ミリオンダラー・ベイビー

 観ました。良かったです。
 アカデミーでスポーツもの映画が受賞するなんて珍しいなあ、と思ってたら実は「***もの」映画だったというw(観て確かめてくださいな)。

 しかし、日本にとってはわりとタイムリーなネタだと思うのですが、日本よりはるかに進んでるはずのアメリカで今さらこんなネタが注目されるというのは、やはり宗教的事情でタブー視されててこれまで大っぴらに表現されることが許されなかった(遠慮があった?)、ということなんですかね。うむ。

 登場人物は、女ボクサーの人もイーストウッドもモーガンフリーマンも良かったけど、個人的お気に入りは「ハートはあるがものにならないへなちょこボクサー」君とそのエピソードかな。良い「隠し味」で、うまくバランスを取って展開にふくらみを持たせてます。いい脚本だな~。

 んでわまた。
[PR]
by namizusi | 2005-05-29 22:57 | ストーリーメディア


<< 「ネタ」を基点にしたシナリオ作... エマ >>