 →ループ

とかまでつなげられるw。

<3>ペイントボール/ペイント弾
 慣れてくると要らなくなってくるが、飛竜の位置を把握するのに重宝する。飛んでよく逃げるリオレウスとかゲリョスを追っかけるのが楽になる。慣れてきても使えると思うのは、ディアブロス/モノブロス戦で使うケースで、ディアブロス/モノブロスが地中で休憩して突如突き上げ攻撃してくるときにその位置が把握できるのは良い。あとは、岩に擬態して寝てるバサルモスを起こすときとか大タル爆弾の起爆とか死んだ振りをしてるゲリョスを起こすのにも使えるか。

<4>小タル爆弾
 ガレオス/ドスガレオス戦で砂から奴らを引きずり出すのに使える。使い方は、

・進路の手前に置く
・停止したらその手前に置く
・停止して潜ったらその手前に置く

という感じ。面白いように釣れるw。あとは大タル爆弾の起爆くらいか。

<5>大タル爆弾
 とにかくダメージが大きいので当てればでかい。以下のときに使える。
爆風に巻き込まれると自分もダメージを受けるので注意。

・飛竜が寝ているとき
・飛竜が麻痺しているとき
・飛竜が落とし穴に落ちているとき(音爆弾でも同様)
・飛竜が気絶状態のとき
・飛竜が浮遊状態でその着地地点に設置
・適当に置いてこっちに向かってダッシュしてくるときに起爆

 起爆方法は以下がある

・武器で殴る
・ボウガンで撃つ
・ペイントボール/石ころを投げつける
・飛竜に攻撃判定があるなら自ら起爆(黒龍とか)
[PR]
by namizusi | 2004-11-11 12:52 | モンスターハンター

飛竜との戦い方(8)

<アイテムの使い方-1>
 武装が揃ってある程度上達してくるとわざわざアイテムを使わなくても勝てる。が、まだまだ弱いときには重宝するし、パーティーでメンバーがそれほど強くないときにはフォローとして使うことができる。作るための素材を集めるのがしんどいので趣味といえば趣味だがw。

・閃光玉
 最強クラスのアイテム。飛竜を一定時間ピヨらせることができる。目の見えなくなった飛竜は移動はせずにその場で闇雲に攻撃してくるので、冷静に様子を伺いつつ攻撃を叩き込むこと。場所を動かないのでガンナーにとっては格好の的になり、ここで麻痺させるとさらにおいしい。
 使うときは飛竜がどこを向いているかに気をつけて、その目の前に投げるようにする。

・音爆弾
 地中に潜る嫌な飛竜によく聞く。弱点があまりなく倒すのが一番しんどいと思われるディアブロスにバリバリ効くのがよい。使うときは、「ペイント玉」「ペイント弾」などで印を付けていれば地面に潜っている位置が分かるのでそこに向けて投げるといい。あるいは、一番やりやすいのは飛竜が地面にもぐった直後に潜った場所に投げるというもの。なれるとほぼ百発百中で飛竜を地面から追い出すことができる(ディアブロス・モノブロス)。ドスガレオスの場合は四角く遊廻しているところでその進路を先読みして手前に投げるか、遊廻しているときに時々経路の角で停止するので、止まったところを見計らって投げると良い。もっともドスガレオスに音爆弾なんて高価なアイテム使うくらいであれば小タル爆弾を使っても十分同じようなことができて安上がりだし,ガンナーなら徹鋼榴弾を打ち込んでも同じことができる。そういえば水にもぐったガノトトスに対しても使える。それは悪くないかな。
[PR]
by namizusi | 2004-11-10 12:56 | モンスターハンター

飛竜との戦い方(7)

<ダッシュスライディング>
 すっかり書き忘れていたが、飛竜がダッシュしてきたときはどべっと地面にスライディングすることが多い。格好の攻撃チャンスである。しっぽも目の前にあるため狙いやすい。(高い位置なので片手剣は苦しいかも)
[PR]
by namizusi | 2004-11-10 12:43 | モンスターハンター

飛竜との戦い方(6)

<角の折り方>
 今回は飛竜の角を折る方法について解説する。尻尾を切るときほどではないが、素材狙いでうまく角を折ると「ないす!」「G(ood) J(ob!)」「いい仕事してますねー」といった賞賛を浴びることができる。狙おうw

<1>標的
 角折りを狙うのは(ゲリョスは角ではないが)基本的にディアブロス・モノブロス・ゲリョス・ラオシャンロンといったあたりの飛竜である。特にディアブロス・モノブロスはレアな装備を作るためのレアな素材が取れるため、対戦する場合にはぜひ折っておきたい。

<2>普通に頭を攻撃する
 ランス・大剣などはリーチが長いので普通に頭を殴ってれば折ることができる。ガンナーの場合は拡散弾・徹鋼榴弾・Lv2通常弾あたりで狙撃し続ければ折ることができる。

<3>転倒させて頭を狙う
 転倒させれば片手剣・ハンマーでも頭を狙うことができる。幸い片手剣・ハンマーは足を狙って転倒させやすい武器なので、それらの武器の場合はこの方法を狙っていく。転倒したときはランスはランスチャージで角を狙うこともできる。

<4>高台から突っつく
 ディアブロス・モノブロス戦の場合、リーチの長いランス・大剣であれば高台に上って直接頭を安全に攻撃することができる。

<5>高台に大タル爆弾設置
 ディアブロス・モノブロス戦の場合、高台に上って待っていると飛竜が突進してきて、壁に角が刺さって一定時間動けなくなる。この間に角の刺さっているあたりの高台の上に爆弾を設置し・爆破すると頭に大ダメージを与えることができる。

<6>死んだ振りをしたときはチャンス
 ゲリョスの場合、終盤死んだ振りをよくする。うかつに近づくと大ダメージを受けることになるが、ちょうど頭が地面に接している状態なので頭を狙う格好のチャンスでもある。体力に余裕があるなら狙おう。
[PR]
by namizusi | 2004-11-09 12:54 | モンスターハンター