しばらく休眠

 モンスターハンターGにどっぷりなのとクトゥルフ神話TRPGの準備で忙しくなってきたのでしばらく論考(というかただの日記だw)は休止します。ごきげんよう。クトゥルフは実は複数の場所で募集してましたが「何か集まりそうもないな~」と思ってたところまで卓が成立しちゃいまして(^^;、ちょっと大変になりそう。使うシナリオは同じですけど同じシナリオをいろんなところでプレイするのはためになるし面白いです。1回で使い捨てなんてもったいなさ過ぎます。ぜひ、同じシナリオでも少なくとも2回以上出来るような環境を作れるといいと思います。

 何はともあれ、個人的に、年末~1月半ばくらいまでの考察で自分にとってTRPGとは何ものであるか?という懸念がすっかりきれいにまとまったのは自己満足だが良かったです。これでまあ後はプレイに専念できるというものですね。書きたいことは今もたくさん思い付いて時間があれば書いてみたいのですが、まあまた暇になって他にすることがなくなったら書くことにしようかと思います。

 書きかけだった会話術の話は、「しゃべる」方はGM自身に膨大な量の語彙と豊富な人生経験などが求められたりして一朝一夕に上達しづらいのですけど、「聞く」方は純粋にテクニックのみでシステマチックに管理するだけでうまくセッションが回るようになるので、即戦力で役に立つ知識(技術)だと思っています。大体TRPGをやる人間なんて下は中学生くらいからだったりするのでそもそも「社会人としての常識的会話」すらまともに身に付けてないなんてことは良くあることなのです。いや、僕もいまだにまともにしゃべれる気がしないのだけど(^^;。なので、そういうしゃべることを技術として意識もしてないしゃべりの拙い人間に対しての技術論じゃないと役に立たないんじゃないかなあと思って底辺の人向けに書いているつもりでした。底辺過ぎて役に立ってないかも知れませんが(^^;。

 マスタリングも、一番プレイングがうまくスムーズに行かない底辺の人を何とか持ち上げようと考えながらやると、

「慣れたうまい人だけが活躍してあとは見学してるだけのセッション」



「全員がそれなりに活躍できてそれぞれ自分なりの達成感のあるセッション」

に変わるのが僕にとってはとても重要なことだと思っています。何かこう、昔からそういうのが好きというか人生観というかそんな感じなのです。うまい奴なんてほっといてもうまくやるからほっときゃいいんだよ、といつも思います。そういう人相手にマスターしてるとスムーズに進んで楽だけどあえて茨の道を選びたいというかw。

 それからあまり関係ないですが、

「すべての人と親しく公平に接するには、すべての人と距離を置いてほどほどに親しくなっておくのがいい」

というのも僕の人生観というかGM観に繋がってるかな。見てるといつでもどこでも偏見や妙ないざこざがあって、なんでいっしょにみんなうまくやってけないんだろうと思うんですが、全体をうまく回すには結局距離を置いて全体を見て、こぼれそうな人をうまくフォローしてまとめてあげると全体としてうまくいくようになるという、そういうのが好きだというそんなのがあります。

 う~む。
 それではまた。
[PR]
by namizusi | 2005-01-26 20:34 | TRPG


<< 2バサでドカーン シャキーン! >>