<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ハンターズムーン2 スローター・サイクルを読んだ:(・_・)

http://www.bk1.jp/product/03311008
これでハンターズムーンもNPC(人間)が使えるようになって、TRPG上で出来るドラマはほとんど何でも実現可能になりました。めでたい。PvPだけはできなさそうなので、これに「シノビガミ」を足せばTRPG上でやりたいシチュエーションがすべて網羅可能になりますね。この2つがあればもう十分かと(極論)。

以下、ネタばれ気味レポート。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-30 11:34 | TRPG

TRPG関連メモメモ:(・_・)

書きたいことがスタック状態だが忙しくて時間が;;

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-27 11:43 | TRPG

シノビガミ死:(・_・)

読みました。面白かった!
やっぱり、「愛」はエンタメの基本でしょう。

以下、ネタばれメモ。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-24 01:34 | TRPG

京都観光ヴァイオレンス:(・_・)

つーことで、ヴァイオレンスをやりました。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-20 00:12 | TRPG

アプレンティスシップ・パターンとTRPG:(・_・)

元MTGer的には「アプレンティス・ウィザード」と言ったら「毎ターン無色暗黒の儀式をする爺さん(どこが見習いだ!!!(笑))」であるが

・アプレンティスシップ・パターン THEORY/IN/PRACTICE
 徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得
http://www.bk1.jp/product/03293834

これがおもしろげだなあと(まだ読んでないけど)。
まあ、これは「プロフェッショナルになるための学び方とか」とかの話なので、TRPGの場合は、途中のどっかまでで十分ではありますが。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-14 02:11 | TRPG

ぼちぼち:(・_・)

R&R73とかTRPGとかドミニオンとかMHP2Gとか。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-13 17:27 | TRPG

自炊準備:(・_・)

 蔵書&TRPG書籍を自炊(スキャン文庫化)しようかといろいろ調査&準備中。
 ちょっとまとめました。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-09 15:08 | TRPG

死亡確率と覚悟というものについて:(・_・)

 ストーリー志向の続きで。

 クライマックスというのは、ストーリー上最大過酷な障害と対決するものですので、対決するにあたって何らかの「覚悟」が要るわけです。……まあ、吉本新喜劇的に覚悟も何もなしにいきなり危機に陥らせてアタフタする場面をコミカルに描く、別に主人公が問題を解決してもしなくてもどちらでも良い、というスタンスもありますが、ハリウッド映画的ドラマの組み立ての場合は、きちんと主人公に障害を認識させて、それに対決する決断を描き、実際に対決する、という熱いドラマを楽しませようというスタンスになっております。

 その際、

「障害を解決できないかもしれない」
「死ぬかもしれない」

というリスクを負うことを決めることを本論では「覚悟」と呼んでおりますが、そこの「死ぬかもしれない」という覚悟において、どれくらいの確率で死ぬかもしれないと思っているのか?……というのがプレイ環境によってずいぶん違うなあと

・[TRPG論考]1回のセッションでPCが死亡する確率
http://ikapon.exblog.jp/11988495/

という記事を見てしみじみ思ったので、僕の環境だとどんな感じなのかを整理してみます。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-08 00:27 | TRPG

ぼちぼちTRPG:(・_・)

・論文:ルーンクエストというメカニズム
 http://d.hatena.ne.jp/mallion/20060630/p1

 要するに

・メカニズムとポリシーの両方のすり合わせがあって初めてTRPGという活動が成立する

 という話らしい。なるほどろ。

 しかし図解とか表とか箇条書きとかを駆使して見やすくしてくれればなあなあと。
 論文系文書って、読みやすさを考えてないのが、いい加減にして欲しいと思うところがある。
 論文の書き方系ノウハウ本に

 『リーダビリティ(読みやすさ)』

 の項目を必須で入れて欲しいものだ。

--
・iPadでつくる「究極の電子書斎」
 http://www.bk1.jp/product/03315999
 まあ、TRPG業界が自転車操業状態で目先の利益を拾うのが精いっぱいで、電子書籍化という先行投資が出来ないのであれば、ユーザの方で購入したルールブックを片っ端から自前で電子書籍化しちゃえばいいじゃん。けろ?

 ということで、うちの書棚がもういっぱいいっぱいで何ともならん状況なので……普通の本棚5つ分くらいのスペースはあったはずなんだがなあ……電子書籍化ですっきりスペースを確保出来るようになりたい、ところである。

 iPadはまだ持ってないんだけど、導入すべきなんかのう?libretto w100を導入したんだけど、どうしようもなく使いにくくてなあ。iPadは、なんだかんだ言ってiPhon、iPodからのノウハウの蓄積があって、インタフェースがこなれて使いやすいんだよのう。うーむ。



そんなところで
[PR]
by namizusi | 2010-10-06 21:43 | TRPG

英雄と正義の味方について:(・_・)

なんか、突然エアポケットみたいに空き時間ができてしまったので続きを書きます。

・参考記事
http://blog.talerpg.net/rpg/archives/1776

ストーリー志向の話で、クライマックスの話をする前に、
まず前段階で必要な要素は

・(主役≒PCが)覚悟するかどうか

というところです(詳細は今は説明しません)。
さらにその前段階で必要なのは

・(主役≒PCは)正義の味方なのか、英雄なのか

というところが重要で、結局クライマックスの説明をする前段階の前段階として「英雄」「正義の味方」の際について解説する必要があるという、しばらく回り道をすることになります(めんどくせえw)。

More
[PR]
by namizusi | 2010-10-05 23:20 | TRPG