三上、三多、三中:(・_・)

「思考の整理学」読了。
http://www.bk1.jp/product/00411593
これ、マジで良い本なので、まだの方は是非一読されることをお勧めします。

「思考の整理学」というタイトル通り、思考を整理する際のノウハウが集積されてるのですが、要するに創作系の(TRPGの場合、シナリオを考えるやり方とか、セッション中に話をまとめるやり方とか)、

・ネタの集め方、まとめ方

に関するノウハウが余すことなく記述されていると言って過言でないです。

で、今回はそこからの引用。



--



1.三上
 アイデアの出やすい場所。

・馬上
 馬の上。最近だと通勤中の電車の中、とか。

・枕上
 ベッドの中とか布団の中とか寝袋の中とか。

・厠上
 トイレ。

こういうところでアイデアがぽっと出て、ぽっと消えてしまうことも多いので、とっさにアイデアを記録する手段なんかを準備しておく(メモ帳など)と良いかも。

--
2.三多
 文章上達の三カ条。TRPGシナリオの場合には、プロットをより洗練するにはこういうのをよくやっておく良いというポイント。

・看多
 多くの本を読むこと。いまどきは、物語を「見る」でも良いかと。とにかくたくさんの物語を体感すること。

・做多
 多く文を作ること。TRPGの場合は、とにかくシナリオはどんどんたくさん作ってみること。プロットレベルなら数をこなすことが可能かなあと。

・商量多
 多く工夫し、推敲すること。ただ作りっぱなしなだけじゃなくて、読みなおして評価・修正すること。

--
3.三中
 アイデアの出やすい状態の話。

・無我夢中
 何かに夢中になっているとぽっとアイデアがひらめくことがある。

・散歩中
 良いネタが出なかったらとりあえず歩け。。

・入浴中
 入浴中にアルキメデスが比重の原理を発見したことは有名な話である。



そんなところで
[PR]
by namizusi | 2009-11-29 14:35 | TRPG


<< 最近のTRPG新作の位置付け:... 当事者性の話:(・_・) >>