マンガでわかる小説入門

 http://www.m-sugaya.com/novel/

 ネットで感想見て面白そうだったので早速読んでみました。
 すがやみつるって“あの”「ゲームセンターあらし」のすがやみつるだったんですね。びっくり。昔は平安京エイリアンで「炎のコマ~」とかやって筐体を壊していました(嘘)。

 内容はすでに書いている人向けくらいのレベルの内容で、そういう人が読むと非常に参考になると思われます。話のメインで「視点」の話が重点的に書かれてるのですが、この辺が非常に参考になりました。作者の視点と登場人物の視点が混じるなんて気がつかねーよ(違和感は覚えるけど)、とか思いつつ。特に「叙述ミステリ」「本格ミステリ」は「視点」を完璧に設定して書かないと、そもそも作品として成立しないので(トラベルミステリで電車がダイヤ通りに動いてくれないとトリックが成立しないのと同じ)とても重要ですな~。

 僕自身は、こういう説明文と小説の文章って書き方が全然違ってて、そもそも書いてないので全然書けないのですが、昔ちょろっと書いてみたときは

「こんなしんどい書き方で何百枚も書くの?やってらんね~」

という感じであっさり挫折しました(^^;。なので小説を書ける人はまじめに尊敬してます。がんばってください。

んでわ
[PR]
by namizusi | 2005-11-17 12:54 | ストーリーメディア


<< ストーリー的面白さ(1) セッションと報酬 >>