ぼちぼちTRPG:(・_・)

ぼちぼち。新作とか買ってみました。



--

・GF新刊
 立ち読みしたところ(おい)、モノトーンミュージアムがWebで公開されるかも?という流れになっている模様。ネタ的に

「また因縁かよぅ~」

て感じなのでほとんど期待してないのですが、F.E.A.R.系で因縁絡みのプレイが軽量なシステムって見当たらない気がするので、軽かったら微妙に嬉しいかもしれん。

--
・セイクリッド・ドラグーン
 http://www.bk1.jp/product/03096614
 コンセプトはいきなり初期キャラでキャンペーンラスボス級と戦うらしいです。
 うーむ。SNEのシステムとしては比較的なかった方向かなあ?

 シナリオ記述がとてもわかりやすくて整理されてて良いと思います。

--
・ガンメタル・ブレイズ
 http://www.bk1.jp/product/03096650
 シチュエーションカードが話題のF.E.A.R.社製のシステムで、またこう厨くさい(って何ですか?)システムを毎回毎回量産するなあ。好きだね~って感じですが、F.E.A.R.社製システムで初めて?カードに演出内容が書いてあって演技のフォローができるシステムが出たって感じでしょうか。

 演出内容を提示するシステムとしてはTORG、深淵?、シルバー・レインとかがあって、

「今更出るってどんだけF.E.A.R.って遅れてるんだ」

と言わざるを得ないのですが(笑)、それよりも面白いのは2chで目一杯叩かれてるところでしょうか。

 ロール支援のシステムとしては、F.E.A.R.社のですと天羅・零とか、エンゼルギアとかカオスフレアとかありますが、最近この手のシステムについて「演技を強要されている感じがするし、かつ、『何でもしていいよ』と放り投げられてプレイがつらい」という内容の記事があって、昔D&D系をやってた人が天羅系とかをプレイして硬直した話なんかを聞いてたりしていたので、なるほどなあと思ってたんですけど。

 要するにロールをするなら、とっかかりになるキーワードなり何なりをシステムとかで提示してくれた方がプレイしやすいなあ、という。

 ただ、そういうキーワードってN◎VAやブレカナのタロットとかに委託するとぼかしすぎてしまって結局何が言いたいのかよーわからず、スルーされて終わることが多いし、あまりに具体的に書きすぎるとプレイの中身まで強要されてる感じがして辛い。

「適度にぼかしつつ、具体的に何をするかのとっかかりとなるようなキーワードもある」

 という絶妙なバランスとセンスが要ると思うんですが、ガンメタル・ブレイズの場合は比較的指定の度合いが強めになっているせいか、拒絶感が強いかも知れんです。

 でもよく見ると、一部の強烈なの(ロマンスとか)を除けば、かなり細心の注意を払って強制力が弱い拡大解釈しやすい言い回しになってるし、ルール上

・拒否はいつでもできる

となってるんでそんなに目くじらを立てるほどのこともないと思うんですけどね。

 プレイの指定をするという観点で言うと

・ハンドアウト

と全く同じ位置づけだと思うんですよ。

あいまいに書いてるのでそんな強制力はないし、拡大解釈可能。どうしてもダメなら拒否も可能。

っていうのはハンドアウトでもほぼ同じわけで(ていうか基本的に拒否不可な分ハンドアウトの方が強制力が強くてひどいと思うんですけど(笑))、全く言ってることに一貫性がないというか筋が通ってね~っていうか。

「今後一切、一生ハンドアウトを使いません。断固拒絶します」

て、誓うのであれば、このシステムのシチュエーションカードを使うことを拒否するのも筋が通ると思うんですけど。いやー面白いなあ。

歴史は繰り返すって言いましょうか。



ということで、ガンメタル・ブレイズはネタ的にちょこっと遊んでみたいな~と思いました。
ネタが浮かんだら1シナリオぐらいマスターしてみてもいいかも。
スタイリッシュとかCOOLとかSWEETとかはさっぱりわかりませんがw。

そんなところで
[PR]
by namizusi | 2009-03-09 01:35 | TRPG


<< 15分でできるシナリオの作り方... TRPGにおける非機能要件につ... >>