『これ、おんもしれー!!!』:(^_^)

某専門学校の集まりでハンターズムーンをやりました。
http://www.bk1.jp/product/03186110

・(都合で)プレイ時間が短い
・TRPG未経験者多数
・突然参加者が7人に増えた(当初4人の予定)

という状況で。



--


ということで、キャラメを1からやって、ざっとルールの概要を説明して、第1サイクルの戦闘終了までやって終わりました。んが、ラスボスに使ったのはルールブック掲載最弱のゾンビ犬でしたが、いきなり総力戦になって、ヒーヒー死にそうになっておりました。


(部位破壊の適用を見て)『これ、おんもしれー!!!』


とか叫んでたし、初めてTRPGをやります、という人も、バリバリルールを読み込んで大活躍したりしてて、とても楽しいセッションでした。

ルールバランスがちゃんと取れてると、やっぱりプレイするだけで面白さが滲み出てきますな。
ダイスの微妙な出目で、盛り上がる盛り上がる。

GM:「攻撃して……当たりました……ダメージは21点!部位破壊入りますね」
PLたち:「げぇぇぇー!!!」
PL:「避けますよ!8以上が出れば避けれます。8以上出ろ8以上出ろ8以上出ろ!」

出た目は9

PL:[出たー!!!」
PLたち:「おおおおー!!!」

って感じ。

……思いっきりルール運用間違ってるのに今気付いた!!!(爆
※21ダメージだと回避に-7修正来ます

ということで

あとまあ


・シナリオを全く準備しないでいきなりプレイ


で、バリバリ遊べて良い感じでした。選んだのはルルブ掲載の3つのボスのうちどれを使おう?ってくらい。

PLが7人に増えるので、咄嗟に、


「風船クラゲにするか?」


と思いましたが、データを見直してその酷さにバカ受けして(笑)、結局ゾンビ犬に戻しました。

・みんなこのシステムは初プレイ
・TRPG初心者が3人ほど追加で混ざる
・結局モラル基準値が味噌なので、人数はあんまり関係ない
・人数が増えるとむしろファンブルも増える

ということで、いきなりTRPG初心者に絶望を与えるセッションをしてもアレかなあという、緩めで何とかなるでしょーという感じで行って何とかなりましたな。

モノビーストに部位破壊ダメージを与えるのがかなりシビアだ、というのがわかって来て、顔が青ざめ始めるのが、良い感じでした。んんんー

TRPG初心者の人も結構白熱して楽しんでくれてたし(もう、みんな立ちあがって、ああしよう、こうしようと話し合いを始めたりなんかしていた)、


「初プレイでTRPGが嫌になった」


ということにだけはならなくて良かったです。次も来てくれると良いなあ。

あと、専門学校の先生が「これ、授業で使おうかなー」とか言ってました。ゲーム専攻科の人もいるので、ストーリーやキャラメイクの勉強以外に、システムのメカニズムの勉強にもなる(建前)っつーことですかね。それはさておき、もうすでにバリバリ授業と称してTRPGばかりやってるそうですが……。



そんなところで、ハンターズムーンは、シナリオ作らなくてもボスデータさえあればすぐ遊べるんで、合間で気が向いたときにまたプレイしても良いかな~と思いました。

んでわ
[PR]
by namizusi | 2010-04-24 17:46 | TRPG


<< ぼちぼちTRPG:(・_・) AG2シナリオの分析(2):(... >>