クトゥルフ神話TRPG「異邦の騎士」無事終了

 先週末に無事終わらせることができました。
 どうもありがとうございましたm(_^_)m>参加者諸氏

 今度のシナリオは基本的に一本道シナリオで、「何をやるべきか?」はすぐにPLにわかるようにしてあって、ただそれぞれの場面で問題をいかにして解決するか?をミニゲーム的に考えるようなシナリオでした。で、考えるスタンスとしては

1.PCとして論理的に問題解決方法を考える(パズルっぽい感じ)
2.PLとして「どう話を落としたら面白いか?」を考える(発想のゲーム)

というのを織り交ぜて、今回は2の方を割と主体でプレイ。んで、「どう話を落としたら面白いか?」を考えるには話の背景設定をPLが理解している必要があって、かつ今度のは原作ありシナリオなので、「原作ではどういう話だったんだよ」というのを随所で解説する必要があって、なんかGM側から“おはなし”を語って聞かせる部分の多いセッションになりました。個人的にはあんまり好きなスタイルじゃないんだけど…しょうがない。

 プレイヤーの方は“おはなし”も結構楽しんでくれたようで良かったです。しかし、かなり繊細なネタなので内輪なメンバーでないとやりづらいのう。もうちょっとPLの介入の余地を入れて“堅い”シナリオにしたいのだが。

 最近ストーリー志向な“なるい”シナリオばかりプレイしてきたのでたまには硬派なバリバリロジカル謎解きシナリオをやりたいかな~と思ったのだが、聞いてみたところ「謎解きは苦手」だそうで(^^;。難易度を下げて閉鎖空間パニックものとかにすれば行けるかのう?謎解かなくても決着つくし。…ということで次のシナリオ考え中です。

 僕的には「クトゥルフ」と言ったら「現代ファンタジー」をやるか「本格ミステリ」をやる以外に価値ないんで。本質的に「現代ファンタジー」と「本格ミステリ」って同じものなので、結局やってることは同じなんですけど。

 んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-18 12:35 | TRPG


<< 今日もぼちぼち 「諸王の冠」 >>