「実はそこにいた」くらいは余裕でOKにされたい(笑)

 何か微妙に突っ込みどころのある怪しげな記事を書くと途端にアクセスが増えて面白いですが、

 ブルース・リーは超絶メタプレイヤーだった!?

 いっそのこと全部マスターシーンにして、好きに突っ込むシナリオでも作ったら気持ち良かろうと思ったのだが(笑)。個人的にはこれくらいの突込みが常識的にプレイできる環境になると楽しそうだと思うねえ。ギャグっぽい方向で。最近はわりとまともでシリアスなシステムが多くて、メタな視点が最も生きると思うギャグ路線なシステムがいまいち見当たらないのがネックだとは思います。サヴェッジ・サイエンスくらい?

--
 最近はシナリオ「サマータイム」をちまちまと書いてるのですが、展開の誘導がどうしようもなくメタで困ってます(笑)。あと、シーン制っぽく導入条件終了条件シーンプレイヤーなど決めてみたり。プレイする視点が微妙に変わって書き方が根本的に変わってくるのが面白いですな。

 あと、シーンに合わせて「セリフ」も書いてるんですけど、セリフの断片を書いて見せること自体は昔からやっていましたが、今回は実際に自分がしゃべるとしたらここでセリフやナレーションを切ってPLに合いの手を入れさせ、そのあと話を続ける…というリズムがわかるような書き方を目指してみたのでシナリオのボリュームが増える増える。で、まだまだ4分の1も終わってません。ん~。

 頭の中では「これとこのネタがこう繋がってこんな感じにひねりが来てこう落ちるだろう~」とか、ちょちょっと考えて作っただけのシナリオのつもりで、すぐ書き終わると思ってたのですが、テキストに落すと膨大な量の情報がどんどん出てきて大変です。こんなにいろんなことを俺は考えていたのか。アホだな。とか自虐的に思いつつ。

 んでわ
[PR]
by namizusi | 2006-01-16 02:03 | TRPG


<< 【ツキカミ】懸案事項 「メタ視点」にまつわるぐだぐだ話 >>