クトゥルフのシナリオは作るのが難しい!?

 クトゥルフというシステムは非常に自由度が高くて文字通り「なんでもできる」ので好きなのだが、僕の認識ではどうもシナリオがなかなか作りづらくて(システムは簡単なんだけど)、うちのサイトにも1個しか掲載しておらず、ほかのリプレイも他サイトとかのシナリオをもらってプレイしているものばかりであった。が、なんか最近引っかかっていたものが取れたような感じですいすい(というほどスムーズでもないが)シナリオが作れるようになってきたので、その辺のテクニックについて書こうと思う。

 まったく余談だが、クトゥルフって何でトラウマな人が多いんでしょうかね~?ホラーが怖いのか、発狂して貪り食われるとか、調査で何もできなくて硬直したとかあるんですかねえw。

--
1.何が難しいの?
 何が難しいのかというのを以下に列挙する。

Q1.メインが1920年代アメリカになっているが、プレイする人間にそんな時代のアメリカの日常的な知識はない

Q2.適当に作ると半端に知っているPLが「それは違う」と喜んで指摘したがり、そのためセッションが止まる

Q3.シティーアドベンチャーメインになってネタが難しいのと調査用の情報&NPCをいっぱい作らないといけなくなりがち

--
2.対処法

A1.舞台をPLの知っている現代日本とか、学園物とか、働いてる職場の話とかにする。そのまま使うのは芸がないので多少デフォルメなどすると良い。

A2.厚顔無恥になれ(笑

A3.以下参照
 ・閉鎖空間を使う
  再利用できないのがデメリット
 ・自分の知っている現実の町などを使う
 ・学園物にする
  「放課後怪奇クラブ」
 ・モデル都市を作成して使いまわす
  「アーカムのすべて」
  「月夜埜綺譚

--
3.自分の場合
 自分の場合は

・自分の知っている現実の町などを使う

というのにためらいがなくなってきたというのと

・作品として昇華できれば瑣末な背景設定など丸め込むことができる

というところで吹っ切れたおかげかなあと思っている。

 自信を持って最終的なネタを投入できるときというのはPLのくだらない瑣末な指摘など笑ってやり過ごせるものであるw。
[PR]
by namizusi | 2005-01-18 12:43 | TRPG


<< 聞き上手のGMは欲しいが、話し... C#とJ2SE5.0とか >>