昇進話

 なんか会社の体制を変える関係で昇進話というものがきた。おおおお。
 が、あまりメリットもなさげでびみょー。正直今のままのが給料が良いのでは?と思ったので分析してみる。

1)金銭面
・昇進した場合
 普段の給料:びみょー。というか下がる
 ボーナス:多少色が付くそうだが例年の「実績にかんがみて色をつける」のとほとんど大差ないと思われる。結局+はなし。
 退職金:これは上がりそう。やめるつもりなら昇進しておくべきであるが、びみょー。
 将来性:小さい会社なのでしょうがないと思うが、マネージメント系の昇進経路しかない。個人的な希望としては技術系に行きたいのだが。よって、マネージメント系もちょっとはかじっておきたいかなあと思うのでやってみてもいいんだけどそれ以上出世していく気はまったくない。しかし出世していかないと給料も上がらないしメリットがほとんどない。

・昇進しなかった場合
 普段の給料:体制改定で手当てが増えて上がる。
 ボーナス:ふつー。
 退職金:そこそこ。もらえるはずではあるが。
 将来性:なし。技術職の評価はないそうなので、資格を取って資格手当てをもらうしかないですなあ。技術面の能力評価を査定してくれる会社に将来転職する計画で(びみょー)。

2)責任とか
 昇進すると部下の面倒を見ることになるので面倒ではある。客先常駐なので客先の上司に従うのが優先になって、結局昇格したからって何も変わらないと思われる。…が、将来的にはチーム単位でリーダーを付けて外の会社に常駐、という体制を作りたいのかも知れんがしんどいのう。

 こんな感じ。今の会社にいても僕自身の将来性はないように思えるので機会が来たら転職を考えるべきっぽい。資格は最低限は取っておくべきじゃのう。転職するのに問題なのは今の年齢だな(しくしく)。

 うーむ。
[PR]
by namizusi | 2005-05-25 12:45 | 雑感


<< むかむか リプレイ「時の終わりの時に」そ... >>