セントラル・ステーション

 セントラル・ステーション

 NHK衛星第2の解説で面白そうだったのでなんとなく見ました。ブラジルを舞台に老女と少年が旅をするというロードムービーで、老女が代書士(字が書けない人が多いので代わりに手紙を書く仕事)をやっているのですが、彼女に仕事を依頼にやってくる人々というのが実は役者でも何でもない本当の素人の人の映像をそのまま使ってるそうでなかなか面白い映画でした。

 話自体も地味だけどいい話で、少年実にいい演技をしてましたな。老女のとことんまで徹底した性根の悪さも笑えましたが。

 最後に、老女が少年を家族の元に届けて旅の途中で買ったドレスを着て化粧もし、胸を張って颯爽と去っていく姿が実にさわやかでかっこ良かったですかね。

 そんな感じの心温まる映画でした。
 んでは
[PR]
by namizusi | 2006-05-09 18:02 | ストーリーメディア


<< また徹夜 息切れ >>