物語の転換パターンを選択する

 前々回の記事でTRPGのシステム/シナリオで物語上の転換点を明文化・公開し、組み入れれば初級者GMでもプレイできる現実に存在するほとんどのストーリーパターンを再現できる、TRPGセッション運営のためのテンプレートができるのではないかという話を書いた(ほんとかw?)。

 今回はその「転換点」というものは何かを分類解析してみる。TRPGにおける「(展開の)転換点」というのはいくつかのパターンがあり、ある種のものはほとんど何も変更せずそのまま対処できるが、ある種のものはそもそものシナリオ構造を1から作り直さなければならない転換であったりする。そのシステム/シナリオが基本的な傾向として予定調和的な方向を目指しているのであれば、展開が根本的に拡散してしまうような「転換」は抑止しなくてはならないし、ギャグシナリオとか発想のシナリオとかノリシナリオとか,とにかく意外性を求めてハチャメチャな展開を志向するシステム・シナリオの場合にはむしろ逆に「転換」によって展開を拡散させるべきである。
 その辺は、そもそもシナリオ・システムを設計する段階で自分のシナリオ・システムはどちらを志向しているのでどちらの手法を採用する、というのを選ぶ必要がある。

 …ということで、次回、よくある転換パターンというものと対処法を解説する。ちなみにこういった手法を採用したシナリオとしてはうちのサイトでは「化神」あたりがそうですかねえw。

 ではまた
[PR]
by namizusi | 2004-11-23 12:46 | TRPG


<< 大剣は辛い D&D3ed たまにはごねてみる >>