双剣の戦い方(4)

 大剣の戦い方の基本は

「ダッシュ縦切りに始まり、ダッシュ縦切りに終わる」

という感じなのですが、双剣の場合は自己流ですけど

「乱舞に始まり乱舞に終わる」

というハイリスク・ハイリターンな戦い方をしています。ひとつ間違うと即死ですが、うまく立ち回れば絶大な破壊力があります。やっぱりちまちまいったんじゃ「ガードのできない弱い片手剣」になっちゃうんで、乱舞命で超特攻型で戦うのが気持ちいい!とは言うものの本当に特攻して死んじゃったら稼ぎにならないので、

「少しでも長く生き延びつつ乱舞で大ダメージを与えよう」

という方針での戦い方を解説していきます。

--
<飛竜への接近の仕方>
1.ダッシュ斬り払い→キャンセル鬼人化→乱舞
 一番スタンダードな接近方法。攻撃→攻撃でほとんど隙なく乱舞に入れるのが利点。運がいいと最初の切り払いでひるんでくれたり転倒してくれる。切れ味が落ちてきたり飛竜が特に硬い場合は最初の「切り払い」がはじかれて隙ができるので要注意。あと、味方の攻撃が当たって止まっちゃうこともあるのでみんながラッシュしてるときは注意。

2.ダッシュ→鬼人化→乱舞
 切れ味が落ちたり、硬い飛竜の場合は最初の切り払いはやめて、単純にもぐりこんで鬼人化乱舞する。

3.鬼人化→歩いてもぐりこむ→乱舞
 鬼人化によるスーパーアーマー化の効果を利用する。みんながラッシュしてるときや、飛竜がホバリングして風圧が発生しているときに有効。

--
<接近のタイミング>
1.ホバリングの着地
 真下が隙だらけなので鬼人化してもぐりこむことができる。着地直後に突進などの攻撃が来るので深追いは禁物。

2.ダッシュスライディング直後
 飛竜がダッシュスライディングした直後に腹の下にもぐりこむ。飛竜が振り向いて次のアクションをするまで隙がある。

3.特定の攻撃アクションの直後
 ディアブロスが尻尾を振った直後とか、他の飛竜でブレスを吐いた直後などの大きな隙の間に足元にもぐりこんで乱舞する。

--
<もぐりこむ位置>
 比較的安全な位置というものがある。

1.両足の間
 一番安全である…が、飛竜のサイズが小さい場合には足がかすりまくって見る見るライフが削られる。飛竜のサイズと残りライフをよく見て臨機応変に対処すること。

2.足の斜め後ろ
 飛竜の旋回攻撃の回転方向によって変わるが、例えばグラビモスの場合は時計回りに回るので、右斜め後ろに陣取ると旋回攻撃が当たらない。グラビモスが前方にダッシュしたときも大丈夫だし、タックルしてきたときも実は足のちょっと後ろは安全地帯で攻撃が当たらないので大丈夫である。微妙に位置を間違えると「見えない尻尾」の当たり判定を食らって飛ばされるので注意。最悪追い討ち突進で死亡できるw。

3.両足のちょっと前
 旋回攻撃を始めると足に当たって飛ばされる危険があるが、「回転と同じ方向に歩いて逃げれば」尻尾の当たり判定もないので比較的安全である。前方に突進が来たときはどうしようもないので、察知できたら飛竜の尻尾の方向に逃げること。

4.尻尾の先の辺
 尻尾が斬りやすい飛竜の場合尻尾斬りのためにもぐりこむことがある

5.頭の斜め前
 リオレウス・リオレイアなどの頭の位置の低い飛竜の場合は頭の下にもぐりこんで乱舞する。ひるませて動きを止めることが可能


今回はこれまで。
次回はピンチになったときの細かいテクニックについて解説する。

んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-11 18:57 | モンスターハンター


<< 「コーラス」 ぼちぼち >>