<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

CでJavaのプロセスを制御



 …正確にはWindowsのネイティブのサービスでJavaのプロセスを制御するという話が来て2日でコーディング・計4日まででテスト完という無茶なスケジュールで、仕様も不明ということで出来そうになかったのでアドバイスだけして辞退。で、最近はテスターばかりという。ほぼ定時で帰れて楽なんだけど考えるところがあまりなくてひじょーにつまらん。そろそろ転職すべきかのう?

 んで、時間が余ったので実際にJavaのプロセスをC&WindowsAPIで制御というのを検証してみたのだが、

・起動はCreateProcessでも良いが終了するいい方法がない
 TerminateProcessだとブチッとプロセスを止めちゃうのでデータが壊れる可能性大。プロセスIDからウィンドウを探してWM_CLOSEを投げる手法はそれで終了してくれる保証がないしJavaの仕様で公開されていないため信用できない。

つーことで最初これをアドバイスしたんだが、検証してみたらNGって感じで。んでJavaのプロセス制御のできる公開されたAPIがないかなーと思ったら素直にJNIを使えばいいじゃんと思い当たる。都合よくVMの起動/終了のAPIもちゃんと公開されている。めでたしめでたし^^。ただし

・Process#addShutdownHookでシグナルでプロセス終了が来た時にきちんと終了処理が実装されていること(マルチスレッドで)

というところに気を付ける必要があります。外からもらったライブラリだそうで、その辺ちゃんと実装されてるかすら謎だったのだが。実装されてなかったらどっちの手法でもデータが壊れるのは同じかあ、ではある。南無

 しかし、こういうごく簡単なプログラムでもちゃんと調査して検証しないと意外な落とし穴があるもので、知らないとあとでメンテの大変な間抜けなプログラムを作っちゃったりするんだよなあとしみじみ思った。きちんと見積もるなら、調査に2日・コーディング1.5日、検証2日で1週間+αくらいかかるかなあと。慣れてない人だとリスクも考えて多めに見て2週間。そんなに費やせないので実際は1週間半でやれっつー感じですか。なれた人なら残業こみで丸々1週間か。

 んーで、実際はあれから2週間近く経ってるがまだやってる模様。引き受けなくて良かったなあとしみじみ(^^;。いや、時間をきちんと確保してくれればきちんと作るんですけどね~。上のSEの人が交渉上手ならその辺調整してくれるのですが…まあ、うちの仕事も当時忙しかったしのう。テスターは眠くてしょうがないので開発やりたいんだけど、あんまり無茶なのだとろくでもないのを作って後のメンテが大変になるしなあ(結局当初の構想の何倍も工数がかかっちゃったりする)。

 うーむ。
 最近はむしろ予算も何も出てないただ働きの方がよっぽど高度な処理を考えたりしてる気がするのだが。このまましばらく飼い殺されるんかのう。やれやれ。

 っつー感じです。やれやれ(^^;
[PR]
by namizusi | 2005-02-28 23:50 | プログラム

黒グラ討伐

 やっと内輪で黒グラビモス討伐できました。長かった(^^;。まだ時間的にグラビモス2匹までは行けないかなあという感じですが。武器は以下のような感じでした

・ブラッシュデイム+切れ味レベル+1…3人
・グレートタイタン…自分

他の3人は今流行の切れ味レベル+1の白ゲージ。自分は「攻撃がはじかれない」「毒である」ということでハンマーを選択。正直グラビモスの動きはほぼ見切っていて、確実にここで一撃を入れられるタイミングというのがわかってるんでハンマーだと非常に楽だった。隙に確実にため大ハンマーで足を狙うのを繰り返してるだけで終わる感じ。

 結局クリアに40分くらいかかってまだまだって感じだが、武器を水属性にしたらもっと速いのでは?とか、全員ガンナーなら楽かなとか。

 テクニックとかについて以下に書いておく。

<ビーム後の見切り方>
 ビーム後しゃがんだままだとガスがくる。すぐ立ち上がると何も来ない。ハンマーだとその様子をうかがって、どっちか見切ったあとに余裕で歩いて攻撃を叩き込める。連続ビームやってくれたらその最中の隙が馬鹿でかいので、攻撃したあと緊急回避2回で逃げればそのあとガスがきても届かない。ガスを出してくれたあとの隙も馬鹿でかいので、やっぱり余裕で攻撃を入れられる。

<ガスが当たらない場所?>
 斜め前方の辺に死角があるような気が?たまに当たらない。

<斬れる箇所>
 白ゲージでもほとんどはじかれるが、大剣だと以下の場所のみ斬れる模様。

・尻尾の先
・翼
・顔面


んではまた。
[PR]
by namizusi | 2005-02-27 15:13 | モンスターハンター

黒ディア攻略

 正直個人的には黒ディアブロスって大したことないなあと思ってるのだが、とにかくタフなので、ある程度以上のダメージをたたき出せるメンバーを集めないと倒しきれないことがある(特に4本)という意味で難しいのかもしれない。

 ある程度以上ダメージを出すにはどうすればいいか?という問いに対する答えはなかなか難しい。武器を強くすればいい、という答えもあるが強くしても攻撃を当てなければ話にならない。攻撃を当てるには武器ごとに適切なタイミングというのもあるし、安全にちまちまダメージを当ててばかりでは足りない場合があるので、チャンスを見てどこかでラッシュをかける必要もある。うーむ。
 まあ、

・隙が出来たら確実にダメージを入れる。
・転倒等で一定時間動けなくなったら連続攻撃等で大ダメージを狙う。

というのを地道に積み重ねていくしかないかのう。

--
<武器選択>
 ライフが大きいので毒属性でライフを削るのは効く。あと水属性に弱いので水属性のなるべく強い武器を選択するのも良い。麻痺武器でもいいが耐性が高いので過信は禁物。

1.大剣
 あんまり相性がいい感じはしない。斬れる場所は顔面・脛くらいであとは全部はじかれる。正確に弱点を狙って地道に攻撃する必要がある。地道にひたすら足を狙って攻撃して転倒したらデンプシーロールを入れるのが安定強力。ディアブロスはとにかく足が速いので追っかけて地道に転倒させたいところだが、大剣は機動力があるので狙いやすい。しっぽ斬り、角折りもやりやすいか。

2.ハンマー
 大剣より転ばせやすいかな~。高台から角を折るとかもやりやすい。水属性がないのが痛い。毒か麻痺狙いかのう。

3.ランス
 ランスは向いていると思う。突き上げで角を狙えるし尻尾も切れるし。機動力のためにランスチャージをする人がいるがやめて欲しいw。あるいは周りを見てやりましょう。ランスはMHGで強烈な水槍が何種類か出たので強いですのう。うらやましい。

4.ガンナー
 麻痺・毒狙いをしたいなら一人欲しい。黒ディアが怒ってると通常ライフだと一撃即死できるのでMAXライフを上げておきたいところ。角を折るために鉄甲榴弾なんか使ってくれると渋いと思うのだが、ほとんど見ないな。角を折るのは一番楽な武器だと思います。
 潜って地中からの突き上げが怖いので「自動マーキング」があるとよさげ。咆哮→突進で即死する可能性もあるので「高級耳栓」で行くという手もある。
 旧モンスターハンターでは高台にいれば安全だったが、モンスターハンターGではでかいディアブロスが出ると高台にいても角が届いて死ねる(^^;。気をつけよう。

5.片手剣
 つらい。脛を狙いやすいので地道に転倒狙いかな。

6.双剣
 ハンマーと同じ感じ。角を折るのは高台で乱舞してれば楽勝。ハンマーと違うのは乱舞後にスタミナがなくくなった状態で潜ったディアブロスから逃げないといけない状況がしばしば起こって怖いし。咆哮→突進もどうしようもない(これはハンマーといっしょ)。高級耳栓とか千里眼が欲しいかも。

--
<防具選択>
 属性攻撃はないので純粋に防御力が高い防具が欲しい。150くらいあれば怒ってても即死はないかと。ガンナーはライフを増やすしかないかなあ。

--
<アイテム>
 音爆弾は強いのであると役に立つ。怒ってるときには効かないので注意。閃光玉も使える。

--
<行動パターン>
 主要なもののみ書く。

・潜る
 怒ってなければ音爆弾で誘い出すチャンス。潜ってしまうとマーキングしていても見えなくなるので回避がちょっと難しい。ガードできる武器ならちょっと離れたところでガードするのが安全かも。ガードしても結構削られるけど(^^;。潜ったあと誰かをターゲットにしてどこか1方向に向かって突進してくるので、円を描くように回りながら逃げていればほぼ当たらない。

・尻尾振り
 MHGから入ったアクションで左右に尻尾を振る。尻尾を振った後が格好の攻撃チャンスなので近接武器なら確実にダメージを入れたいところ。潜って地上に出た直後にやることが多い。普通のディアブロスはやらないが、黒ディアブロスはダッシュ後に尻尾を振ることもある。これもチャンス。

・息をつく
 ダメージを食らって弱ってくると時々息をついて動きを止める。横に回りこんで攻撃するチャンス。顔が動かないので顔面を攻撃して角折りもやりやすい。

・旋回
 時計回りに回るので右側面が比較的安全か。尻尾の位置が高いので当たりそうになったら緊急回避で避けられる。

--
<戦術>
 ディアブロスは体が大きいので分担して攻撃箇所を割り振り易い。足(右/左)・頭をそれぞれ誰が攻撃するか何となく割り振って分担して攻撃するといい感じ。足を狙う人はとにかくしつこく攻撃して転倒を狙う。頭への攻撃は高台からやるとやりやすいですな。

 部位破壊は普通のディアブロスも同じだが尻尾を切ってから角を折るのがセオリー。角を折らないではめて倒す方が楽であるが…それだと重要な素材が手に入らないのでやはり角を折ってまともに戦えるくらいにはなりたい。じゃないと黒ディア4本なんてクリア無理でしょw。


んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-27 00:03 | モンスターハンター

オンラインセッションの運営(2)

<情報伝達方式>
 ここで言うのはセッションの開催日時とかシナリオ情報の共有とか、セッションログの共有といったようなことをしたい場合のその情報をどう通知するか?という方式について解説する。オンラインセッションでは参加者の個人的な情報(メールアドレスとかIPアドレスとか、内輪なら携帯電話の番号とか)が流れる可能性があるので、情報の匿名性に配慮する必要がある。

--
1)メール
 多分一番匿名性が高まるので、参加者を完全に非公開にしたいなら募集をメールのみにするとかいう手が使える。

<メリット>
・匿名性が高い
・個別情報を個別に渡しやすい

<デメリット>
・共有情報をばら撒くのが面倒
・議論がしづらい
・会話の経緯を参照するのがめんどい

 デメリットの辺はメーリングリストなど使えば多少改善されると思います。

--
2)掲示板/情報ページ
 隠しで情報共有ページを作るとか、マイナーなサイトなら公開で作っちゃうという手もあります。

<メリット>
・公開情報を流すのが楽
・シナリオの重たいデータを公開するときにメールでいちいち投げなくて良い
・当日にリアルタイムに情報を流すこともできる

<デメリット>
・探そうと思えば探せるので荒らしが来る危険がある
・個別情報はここでは流せない

--
3)HTMLチャット
 最終的にIRCなりチャットソフトなりを使ってセッションをすることになると思いますが、そういったソフトを参加者がすぐに使えるとは限らないし、当日サーバが落ちて何もできなくなるという可能性もあるので保険のためにHTMLチャットを設置するのは有効です。
 用が済んだらページを消すだけでいいので後始末も楽。

--
4)メッセンジャーソフト(MSN、ICQ等)
 これもリアルタイムにPL&GMのネットへの接続を把握するのに便利で重宝します。が、これってTRPGのセッションだけでなくネットでの友人との会話とかそういった私事にも使うことがあるので用途が混同されやすいです。内輪向けセッションなら問題なくお勧めと言っていいでしょう。

--
<その他懸案>
 チャットソフトで接続する場合はサーバのIPを共有する必要があります。方法としては以下があります。

・掲示板に書いて後で消す
・一定時間で内容が削除される掲示板のようなところにIPを書く
・HTMLチャット上に書く(チャットが流れて消える、はず)
・メールで通知
・メッセンジャーソフトで通知


以上。
んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-25 12:49 | TRPG

オンラインセッションの運営(1)

<募集の仕方>
 何となく周辺が落ち着いてきたのでオンラインセッションの運営方法について書こうと思う。最近はほとんどオンラインセッションばかりでオフの新鮮なセッションもやりたいものであるが、働くようになってメンバーが散り散りになってプレイしたいシステムがマイナーなのばかり、ということになると、オフでコンベンションとかに行ってもプレイできないし、自分のマイノリティーを理解してくれる人間も身近にそうそう確保できないし・・・ということで、それならネットで募集した方が集まりやすいというのはある。余談だが僕がマイナー志向なのはTRPGをやり始めた当初からの話なので(何しろD&D・SW全盛の頃に、まだ発売されてもいないBローズサイコー!とか考えていた人間であるしなw)

 さて、オンラインでの募集が本当に集まりやすいのかは謎であるが…2chのように人が集まるところなら名もない有象無象が突然卓を立てたいと言ってオンセ募集してもそれなりに集まるようであるが、そうでない場合は無視/スルーされて終わってしまう場合もある気がする。深淵とかRQとかのマイナーだがインパクトのある売りのあるシステムとかの募集であれば無名であってもそれなりに集まるかな。あとは今時だと、アリアンロッドとかD&D3.5edの募集とか、そのときの流行ものに乗っかって募集するのも人を集める有効な手段と言っていいだろう。

--
<どこで募集する?>
 募集するからには人の目に止まるところで募集しなくてはいけない。目に止まりすぎても怖いというところもあるし(どんなやつがくるかまったく計り知れないわけだから)、一応どこで募集するかには以下の4つくらいがあると思う。

1.2chで募集
 見てる人が多いので集まりやすいと思う。ここの募集はあとくされのない単発ものの募集が主流のように思われるので、そういうシナリオだったらここで募集してみてもいいかもしれない。

2.TRPG.NETで募集
 ここもわりと見ている人が多いので集まりやすいと思う。ここの親切なところは募集をかけるとメーリングリストに配信してくれるところである。膨大な量の掲示板をチェックなんてやってられない!って人にも通知が行く。サイトはあんまり見てなくてもMLにとりあえず登録してる人は多いようだ。

3.サークルで募集
 オンラインセッションのサークルはそれなりにあるので、どこかに所属して募集する。チャットを常設しているサークルだとチャットで話しながらセッションのアピールもできるのが良い。サークルの傾向によって募集できるシステム/シナリオの種類が限定されてくるとか、他の募集と違ってノリで入ってくる人もいるので志向性の強い偏ったセッションをしたいときにはあまり向いてないかもしれない。まあ、募集要項に奇天烈なことを書いて受け入れられない人は追い払っておけばよいのだがw。
 まったりした卓が立てられるのでキャンペーンをやるときには都合がいい。

4.自サイト/知人のサイトで募集
 わりとメンバーが固定してきて志向の偏った内輪っぽい卓が立てやすい気がする。キャンペーンでも単発でもなんでもできる。それ以前に募集するサイト自体をそれなりに見る人の多いサイトにする必要があるけど(^^;


んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-24 12:53 | TRPG

R-CON WESTとかクトゥルフとか

 久々にTRPGの記事など。

・R-CON WEST
 参加希望は出した。定員があるので参加できるかどうかは謎。JGC-WESTと同じ場所でやるみたいです。参加できたらクトゥルフのマスターがしたいかな。しかしあまりにもシンプルすぎるシナリオなので、展開によっては30分くらいで終わっちゃいそうな気が。コンベンションでは制限時間を超えるとすぐに問題視されますが、僕の場合制限時間を超えることはまずなくて、むしろ早く終わりすぎてどうしようというので困ったことのが多い気がします。あるいは、アンケートを書く時間の確保のために制限時間30分前にぴったり終わったのに、他の卓はどこもずるずる長引いてて自分らだけ暇になったとか(あの時はむなしかった(笑))。

・クトゥルフ神話TRPG
 1箇所は某サークルでやってたのですが、参加者の一人がトラブルがあってサークルをやめちゃったとかで(^^;。サークル外でやってみたいなという気もあるのですが最近忙しい?ので、そこまでやる気力があるか微妙。うーむ。感情的にはやめちゃった不幸な人のためにぜひやったげたいんだけどのう。自サイトで募集した方は、前回参加者がこぞってインフルエンザにやられて熱が出て揃わず、やむなく流しました(涙。

 なんか、今年の運勢は「凶」とばっちり出ちゃったのが見事に当たってる気が(笑)。人間ドックで結石まで出るし(経過観察中)。

 最初にプレイし始めた某サイトの方のセッションは、やはり

・クトゥルフをよく知らない
・ましてやドン=キホーテなんて知るわけない

という前情報の不備で、最初の取っ掛かりがどうプレイしていいかわからず戸惑っていたようで、次回挽回するぞ!と思ってたのですが・・・しおしお。

 自サイトの方は反省を踏まえてその辺の解説も一応ちゃんとして、キャラメイクと配役の割り振りもランダムに作ったのにばっちりぴったりはまって非常にうまく行きそうでいい感じです。深淵で運命をランダムに引いたのにシナリオにぴったり合っちゃってどつぼにはまるということがよくあるのですが、今回はまさにそんな感じ。キャラメイクがうまくはまってキャラの役割分担がはっきりしてキャラが立ってくると、大体非常に奥深く楽しいセッションになります。キャラメイク超重要。ハンドアウトとかであらかじめ規定しておけばある程度最初からはまったキャラが作れるんですけど、ランダムで作ると

・このネタにそんな突っ込み方があったか!

というような、びっくりするような面白い(かつ、ぴったりはまった)配役ができることがあって楽しいです。

 しかし、こうプレイまで長く待たされるとシナリオへの「あの胸を焦がす熱い思い」がだんだん薄れて想起しづらくなってくるのが難点ですな。思い出せば熱くていい話だと思うんだけど。そういう「熱い思い」がないとセッションが薄っぺらくて突っ込みの足りないものになりがちです。最近とみに思う。

 それから、オンラインセッションだとモンスターハンターGでだべりながらクエストをやるのと近いところがあって魅力的に負けそうな感じなので、久々にオフでやってあの新鮮な感じを取り戻したいなあとかそういうのも思います。オフセッションやりてー!

 んでわまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-23 12:46 | TRPG

双魚竜攻略-2

 つづき。最近の強敵はグラビモスで、隠れてても熱線が壁を抜けてくるんだが(^^;。

5.行動パターン
5-1.川の中からブレス
 川にいるガノトトスは特に危険なので一刻も早く追い出したいところである。ブレス攻撃には縦ブレスと横ブレスがある。特に横ブレスは体が大きいとそれだけ射程も長くなるので要注意。むしろガノトトスの間近にいた方がブレスが頭上を越えていってくれて当たらなかったりする。
 ブレス中~直後に音爆弾・徹甲榴弾を当てて追い出す。ちなみに水中で麻痺らせると潜ったまま麻痺しちゃうので追い出してから麻痺は狙うべし。

5-2.地上ブレス(水鉄砲)
 ゆっくりとしたモーションで吐くので見ていれば余裕で避けられる。が、的確にターゲットを狙って撃ってくるので要注意。高台にいれば当たらないし、射程が川からの縦ブレスよりも短くて十分に離れていれば届かないこともある。
 一気に接近して足を攻撃するチャンスである。

5-3.噛み付き
 たまにやる。ほぼ全方向に攻撃判定があるので近寄らないのが安全。すでに足元に潜り込んでいるのならそもそも当たらない。旋回後の追い討ちにやってくることがあっていやらしい。

5-4.旋回攻撃
 時計回りに回る。調子に乗って何度も回ってくることがあるので間合いの外にいるなら様子見が安全。足元にいるならガンガン足を攻撃すべし。当たりそうな間合いにいる場合はがんばってガードを試みるか運良く避けられることを祈って緊急回避してみるがよろしい。
 ガノトトスが回って右側面を見せたら接近するチャンスでもある。

5-5.体当たり
 右腹方向に体当たりをする。攻撃範囲が馬鹿みたいに広くてほぼ回避不可。足の後ろの辺だと当たらないこともあるかな?予備動作が短いのでとっさにガードも難しい。体当たり後の動きがすごくのろいのでその後のリカバリー(いったん安全圏まで離れるとか回復するとか)が重要。
 攻撃後の隙が馬鹿でかいので接近のチャンス。

5-6.逃げ
 奪取して川に逃げる。このとき一切反撃してこないので、追いつけるなら格好の攻撃チャンスである。怒らせれば引き止めることもできる。川に逃げるポイントはジャングルの7だと2箇所くらいで固定されているので落とし穴を設置しておくのもよい。

--
6.エリア3での戦闘
 たまにエリア3に移動することがある。双魚竜クエストの場合は1匹は3にいる。ここは狭くて視界が悪いので非常に危険。特に川の中にいるときに横ブレスされるとほぼ全域に届いてしまって逃げ場がない。何が何でも川から追い出す必要がある。あと雑魚のブルファンゴもうっとうしいので早めに倒しておくべき。地上に出してしまえば普通に戦えるが視界が悪いので水鉄砲には常に注意する必要がある。


以上。
んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-22 12:38 | モンスターハンター

双魚竜攻略-1

 HRは30に突入。☆8クエストをまじめに攻略してなかったので緊急は出てないが、一応飛竜は全部金冠が出た。今集めてるのは蒼老山龍素材でどうしても蒼背甲が出ない。どうも偽者蒼老山龍と本物がいるみたいなのだが判別方法不明。たまーに募集している「岩山龍」てのが本物なのかのう?

 それはさておきようやく強敵☆8ガノトトスにも勝てるようになってきたので攻略をば書く。

--
1.武器選択
 火・雷に弱いのでそれらの属性のなるべく強い武器か、麻痺・毒にも弱いのでそういう属性の武器でも良い。川から誘い出すとか異常属性のためにガンナーが1人いてくれると楽。近接武器も転倒狙いのために2人くらいはいてくれると楽になる。役割分担重要。

--
2.防具選択
 とにかくダメージが涙がちょちょぎれるくらいにでかいので、水耐性ありの防御力の高い防具を付けると良い。一撃即死しないためには防御力150、水防御10くらいは欲しいかも。

--
3.アイテム
 一撃即死を免れるためにMAXHPは上げておきたい。秘薬・いにしえの秘薬系は1つは欲しい。激戦必死なので回復薬・回復薬Gも持てるだけ持ちたい。味方の回復のために「生命の粉塵」があるとだいぶ助かる感じが。ダメージがでかいので回復笛くらいではおっつかない。
 動きを封じるために落とし穴も使える。落とし穴・麻痺とセットで爆弾設置するのも良い。後川から誘い出すのに音爆弾も持ってくといいかと。
 あとは「モドリ玉」。薬で回復するよりキャンプで寝た方がいい局面がよくあるので一瞬で戻るために重宝する。死にそうなときにも使えるし、クエスト途中でもらえる支給品を取りに行くときにも使える。支給品は結構いいアイテムが出るので誰か空いた人がいれば取りに行くと良い。

--
4.戦略
4-1.ガンナー
 基本的にジャングル7で戦って高台から攻撃することになるが、高台にはランゴスタがうようよいてしつこくまとわりついてくるので要注意。結構攻撃力も高いので残ライフに気をつけよう。高台の上にいればガノトトスの攻撃は一切食らうことはないのでとにかく顔の辺りを攻撃しまくって注意を引き付けると仲間の攻撃が楽になる。

4-2.近接武器
 ガノトトスの攻撃すべてを回避・防御することは不可能なので「肉を切らせて骨を絶つ」戦い方が必要になる。狙うのはとにかくガノトトスの転倒。半端に攻撃するとダメージが足らず転んでくれないので一撃を食らう覚悟でとにかく足を切り刻むべし。その際味方を吹き飛ばしてしまうこともやむなしである(一応配慮はしよう)。吹き飛ばした方が味方を安全圏に飛ばせるのでむしろ助けになったりすることもある。
 ガノトトスを攻撃する際に比較的安全なのは

・両足の間
・足のちょっと後ろ
・右側面

である。この位置にいれば、ガノトトスのタックル攻撃がこない限りは一方的に攻撃できる。狙うのは、タックル攻撃が来る前に大ダメージを与えて転倒させること。
 正直、タックル攻撃は怖くない。タックル攻撃が来たとしても一撃死はないし、タックルのおかげで安全圏近くまで飛ばされるので逃げるのは楽。タックル後のモーションが凄く遅いので追い討ちが来ることはまずない。むしろ怖いのは尻尾旋回攻撃の方で、これを食らうと半分くらいライフを削られた上、当たる角度が悪いとむしろガノトトス寄りの内側に飛ばされることがある。ここで追い討ちタックルなんかされると何もできず即死するw。なので、旋回攻撃は可能な限り食らわないようにする必要がある。一応「緊急回避」すると姿勢が低くなってうまく避けられることがあるし、余裕があればガードも可能(かなり削られるけど)。両足の間・足の後ろにいればそもそも当たらないし、右側面にいれば1発でいきなり当たることはないので対処する猶予はある。
 で、1撃食らったらその後は即死圏内になってしまうので尻尾の届かない範囲に逃げてまめに回復しよう。離れてても水鉄砲には要注意w。


つづく
[PR]
by namizusi | 2005-02-21 12:52 | モンスターハンター

デンプシーロールの入れ方

 何か、モンスターハンターGでは大剣の「切り払い+斬り上げ無限回コンボ」のことを俗に「デンプシーロール」とか呼んでるらしい。以前解説していた「大剣の戦い方」の最後はその「デンプシーロール」の解説をしようかと思っていたのだが、うやむやになったまま終わっていた。

 正直モンスターハンターGでは「ダッシュ縦斬り」が前作より弱体化してしまった感があるので「ダッシュ縦斬り」オンリーで戦うとダメージがしょぼくてしょうがないw。そこで補うために「ダッシュ縦斬り+斬り上げ」をやって飛竜がひるむのを誘ったり、「ダッシュ縦斬り」でうまい間合いに入り込んだらそのまま「デンプシーロール」でガリガリHPを削りまくったりというのを狙って初めて他の近接武器と同等(以上)の攻撃力が出せる。これをうまく使いこなせば攻撃効率トップを十分狙える。ただ、「デンプシーロール」はとにかく攻撃範囲が広いので、他のパーティー攻撃を邪魔しないように、うまい、非常に緻密な位置取りをする必要がある。まあ、緻密な位置取りをしてちゃんと避けて攻撃しているのに、わざわざ突っ込んで来て吹き飛んでく奴もよくいるがw。

--
1)「デンプシーロール」の特性
 まず特性について解説する。

--
1-1)スタミナ消費0でスーパーアーマー状態になれる
 大剣の最大の強みである。他の武器ならスーパーアーマー状態になるのにスタミナが必要で、

「ダッシュで飛竜に接近→ちょっと休憩→スーパーアーマー化して攻撃」

とかやらないといけないので、動きの速い飛竜戦(蒼桜とか金銀とか)だと追っかけるのが大変で、おかげで戦闘に時間がかかってしょうがない。まあそういうときは麻痺ガンナーとかを連れて行って動きを止めるという戦略もあるが。大剣の場合はスーパーアーマー化するのにスタミナ消費が不要なので

「ダッシュで飛竜に接近→そのままデンプシーロール」

というスピーディーな戦い方が出来る。

--
1-2)大ダメージを与えつつ飛竜の行動を封じられる
 おまけにうまく「デンプシーロール」で足を攻撃して転倒させることができれば大ダメージを与えつつ動きを一定時間封じられるわけで、麻痺ガンよりもお得であると言っていい。さらに麻痺ガンの場合、あとになればなるほど動きを止めるのが困難になって役に立たなくなってくるのだが、転倒狙いの場合にはあとになればなるほど転倒させやすくなって有効になってくる。2重にお得である。

--
2)「デンプシーロール」のパターンと入り方
 大まかに5パターンある。

--
2-1)ホバーリングの着地点に入って「デンプシーロール」
 ホバーリングの着地点というのは格好の攻撃チャンスなのでここで攻撃しない手はないのだが、一応着地点というのは安全地帯であるし、他の武器の攻撃チャンスでもあるので、他のメンバーが動くスペースを空ける必要がある。なので基本的には左足/右足のみを狙う感じで脇に避けて位置取りをする必要がある。効果としては

・時々撃ち落せる
・着地と同時に転倒に持っていける
・着地と同時にひるませることができる

ということが出来る“こともある”。基本的には単純にダメージ狙いの戦術なのでこれらの副次効果があることはあまり期待しないほうがいいかと。

 あるいは、他のキャラがすでに位置取りをしていて入れなさそうな時は素直に見送る(着地点で顔面狙いにいくとか?)といった使い分けも重要である。

 また、飛竜が着地したあとはすぐにダッシュ攻撃とか旋回攻撃が来るので、1撃与えたらすぐに緊急回避で横に逃げるのが安全である。

--
2-2)足を狙ってデンプシーロール
 転倒狙いである。これをやると反対側の足と顔が空くので他のメンバーにはそちらを攻撃してもらうと良い。できれば切っ先がかするくらいの間合いに離れてやると、足踏みでライフを削られないし、他のメンバーのスペースも広がってより良い。飛竜の回転方向によってどちらを狙うか選ぶべき。時計の反対周りをするクックの場合は左足を狙えば旋回攻撃されても1回は当たらない。

--
2-3)足の間でデンプシーロール
 パーティー戦では滅多にやらないが、ガノトトス戦とか、死ぬ気で転倒させないといけない相手の場合には足の間でデンプシーロールをすることもある。一応他のメンバーが近くにいないことを確認してやろう。足がかすって気が付くとみるみるライフが減っていることがあるので、注意してやばそうだったらさっさと逃げよう。

--
2-4)しっぽ斬りデンプシーロール
 あんまり狙えないけど、しっぽの柔らかいレウス/レイアでやることもある。ダッシュ縦斬りでしっぽを切るのはMHGではなかなかしんどいので、他に切る人が来てないならこれをやってもう少し確実性を上げる。

--
2-5)顔面狙いデンプシーロール
 絶妙の位置取りが出来ないと滅多に狙えないが、いちおう落とし穴に落としてもがいている時だと比較的やりやすい。これのメリットは多数ある。以下に箇条書きする。

・2回に1回くらいでひるむ
 弱点への攻撃なのでひるみやすい。2回に1回くらいひるんでくれるので比較的長時間動きを止めることができる。

・旋回攻撃が来ても当たらない
 顔面に切っ先がギリギリ当たるくらいの間合いで離れてデンプシーロールをしていると飛竜が旋回攻撃をしてきても尻尾が届かない。まあ、ブレス吐いて来たらやばいんだけど、その場合はその前に攻撃を当ててひるませられる可能性が高い。が、他のキャラのダメージの与え具合とも関連するのでうまくいいタイミングでひるんでくれるとは限らない。素直に逃げるのもありである。

・弱点攻撃
 弱点攻撃なので単純にダメージがでかい。

・他のメンバーのスペースが大幅に広がる
 足狙いだとわりと飛竜の体の真ん中に寄って攻撃することになるので攻撃スペースの空け方が難しくなるが、顔面狙いなら大分離れて攻撃することになるのでスペースが大幅に広がって、非常に他のメンバーが他の部位を攻撃し易くなる。


以上。大剣を使うのであれば攻撃力アップのためにも是非「デンプシーロール」を使いこなしたい。まあ他にも「攻撃中のスーパーアーマー化を利用して風圧地帯へ一歩踏み込む」とか、スーパーアーマー化の特性も十二分に生かしたいところである。

んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-20 15:02 | モンスターハンター

老山龍攻略(双剣)

 最近は素材集めのため老山龍クエストに行ってるのでその攻略をば。普通の攻略はすでにどこかいいサイトがあるので新武器の双剣の攻略を書く。
 正直、双剣は老山龍戦最強かなあと思っている。戦うのがすごく楽だしダメージもでかい。老山龍戦は何しろ基本的に反撃がこなくてひたすら攻撃しまくるだけなので、防御が辛いけれども圧倒的な攻撃力のある双剣こそうってつけ、と思う。

--
<武器選択>
 入手できていたなら「封龍剣【超絶一門】」最強~である。持ってたら迷わず使うべし。なかったら、黒龍素材のダブルドラゴン~系を使うか一応龍属性の次に火・雷属性もそれなりに効くのでそれでも良い。

--
<防具選択>
 普通にそれなりに厚い鎧を着てけば十分であるが、武器を研ぎまくるので「研ぎ師」のスキルがお勧め。あと「高級耳栓」も終盤の吼えまくりに対処するためにあると強い。

--
<アイテム>
 ダメージがでかいので「いにしえの秘薬」等は準備しておきたい。また、双剣は手数が多いので「鬼人薬」が良く効く(宿屋で攻撃力強化しても良い)。さらに、普通に行くならスタミナ補充のためにこんがり肉が欲しいが、チキンにエグイ戦い方をするなら「強走薬/強走薬G」を持って乱舞しまくると素晴らしい。正直、超絶一門2人で足を攻撃しまくれば蒼老山龍でも転倒しまくりにできる。楽勝。
 あとはセオリーどおり大タル爆弾/大タル爆弾G辺りも持っていくと良い。

--
<攻撃方法>
 普通に行くなら顔狙いくらいで

・通常連携斬り1セット→キャンセル鬼人化→乱舞×3

とかやるとスタミナを回復しつつ途切れずに攻撃し続けられるので良い。強走薬双剣使いで行くなら

・何も考えずとにかく歩いていって乱舞しまくる

だけで十分。一応武器の切れ味がすぐに落ちていくので切れ味がノーマルになったくらいで研ぎなおすのがいいかと。それ以上やると2回研がないと切れ味が戻らなくなる。

--
<攻撃個所>
 せっかく【超絶一門】を持っていったのに顔しか攻撃しない人が多くて見ててもったいなくてしょうがないのだが、双剣使いで鬼人化すれば鎧が何でも「風圧無効」になるので老山龍の足を攻撃するにはうってつけの武器であると言っていい。大剣・ハンマーの場合はリズミカルにうまくタイミングを見計らって足に攻撃を当てていかなくてはならなくて、リズム&攻撃角度をつかむのが難しいのだが、双剣の場合は何も考えずにただ普通に歩いてリズミカルに乱舞を叩き込むだけである。一番足を攻撃するのが楽な武器と言っていい。一応足にめり込みすぎると蹴られるので、先っぽをかすらせるくらいの間合いで斜め後ろから乱舞で足を攻撃し続けるのがいい感じか。慣れると

・レバーで位置を微調整→乱舞

を一定のリズムでひたすら繰り返すだけの単純作業になる。


 あとは普通の老山龍戦と変わらず。こんなもんでしょう。
 んではまた。
[PR]
by namizusi | 2005-02-18 12:49 | モンスターハンター