<   2006年 01月 ( 41 )   > この月の画像一覧

電撃の二重奏クリア

 …ってことで晴れてHR4に。HR3は1日の命であった。

 もう、とにかくしんどかったです。

武器:炎剣リオレウス
鎧:高級耳栓鎧
 頭:ガレオスU
 胴:リオソウル
 腕:リオソウル
 腰:ガレオスU
 脚:ガレオスS

という感じで、占めて防御力135(護符含む)。雷耐性-14です。Yeah!
 アイテムは、回復・回復薬G・薬草・秘薬つー感じ。落とし穴・ペイントボール・ホットドリンク・こんがり肉も持っていきました。

 とりあえず開始直後に仲良くエリア11で合流。その後も時々1匹分離してもまもなくもう1匹が現れるという寸法で2匹と戦う場面ばかりになる。まあ、咆哮は怖くないのですが中途半端に離れた距離からの電気ブレス2連射がガンですな。1回は、電気ブレスで痺れる→至近距離から追い討ち電気ブレスでライフ120くらい持ってかれて即死とかいう感じ(涙)。とにかく一緒に動いてばかりだったので仕方なくエリア11で1匹がひたすら寝まくるのを横目に見つつもう1匹と戦うとか。そんな感じでした。

 それでもひたすら地道に攻撃しまくり、エリア7で兄弟仲良く飛びつき合っているうちに1匹憤死。

 もう1匹はエリア11に逃げたのを「さっさと落ちろー!」と念じつつひたすら斬りまくり、時間も赤ランプが灯りだした頃にようやく倒せました。ぎりぎり。きつかったです。

 もう、とにかく炎剣リオレウスはハードクラスでだいぶきつい感じだったんですけどGクラスになるとちょっともう「限界」という感じでしょうか。代わりにバルバロイブレイドを作ろうかな?と思ったのですが、獄炎石を入手する方法が思いつかなかったので作れず。村クエクリアを止めてるのでほかに方法というと、ボーナスエリアで運良く採掘くらいかのう。

 幸い、★7になったらリタマラご用達「天と地の咆哮」が出たので逆鱗集めにリタマラすることにします。焔剣を作るべしっ。

 あと、ネットで調べたら地元の近くでフリーアクセスポイントが見つかったのでクエダウンロードを試みる予定。キリンやりてー。


んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-31 12:44 | モンスターハンター

切れ味の悪い武器の使い方(大剣編)

 最近はせいぜい切れ味緑くらいの武器ばかりで硬い飛竜だとはじかれまくりなのですが、その代わり弱点を的確に斬れるようになってきたように思います。なんか、MHGの白ゲージに慣れきったあとでMHPプレイした当初はきっちり斬れずにはじかれまくりで大変でした^^;。すげー腕がなまってた。

 このところはきっちり弱点を狙って斬れるようになったし、わざとはじかれるようにして部位破壊を狙うとかそういうのもやってます。しかしまあ、はじかれない方がいつでもどこでも勇者回避できるので強いというのはあります。が、切れ味のいい武器ばかりでやってると攻撃の精度がどんどん落ちていくので^^;、時々切れ味の悪い武器でなまった腕を矯正してみるのもよいかと。

1)最低限欲しい切れ味
 黒グラビモス&黒龍を除けば「緑」ゲージがあれば十分です。はじかれるのは弱点を的確に斬っていない証拠。黄色以下になると弱点を斬っててもはじかれるので、これはきっついです。とりあえず緑ゲージの武器は入手しましょう。
 個人的にはキリン戦を緑ゲージ大剣で行くと非常に練習になります(手が痛くなるけど)。

2)わざとはじかれるケース
 ・翼破壊
 ・毒化、麻痺化
 など
 はじかれると隙だらけになるので危険ですが、連続で攻撃入力すればガシガシ斬ってくれて攻撃回数が増えます。翼なんかは結構硬い飛竜が多いですが、最初からはじかれるものと思って連続攻撃入力してると結構早く壊せたりします。あと、属性攻撃は落とし穴とか音爆弾で飛竜がもがいているときにガシガシ入れて起き上がったときには属性効果が入ってるようにするとか。クロームレイザーも無印の頃「わざと切れ味落として毒化しやすくする」とかやってる人がいました。

3)どうせはじかれて隙になるなら攻撃する
 はじかれると大きな隙ができて反撃必死!とかになりがちですが、どうせ防御が間に合わないならひるむことを祈ってさらにガシガシ斬るという手も結構いけます。ほとんどのケースはそれでいけるかのう。

4)余談:連続攻撃するか、手を止めるか
 攻撃がはじかれる件とはあまり関係ないですが(半分くらい)、連続で攻撃すべきか、緊急回避で逃げるか、何もせずノーマル状態に戻るのを待つかという3択になることが大剣ではよくあります。

・連続攻撃
 まだまだ隙がいっぱいでざくざく入るorどうせ避けても無駄だ。間に合わない
 例)落とし穴に落ちた飛竜を攻撃

・緊急回避で逃げるorガード
 反撃がでかそうだが防御が間に合う場合。
 例)フルフルの電気ショックとか電気ブレスとか。

・何もせずノーマル状態に戻るのを待つ
 これ以上攻撃すると反撃を受けそうだが、かといって動くと別の攻撃をくらいそう。
 例)老山龍or黒龍の足に斬りを入れて微妙にめり込んでないとき


まあ、こんな感じでしょうか
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-30 12:50 | モンスターハンター

G突入

 世間は熱風でGキリン×2とかで沸いてるようですが、こちらは地道にハードをやってました。
 もう2月でそろそろMH2の季節になりつつあるのでMHPのネット環境を整えるのは見送る方向で。うちは野良のネットワークソフトを使いたいがために敢えてルータ&無線LANを使わない環境にしてるので、クエ配信すら受けられない状態。けっw。

 さて、大剣は斬破刀改、蒼剣ガノトトス、紅蓮、カースオブキャットなんか作ってました。紅蓮は強くて強くて村クエの沼蒼桜が早いと10分で終わってしまいます^^;。

<小技:バックダッシュブレスハメ>
 蒼レウスをはめる。
 壁際でホバリングしたら壁の反対側に立って蒼レウスを壁を背に内側を向くよう誘導。その後レウスと壁の間に横向きに立ってひたすらデンプシーロール。ホバリング着地で密着してると高確率でバックダッシュブレスをするが、後ろに壁があるのでそれ以上下がれず内側にブレスが着弾(斬っている自分は安全)。ひたすら斬り続けられる(3回くらい?)。尻尾斬ったりひるんで叩き落とすとハメが終わるかな?

 まあ、蒼レウスは飛びまくるので他の武器だと嫌らしいようですが、大剣にとってはわりとカモである。

 で、ハードで作りたい大剣は大体出来たので(キリン大剣強化してなかった…。あと魚大剣も作ってない…)、★5クエクリアして待望のGクラスを目指す方向で。適当にクエを消化して行ったら緊急老山龍が出たのでいつもどおり準備してクエに望んだ。まあ、クリア優先で討伐は考えずにいつもどおり左足集中で。★3と比べると足が速い感じで砦アタック3回くらいかまされましたが、最終エリアでひるみ1回、転倒3回くらい食らわせて足止め。

 晴れてG級入り出来ました^^

 なんか世間ではキリンS鎧が匠が付いてるらしくて素晴らしい素晴らしいみたいですが、とりあえずMHGと同じ組み合わせで匠&攻撃力UP【小】鎧と、高級耳栓&砥石使用高速化鎧など作成。防御力120ちょいくらいでまだまだヘロヘロである。

 Gはとりあえずガレオス×1とかガレオス×2とか蒼クック×2とかやってみたが、2匹クエはダメージが弱くてこれくらいヘロヘロでも十分戦える感じであった。つーかハードの翠ガノのがきつかったのう。

 まあそんな感じで。

 しかし、今回は水属性大剣も雷属性大剣も、軒並み白ゲージが付くようになってめでたいことである。あと天上天下無双刀って攻撃力1200らしいのだが白ゲージ付くのかのう?

 んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-30 01:42 | モンスターハンター

納品完了

検査の方もOKが出て晴れて納品完了。
やっっっっっっっとおわった~

この先体制がどうなるとかさっぱり見えんのだが
まあ何とかなるだろう。

わりとどうでもいい。
どこでもやってけるだろうし
[PR]
by namizusi | 2006-01-28 16:56 | 雑感

手抜きの仕方

 2人目撃沈。
 まあ、切りがついたしコーディングのフォローで入っていたはずが、なぜか取りまとめの代役にされてがんばってたので“今日くらいは休ませてあげようよ”という感じである。

 大体、物を作って送っても即問題発覚して回答が来るかというと、来るわけがない。確認環境構築に時間がかかるし、仕様把握に時間がかかるし…で結局3日~1週間くらいで反応が返ってくるのが通例なので、今日休むのはわりと絶妙のタイミングといって良い。僕もまじめに休もうかと考えたw。…が、まあ僕は日程調整とかをするより、問題が出たら原因を突き止めて対応時間を見積もるという辺りのことをやるという方がメインで、その場合初動捜査が重要でそっちで忙しくなることが多いので、今日は普通に出ることにした。落ち着いたらまとめて休みを貰う方向で。

 さて、仕事で重要なのは

「いかに手を抜くか」

であると思う。

 今回みたいに大変なことになった場合、いかにそうなった場合を見越して余裕を持っておくかというのが対応能力に現れる。ような気がする。もっとも「手を抜く」といってもチャランポランな仕事をしていいということではなくて、最低限やるべきことは押さえつつ、やらなくても何とかなるような仕事はやらずに負担を抱え込まず、いざというときにがんばれる余力を残しておくということになるであろうか。

 今回の場合、難しい修正はなかったがとにかく量が半端じゃなく多いので、実装よりもチェックが大変でそこに尽力すべきだろうと思っていたが(当人がチェックすると漏れるので、そういうのはぜひ他の人がチェックすべきである)、その辺のチェックがざるのようにするすると抜けてしまっていたので、きっと問題が出るであろう、と思っていたら案の定出た。問題はその影響で潜在不良まで出ちゃってそれが芋づる式に拡大してとんでもない量になってしまったというところであろうか。

 そんなもの知ったこっちゃない。

 潜在不良を考慮しだすとシステム全部を考慮する必要が発生して、対応に膨大な作業量が必要になるに「決まっている」。そもそも潜在ということは自分が作業した量とまったく関連なく対応作業量が拡大する可能性を秘めているわけで、そこは別件としていったん仕切り直しして、作業量をきちんと見積もりなおした上でスケジュールを立て直すべきであろう…と思ってたけど本件の対応とごっちゃにして無理やりまとめようとして破綻していた。やれやれである。

 せめてもの幸いだったのはマルチバイト文字の対応を「検討対応している暇はありません」と突っ撥ねたところであろうか。そもそもUTF-8というのが3バイト以上の文字まであって仕様把握しないと対応不能でとても難しいというのがあるし、韓国語は「合字」なんて恐ろしいものまであるので、まじめにやろうとすると調査だけで1週間はかかる。調査する人はがんばってくれ。

 まあそんな感じで。
 落ち着いたので今週末は普通に休めそうなのでゆっくりしたい。

 とりあえず紅蓮を作らねばっ!

 んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-27 12:53 | 雑感

徹夜哲也

結局思惑通り2日ほどずるずる日程を遅らせつつ、昨日は徹夜して何とか押し込んだ。
ふう。

昨晩はさすがにきつくて睡魔に襲われてしばしダウン。
ダウン間際に破滅的不良を発見して「こりゃどうしようもね~」と思ったのは秘密である。

とりあえず早く寝たい。
[PR]
by namizusi | 2006-01-26 12:26 | 雑感

失踪

言いたいのは、

きちんと仕事量を鑑みてスケジュール調整してほしい。普通なら半月とかかかりそうな仕事をがんばってやって何もトラブルがないと1週間で終わると見積もった件を、手分けして2日で終わるようスケジュールを立てるとか

何を考えておるのだ

としかいいようがない。
個人的に休日出勤を前提にスケジュールを考えるSEなど死んでしまえ、と思っている。

あとまあ、この手のやばいプロジェクトだと周りの人間ばかりばたばた倒れていって、

結局最後に残るのは自分だけ、

てことがありがちで、本当にそうなりそうな気配があるのがまたまたイヤンである。もう一山来たらそうなる可能性濃厚。流行風邪ひきかけとか(周りだけ)

ふう
[PR]
by namizusi | 2006-01-25 12:56 | 雑感

負けロールの意義

 最近のシステムで「負けロール」とかいう言葉が使われ、わざと判定を失敗するとかわざと人質がさらわれてみるとかそういうプレイのことを言うらしいのだが、いまいち好きじゃない。どうして好きじゃないかというと、

・このシステムは市場原理に則ってプレイするときちんと回らないバグがあるので、「負けロール」という概念を捏造することによってシステムのバグをごまかしている

というようにも受け取れるからである。なんだかなあ。

 が、不備の多いシステムはあるものの、話を盛り上げるためにあえてそれは負けるというプレイが欲しくなることはある。序盤のボスの顔見世とか。ヒロインがさらわれるところとかね。システム的にきちんとするのであればそういう「負けロール」をするとそれによって大きな恩恵が得られるようにすれば面白く回るようになると思う。

 ということで、以下に「負けロール」の例を挙げておく。

1.序盤のボスの顔見世
 クリティカル即死でボスが倒されて困るという現象があったと思うのだが、いっそのこと序盤に出した場合は「不敗フラグ」とかを付けて絶対に負けない。恐るべき攻撃が繰り出される。PCたちはいかにしてその危機的状況を脱するか?という方針を固めてそういうゲームにしてしまえばいいのだ。一応、ロールでヒーローポイントを稼ぐシステムなんかは序盤はポイントがたまっておらず勝てないので必然的にこのようなプレイがし易くなる。で、死にそうなところでがんばってプレイするのを見せることでポイントも稼げると。

2.アンチヒーローポイント
 「スペオペヒーローズ」のルールで判定失敗にされる代わりにヒーローポイントがもらえる。ヒーローポイントの効果が微妙に弱くてあまり恩恵を得られた感じがしないのがバランス的にネックであったが…

3.水戸黄門TRPGの視聴率システム(RPGamer)
 このシステムではPCが活躍するほど話が早く進展して印籠を早く出せるようになるのだが、途中でトラブルも何もなくうまく進みすぎると「視聴率」が稼げずセッションとしての達成度が下がるというルールになっている。必然的に話にメリハリを付けて適度に負けロールなどしつつ程よく引き伸ばすプレイが促進される。非常によくできたシステムだと思う。

4.クライマックス戦闘の負けロール
 最近とみに下手になったなあと思うのだが。
 ラスボス戦でとても勝てそうにないくらい戦力差が開いて実際戦ってみたらやっぱりだめで全滅したというケース。昔のシミュレーションゲーマー的感覚から言うと「全滅するなんてありえんことだ」という感じである。戦力的に明らかに勝てる見込みがないと見切ったのであれば、いかに被害を最小限にして少しでも多くの将来への希望を残しつつポイントを押さえるかという、非常にメタ的にテクニカルにスリリングなプレイができるのであるが、適当にやっても勝てる環境に慣らされているせいか、引き際の見極めが非常に甘いと思う。

5.バトルロイヤル
 PARANOIAとか。バトルロイヤルのいいところは「自分が負ければ相手PCの活躍が引き立つ」というデメリットとメリットが常に表裏一体で補完されるところである。多少負けプレイをしてもまだ余裕が残るような余地があると遊ぶ余裕ができる。クローンナンバーとかね。

という感じで。

 総じて

・序盤~中盤の「負けロール」は最近の人の方が上手い
・クライマックスの「負けロール」はオールドゲーマーの方が上手い

と思う。

それでは
[PR]
by namizusi | 2006-01-24 12:52 | TRPG

★3老山龍撃退成功!

 やっっっと撃退できました。
 長かった^^;

 何か、腹を攻撃してるとむしろ怒って侵攻スピードが上がってあっという間に砦あぼーんされちゃうんですが^^;。キー!

 やはりティルタニアではいまいちパワーが足りない模様で僕の腕では30分過ぎで砦あぼーんされてしまうようです…。

 ということで、方針を変えて、とにかく何でもいいのでせめて撃退しよう。という方向を目指すことにしました。そうなるとそもそも攻撃する場所から変わってきます。

 まず、老山龍の足止めをするのに最も効果的な攻撃箇所はどこかというと

「左後ろ足」

だと思います。まず、足を攻撃すると転倒するのでしばらく侵攻が止まります。とりわけ後ろ足を攻撃すると長い時間動きが止まる。止まった間もさらに足をザクザク斬ることで加速度的にうずくまって止まりやすくなります。

で、右足の場合老山龍は右曲がりのカーブを侵攻していくので、曲がる時に壁にはさまれてあぼーんされ易いです。何なら実際にやってみてください。楽しいから(笑)。

で、左足だとコーナーのアウトコース側になるので比較的余裕を持って攻撃出来ます。

僕がいつもプレイしている感じだと(野良でパーティーで老山龍戦を行った場合)

・エリア2の曲がってちょっと行ったところでひるむ(最初のひるみ。2回目以降が転等になる
・エリア2の終わりの辺で最初の転倒をする

っていうのが普通の順調ペースでしょうか。
そのあとはひたすら足攻撃で何度も転倒させまくり、最終エリアでバリスタ10発、激龍槍を使用し、足攻撃で転倒もさせて何とか無事撃退しました。

 足攻撃は足止めできる代わりにダメージが腹と比べてしょぼくなるのでダメージが足りるか心配だったのですが、意外とあっさり撃退。大タル爆弾Gも5発しか使いませんでした。

 報酬は老山龍の大爪がそういや剥ぎ取りじゃないとなかなか出なかった気が…と思ってたらサクッと報酬で出ました。めでたい。これでいろいろ作れるようになった。

<ポイント>
 攻略ポイントなど。

・大タル爆弾G2発を頭に当てると必ずひるむ?
 MHGの資料によると頭のひるみ耐性は400で、大タル爆弾G2発&ボマーだと450ダメージ行くので確実にひるみ1回出せる模様

・バリスタの撃ち方
 この辺の砦装備は全然使ってなかったので使い方を把握してなかったのですが(おいおい)、今回は散々使ってほぼ把握。近接武器の場合は2発撃って最大10発を所持し、最終エリアに老山龍が入った瞬間から10発立て続けに撃ちまくるのがいいようです。撃つのは左のバリスタで、構えたら照準画面に変えて気持ち右に撃つ方向をずらして撃つと当たるみたいです(霧で見えませんが)。うまく当てると老山龍が悲鳴をあげるのが聞こえますw。

・激龍槍の撃ち方
 適当でいいんじゃない?って感じが^^;。

老山龍が立ち上がる→すぐに戻り玉で拠点に戻る→ダッシュで最終エリアへ→老山龍が3~4歩くらい歩いたら撃つ?

というくらいで大体バッチリ当たったように思います。

まあこんな感じで。
さあ、龍刀を作るべしべし。

んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-22 00:54 | モンスターハンター

「サマータイム」第1部掲載

いろいろ補足情報とかを入れたら膨らんで膨らんで、とりあえず何とか第1部のみアップ。

 サマータイム

すっっっごい久しぶりである。この調子であと3倍か…。
同じペースだと1年半かかるということだな(笑)。

んではまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-21 05:00 | TRPG