<   2005年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

リオレウスイベントクエスト攻略

 リオレウスフィギュアが出た記念で(買ってしまった(^^;))、リオレウスイベント配信中。ソロでクリアしようとしばらくチャレンジし続けたのだが、結局クリアできず(^^;。仲間内で4人で行って何とかクリアできた。2匹出てくるんで2匹倒さないといかんのかな?と思ってたら1匹倒しただけでクエストクリアになった。まあ、ノーマルレベルの人も参加可能になってるしこんなもんか。

 このクエストは報酬はいまいちだが金冠リオレウス確定なので、まだ付いてない人は受けてみるといいかも。ただ、難しい~

 リオレウスって1匹だけなら攻撃のラッシュも淡白でいったんしのげれば挽回が楽なんだけど、2匹いるとうっとうしいことこの上ない。ソロで行くと、1匹がホバリングするともう1匹を攻撃するチャンスになるのだが、深追いしすぎると

1)ホバリングしていたリオレウスが空中毒鉤爪攻撃をしてきてピヨり
2)攻撃していたレウスが噛み付きとかしてきて瀕死になり
3)ホバリングで着地したレウスがさらに低空飛行で飛来してくると
 風圧で動けなくなり
4)さらにもう1匹が追い打ち

という素晴らしいコンビネーションが決まってあっという間にやられる(^^;。辛い。

--
<攻略>
--
1)武器選択
 僕は大剣がいいと思うんだけど。スピーディーに状況が変わって的確に対処する必要があるので自分の慣れた武器がいいでしょうな。属性は「毒属性」なんかお勧め。結局1匹倒せばいいだけなので毒状態になった方を倒す、とかで見分けやすくなる。
 麻痺ガンナーがいると楽になると思うがガンナーは生き延びること自体が大変かも。

--
2)防具選択
 一番怖いのは壁に押し込まれて2匹がラッシュで飛来してきて風圧で動けなくなってる間にやられるというパターンなので「風圧【大】無効」があるとかなり楽になる。

--
3)アイテム
・生命の粉塵
 1回死亡すると即失敗なので、仲間をフォローするためにも持っていきたい。

・落とし穴
 1匹の動きを止めるのに使える

・閃光玉
 動きを止めるのに使える。うまく投げると2匹も止めることができる。リオレウスは閃光玉でピヨる時間が長めなので非常に良く効く。ぜひ欲しい。

・もどり玉
 キャンプに戻ると補給用のアイテムが多数あるので補充のために持っておくと良い。ちなみにもどり玉を使わないとキャンプには行けない。

・秘薬/いにしえの秘薬
 リオレウスのラッシュがくると半端じゃないくらいHPが削られまくるので、一気に回復するためにも1個は持っておきたい。

・ペイントボール
 どっちを倒すかを指定するのに使えるが…結局成り行きで「こっちにダメージだいぶ与えたのでとどめに行こう」となるので微妙ではある。

--
4)戦略・戦術
・開始直後は壁沿いに移動
 リオレウスがこちらを見つけそうなときに「歩いて」壁沿いに移動してリオレウスの視界から逃れると発見されるまでの時間を少し引き延ばせる。開始直後はいきなり闘技場から始まって、ぼーっと立ってると2匹とも突進してくる。両方ガードしてるととてもじゃないがスタミナが足りないので、攻撃を分散させるためにも左か右に動いておくのが有効である。

・閃光玉→脚の間に入ってデンプシーロール
 リオレウスが大きいので脚の間が広い。双剣・大剣であれば場所を移動せず連続で攻撃し続けられるので、閃光玉で動きを止めた時は大ダメージを与えるチャンスである。狙うべし。

・飛んでった時は地上に残った方を集中攻撃
 時々リオレウスは長時間旋回飛行を始めることがある。もう1匹を攻撃する格好のチャンスである。「落とし穴」「閃光玉」「麻痺」などで動きを止めるとさらにバッチリ。

・高台作戦
 高台に乗ると比較的攻撃を受けにくくなる。ただし突進してくると攻撃が当たってしまうし、ホバリング→空中ブレスと来ると高台の後ろの方に着弾して、背中から爆風が飛んでくる(ガードできない)。おまけにランスでも高台の上からだと攻撃してもリオレウスになかなか届かない。
 ということでガンナーが高台に乗って攻撃するのがよさげではあるが…高台の上にいても結構攻撃に来るので要注意である。


 いじょ
[PR]
by namizusi | 2005-04-30 05:18 | モンスターハンター

イベント祭とか近況

 最近はプレイする人がめっきり減ってきた。やることなくなったしなあ。
 モンスターハンターGはゴールデンウィークはいろいろおいしいイベントが催されるらしく、新イベントも2つくらいあるようだ。行きたいけどそればっかり行ってるのもどうもな(^^;。旅行でも行くかのう。

 最近はそんなにやりたいこともなかったので、イベントクエストソロクリアなどにチャレンジしていた。結局倒せなかったけど(^^;。武器はもう「クロームデスレイザー」ばっかりである。総合的に言ってこれがソロでは一番強そう。

 「トレジャーハンティング」は時間切れ&回復薬切れであと一歩足りなくて倒せず。落とし穴とか使えば楽になりそうだけど「連戦」したかったので、買い物で補充できないアイテムは使用しない方針で行ったのだが。むう。あとは「悪夢の闘技場」でグラビモス2匹討伐。腹の口角を破壊するところまでは行ったが、2死してリタイア。やっぱり闘技場で一人だと、一方を集中攻撃してると確実にもう一匹の突進とかブレスとかが的確に飛んでくるので非常に辛い。だいぶ攻撃を避けられるようになって長生きはできるようになったがそれだけだと打撃力が足らんなあ。

 …という感じに鬱憤をためておいて仲間内で黒グラと黒ディアに行ってきた。

・黒グラ1匹
 ガンナー
 双剣(ギルドナイトサーベル)
 クロームデスレイザー(自分)

 大剣はきついきついと思ってしばらく行ってなかったのだが、グライベントで練習した後に見ると黒グラ1匹ごときなど屁でもないていう感じで非常に楽に余裕で戦えた。ブレスを吐きまくってくれるので翼を切り刻みまくりだし(毒化も余裕でいける)、攻撃がはじかれるので却って毒化させやすい。あと、腹部を完全に破壊すると縦切りが通るようになるみたいであった。
 人数が3人だったので多少時間がかかって20分くらいでクリア。うーむ。黒グラももはや敵じゃないな。

・黒ディア4本
 ガンナー
 双剣(ギルドナイトセイバー)
 ハンマー(龍属性最強ハンマー)
 クロームデスレイザー(自分)

 先に普通のディアブロス1匹討伐して15分くらいで倒せたので、4本でもぎりぎりでいけるかな?とか思いつつプレイ。なんか、グラビモス2匹にもまれまくったあとに見るとディアブロスの動きがのろくてのろくて、ディアブロスって突進時以外はわりとあんまり動かなくて歩く速度も遅いので、攻撃する隙が山のようにある。おまけに大剣で顔面を攻撃するとすぐに怒り出したりひるんでくれるのでますます攻撃を入れ放題になる。(麻痺ガンナーが止めてくれたというのもあるけど)

 …という感じでサクサクッと15分ほどで1匹目を討伐。2匹目は音爆弾・閃光玉を全部温存してたのを投入して動きを封じて戦って、終盤で角が1本残ってたので脚を切って転ばして殴るかあっと思って斬ったらあっさり死亡してしまった。正味30分。この面子だともはや黒ディアもカモになったかのうw。

 黒ディアで戦っててカッコイー!と思ったのは、双剣の人がダッシュ緊急回避で咆哮を避けてたところ。自分以外でやる人をはじめて見た。

今日の小技
 「トレジャーハンティング」で大剣で大岩を破壊するのはかなり大変なのだが、実はスタート直後の岩を破壊するのに楽な方法を発見。岩と、燃えてる焚き火の間に立って大剣で攻撃すると攻撃ではじかれても後退しないので、切れ味が落ちるまでひたすら連続で縦切りを入れまくれる。


 という感じで、今日の謎のイベントに行くかね~
 んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-28 12:52 | モンスターハンター

つらつらと

 突然左手が痛くなってきた。日ごろの行いが悪いせいかもしれんけど(^^;。
 なんか、TRPG関連で書きたいことは山のように出てきたのだがまじめにきっちり書くのもめんどいので、つらつらと適当に並べ立ててみる。

--
1)プレイヤーを批判するという「タブー」について
 なんか、いつでもどこでもPLについて批判をするとヒステリックな筋の通ってない反論が返ってきていつ見ても笑っちゃうのだが、何でこんなにも反論がいっぱいくるのか考えてみたところ、要するにPLというのがGMに対して圧倒的にのべ人数が多い(平均5倍くらい?)ためではなかろうか?と推測してみたw。
 要するに、どんなに論理的に正しいことを言っても、多数の不況を買うようなことを言うと徹底的にたたかれるという、資本主義の最低最悪な部分がもろに出てるんじゃないかと。なるほどのう。

 まあ、タブー視されているとわかっているからこそ、敢えてズバズバ言うことにしてるわけだが。

--
2)「PLに選択肢を明示すればいい」という愚かなマスタリングについて
 セッションで不満な展開があると

「あの展開は納得いかなかったな~」
「いや、これこれこうすれば良かったじゃん?何でやらなかったの?」
「それはそういう選択肢があるというのを明示した方がいいのでは?」

という応酬があることが良くあるのだが、このテクニックというのは元々?「何でもしてもいいよと言われると何もできない」という現象に対する対策方法で、そもそも前提がおかしいので実に使えないテクニックだと思っている。

 まず、「選択肢がわからない」という状況というのは以下の2つの原因によって発生する。

<1>PCが置かれた状況を把握しきれていないため、そもそも何が可能なのかがわからない
<2>PCの動機付けができていないので、たとえ可能な行動がわかっても、どの行動を選ぶべきかという指針がわからない

で、ある程度慣れたPL(以後「ベテラン」と称することにする)の場合には、そもそも「何かをしよう」というときには<1><2>を把握しないと行動を選択できないとわかっているので、自ら情報収集をし、PCの人格設定を練りこんだりしていくものである。そもそもGMから自発的に与えられる情報なんていうのはGMの独り善がりな偏った展開を実現するのに都合のいい情報しかないので、それを鵜呑みにするのは「愚か」というものである。PLから自発的に質問して得られた情報こそ本当の意味で信頼に値する(過信は禁物だが)。
 まあ、こういうテクニックというのはTRPG初心者/初級者にはできないことが多いので、セッションの序盤~中盤くらいはGMがフォローして「こういう事ができるよ」「君のキャラはこういう設定だからこういう選択はしたがらないんじゃないかな」といったアドバイスをすることはある。ただし、これはあくまで

・初心者/初級者向けのテクニックである

ということを忘れてはいけない。
 んで、セッション終盤になれば普通にまともなマスタリングをしていればPLは状況を把握できているだろうしPCのキャラ造詣も固まっているはずなので、GMから「何をしてもいいよ」と言われたとしてもおのずと選択可能な行動というのは限られてくるものであるし、PLがまともな状況把握能力を持っていればそれを導き出すことは十分可能である。一人では漏れがあるかもしれないけどPLは4人とか5人とか大勢集まってるし、GMがわざわざ言うまでもなく選択肢を導き出すのに十分な知的資源をPL側は持っている。

 にも関わらず、ここで「こういう選択肢があるよ」とか提示するというのは(演出で確認の意味で宣言することはあるけれども)、GMはPLの状況判断能力を疑っているとしか言いようがないし、PLの能力としても「そこまでわかっていながら判断できないというのは、今日のセッションで君はいったい何をしてたんだ?ただボーっと見てただけで何もわかっていないということか?」という、要するに“怠慢プレイ”以外の何ものでもないということになる。

 まあ、そんなわけで、結局のところ「PLに選択肢を明示する」というのはモンスターハンターの「ペイントボール」のように、最初は使えるけど慣れてくると結局要らなくなるものであると認識している。これを使わなきゃいけない、という時点でマスタリング/プレイング失敗かな~。

--
3)マスタリング能力について
 PLに僕よりマスタリング能力の優れた人がいる~という話を聞いたのだが、何と言うか、そもそも僕のマスタリング理論というものを理解されているかはなはだ疑わしい。まあ、実際NPCの演じ分けとか僕自身「やる気がない」のでその辺についてのマスタリング能力は低いと自覚している。
 ちなみに僕のマスタリング理論、方針というのは

・GMは優れたマスタリング能力などないほうがいい。PLの出番を奪うばかりで邪魔なだけだ
・ただし、自由度を高くしてPLの自由な発想によるさまざまな展開に対応するために「アドリブ能力」だけは高くする必要がある(最近はとんでもない展開を提示するPLがいないので能力を発揮する機会が少ないが)
・マスタリング能力がヘロヘロでもそこそこ面白いセッションにできるように、シナリオは面白い仕掛けを入れ込んできっちり本筋は作る必要がある

という感じである。この理論に基づいて忠実にヘロヘロなマスタリングをしてるのでそれを指して「マスタリング能力が低い」といわれても「やる気がないのだからしょうがない」としか言いようがない。


んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-27 12:50 | TRPG

クトゥルフダークエイジ購入

 買いました。

 クトゥルフダークエイジって正直「ただのファンタジーじゃん」というところが多分にあって、それをやるくらいならストームブリンガーとかエルリックとか深淵とかペンドラゴンとかをやった方が手軽でルールも特化されててずっとましで、存在価値があるのか?と、ひどく疑問に思ってたのですが(メタメタな批評で申し訳ない(^^;))、最近クトゥルフのシナリオを考えてたら突然ダークエイジでプレイするのにぴったりな題材を思い付いてしまったのでさっそく購入。

 なるほど、こんな遊び方が出来るのか。ふむふむ。

 とりあえず世界設定に忠実な世界観なので、「歴史ものができる」という大きなメリットはあると思います。きちんとプレイするには考証をきっちりする必要があって難しいですけど。

 ということでさっそく募集をしてみる。

クトゥルフダークエイジ「メッサーシュミット」参加者募集!
●タイトル:「メッサーシュミット」
●キーパー:紙魚砂
●使用システム:クトゥルフダークエイジ
●日時:調整
 休日前の夜中か休日の昼間にプレイ予定。
 セッション1~2回で終わる見込み。
 プレイ開始はシナリオ背景の調査があるので5月下旬以降の見込み
●使用ソフト:マジカルチャット(OSはWindows系のみ)
 →http://members.jcom.home.ne.jp/magical/magchat/index.htm
●ルール所持:なくても対応
●人数:3~4名
●プレイ時間:1回につき3~4時間

●募集締め切り:5月21日までorPLが4人集まったらその時点で締め切り

●PC設定:
 PCはとある村の子供たちである。ということで過酷なダークエイジで子供プレイを(笑)。

●進行:
 序盤中盤は基本的に一本道で、目的に立ちふさがる様々な困難をクリアすべく考えてもらいます。終盤はすべての情報が集まり最終的な状況が確定するので、そこで提示された不条理な状況に対していかなる結末を付けるか、良く考えて達成すべくがんばってもらいます。
 PLの状況分析能力と創造性に期待します。

●シナリオ概要
 村に運び込まれた狂った女。彼女の謎を探るうち、PCたちは“それ”を見出す。そして冒険の果てにたどり着く「真実」。それを知った時PCたちはどのような結末を付けるのか?

●参考
 ジャンル的には歴史ものファンタジーか何かかのう?「太陽の帝国」なんていい感じかも。

●応募方法
 以下のいずれかで応募してください。後日メールで連絡をするのでメールアドレスを教えてもらえるとありがたいです。

1)ここにレスを書く
2)TRPG掲示板に参加希望を書く
3)メールを送る
 →simizuna@sun.endless.ne.jp

以上よろしくお願いします。
[PR]
by namizusi | 2005-04-25 23:02 | TRPG

ベテランプレイヤーのプレイング

 R&Rのローズトゥロードのリプレイで鈴木銀一郎氏が参加されてて、凄くいいプレイをされてた。いいお手本なので詳細を分析して書いてみたいな~と思ってるのだが。

 一番の核心は

「僕は漁師だから当然自分の船を持ってるよね?」(正確なせりふは忘れたです(^^;))

というせりふ。ここにベテラン的先読みプレイの極意が濃縮されていて、このたった一言を言うためにいかなる長大な思考が働いたのか(表面的にはせいぜい数秒しか思考してないかのように見えつつ発言していると思いますけど)を解説し始めるとかなり長い論文になりそうなので、日を改めてきっちり書きたいかなあと。

 僕的には

「ベテランならこの程度出来て当然だよね?」

というのを前提にマスターしたいんだけどなあ。せめてPLに1~2人くらいこういうレベルのプレイが出来る人がほしいものである。

 んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-21 12:53 | TRPG

ハンマハンマ

 ハンマーやりたてでいまいち、うまくいかない人がいたので、お手本を見せる感じで久々にハンマーを振ってきました。ぶんぶん。久しぶりにやると強くて強くて(^^;、攻撃力1000オーバーの切れ味白ハンマーはひどすきです。ディアブロスってこんなに弱かったっけ?ていうくらいに転ばしまくり状態にできてしまう。

 ハンマーは全然真剣に作ってなくて、無印モンスターハンターで一通りそろえた名残のハンマーがあるくらいで

・毒:グレートタイタン
・火:正式採用機械槌
・龍:龍壊棍
・麻痺:鬼鉄

というわざわざ2線級集めたかのような感じで(^^;。まじめにやるなら

・毒:ヴェノムモンスター
・火:忘れた(タイタンハンマーの最終形)
・龍:忘れた(ドラゴンデストロイの最終形)
・麻痺:鬼鉄丸
・雷:ポリタンG!?
・ノーマル:ウォーバッシュ

かなーと思うのですがやっぱりネタに走って、ひそかに強いネタハンマーでも集めるかのう。とりあえず、実は強いクックハンマーでも作るかね。ヴェノムモンスターは存在自体がネタなのでまあ作るか(素材そろってるし)。電撃イベントを持ってポリタンも作るかな~。

んでわまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-20 12:47 | モンスターハンター

今日もぼちぼち

>ミニクック
 「幻の怪鳥」クエストソロで行ってきました。正直イャンクックって訓練所で練習してたら常に左側面を取って戦う癖がついてほぼノーダメージで倒せるようになるんですけど。なので、裸でもよゆーと思って行ったらイーオスの飛び蹴りで即死と来ました。くけけ。HPがMAXでも95%くらいライフを持ってかれます(^^;。クックより恐ろしいw。

 結局試行錯誤した結果、エリア7で戦うと

・イーオスを掃除できる
・視界が良い
・場所が広い
・待ってると定期的にクックがよく来る

という感じで楽にクリアできました。クックは本当に小さくて(^^;、イーオスより小さい感じで攻撃範囲が狭いのはいいんですが、視界が悪いエリアだと樹に隠れて見えなくなるのがつらいです。エリア7で戦えば問題ないですが。

 んで3回くらい戦って「小さなくちばし」が集まったのでクックボウガン作ってみました。クックボウガンは銃身がベロだし、アクションするごとにクックの泣き声がして笑えるのですが、何より困ったのは通常装備してるとボウガンの角が腹を思いっきり貫通して見える(げふ)てところですか。戦う前から切腹気分です。こりゃこりゃ。

--
>夫婦連戦
 火竜の紅玉出たー!ってことで、あとはミラバルカンイベント待ち。

--
>弾調合数最大化
 鎧を作ってみたのだが、麻痺弾8発調合できるのかな?と思ったら、拡散弾とかの2~4発調合が4発になるだけみたい。使えん…。大出費大損、というか桜火竜の紅玉返せー!


んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-18 12:49 | モンスターハンター

クトゥルフ神話TRPG「異邦の騎士」無事終了

 先週末に無事終わらせることができました。
 どうもありがとうございましたm(_^_)m>参加者諸氏

 今度のシナリオは基本的に一本道シナリオで、「何をやるべきか?」はすぐにPLにわかるようにしてあって、ただそれぞれの場面で問題をいかにして解決するか?をミニゲーム的に考えるようなシナリオでした。で、考えるスタンスとしては

1.PCとして論理的に問題解決方法を考える(パズルっぽい感じ)
2.PLとして「どう話を落としたら面白いか?」を考える(発想のゲーム)

というのを織り交ぜて、今回は2の方を割と主体でプレイ。んで、「どう話を落としたら面白いか?」を考えるには話の背景設定をPLが理解している必要があって、かつ今度のは原作ありシナリオなので、「原作ではどういう話だったんだよ」というのを随所で解説する必要があって、なんかGM側から“おはなし”を語って聞かせる部分の多いセッションになりました。個人的にはあんまり好きなスタイルじゃないんだけど…しょうがない。

 プレイヤーの方は“おはなし”も結構楽しんでくれたようで良かったです。しかし、かなり繊細なネタなので内輪なメンバーでないとやりづらいのう。もうちょっとPLの介入の余地を入れて“堅い”シナリオにしたいのだが。

 最近ストーリー志向な“なるい”シナリオばかりプレイしてきたのでたまには硬派なバリバリロジカル謎解きシナリオをやりたいかな~と思ったのだが、聞いてみたところ「謎解きは苦手」だそうで(^^;。難易度を下げて閉鎖空間パニックものとかにすれば行けるかのう?謎解かなくても決着つくし。…ということで次のシナリオ考え中です。

 僕的には「クトゥルフ」と言ったら「現代ファンタジー」をやるか「本格ミステリ」をやる以外に価値ないんで。本質的に「現代ファンタジー」と「本格ミステリ」って同じものなので、結局やってることは同じなんですけど。

 んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-18 12:35 | TRPG

「諸王の冠」

 そういや発売されてました。「諸王の冠」。とりあえず購入。ゲームブック界的には名作目白押しのいい状況なはずなんですが・・・うーむ。
[PR]
by namizusi | 2005-04-18 12:20 | ストーリーメディア

スケジュール組みなおし

 仕事は結局スケジュール組みなおしになったようで。品質がメタメタなプログラムを持ってきてテストもまともにしてない状況で3日でやれと言われてもねえ。あわてると却ってバグをさらに作り込むだけだし。何か聞いてると根本的にプロジェクトの進め方からしておかしいってー感じで。

 やっと正常化されてきたようなのでがんばりますかのう。
[PR]
by namizusi | 2005-04-18 12:16 | 雑感