ALWAYS三丁目の夕日

 http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=322281

何か評判がいいようなので観てきました。端的にいうと

「ノスタルジー」

ですかね。昭和30年代の敗戦間際の復興期の日本のとある街角の情景をCG等を駆使してほぼ完璧に再現し、当時の感覚の人情もの話をするという。映像の方は「そこまでよく再現したな~」という感じですごかったです。話の方も「二昔前くらいはこんな感覚の話が主流だったよなあ~」という感じでなかなか良かったです。

吉岡秀隆がなかなかいい演技していました。薬師丸ひろ子は久しぶりに見た。すっかりおばさんになって…。気になったのは汽車が速すぎるんじゃない?というのと盛りだくさんにいろいろ詰め込みすぎてちょっとバタバタしてたかなあというくらいか。

良い映画でした。
んでは
[PR]
by namizusi | 2005-11-13 13:17 | ストーリーメディア


<< 「使える!確率的思考」 同じ月を見ている >>