初心者のための太刀太刀(2)

 初心者向け太刀の使い方第2回です。

1.基本連係
<1>縦縦:抜刀縦or踏み込み縦→縦斬り(→斬り戻しor突きなど)「↑↑」
 縦切り2連。1チャンスでなるべくダメージの大きい一撃を入れたい、というときに使います。
 2発とも入れれば大剣の抜刀切りよりダメージが大きくなります。2発入れたあとは緊急回避で逃げるとか、斬り戻しでもう1発入れて逃げるとか、そのままラッシュで→突き→切り上げ→縦切り…とか、選択肢はいろいろあります。その辺は状況を見て。
 入れるチャンスとしては

・尻尾斬り
・ブレス後の頭斬り
・フライング中のクシャルダオラを斬る

などなど。ちなみに抜刀中におもむろに↑斬りを出すと踏み込み斬りになります。縦斬り系攻撃はゲージがたまりやすいのでチャンスがあれば積極的に入れるがよろし。

<2>突き・引き:突き→(切り上げ→)斬り戻し「R3↓」
 太刀の真骨頂のひとつと言っていい連携です。

 なにしろ「突き」のリーチが長くて「こんなに離れてても届くの!?」という間合いでも結構当たるのがポイントです。その代わりダメージはしょぼいですけど^^;。斬り戻しも意外とリーチが長くて突きが届けば大体斬り戻しも当たります。
 具体的にどういうところで使えるかというと、

・尻尾を切ったあとの尻尾旋回中のレウスレイアの足をチクチク攻撃しつつノーダメージでかわして逃げてくることができる

という感覚ですかね。黒紅龍戦なんかだと適当なタイミングで尻尾か脚に届きそうだなと思ったらおもむろに突き→斬り戻しを出すと大体当たります(そして自分はノーダメージ)。この攻撃で重要なのは他の武器では攻撃しづらいタイミングでもチクチク攻撃できるということ。そして2発目の斬り戻しがダメージが高く、ゲージもたまりやすいので斬り戻しを当てるのもポイントです。

 この連携があるがために太刀は他の武器とは違う独特のリズムで戦えるようになります。例えば黒紅龍戦で近接戦闘をする場合

・方向転換1回目
 →方向転換2回目
 →右足踏み出しメテオ
 →右足に張り付いてラッシュを入れる

というのが基本的なダメージの入れ方になりますが、太刀の場合には

・方向転換1回目
 →右足に突き→斬り戻し
 →方向転換2回目
 →右足踏み出しメテオ
 →踏み込み縦→縦→突き→斬り戻し

という感じに攻撃チャンスが2回に増えるわけですな。

<3>無限3段:突き→切り上げ→縦斬り×∞「R3↑↑」
 突き→切り上げ→縦斬りという連携は好きなだけつなげ続けることができます。で、攻撃範囲も狭くて人に迷惑をかけないので、飛竜を麻痺らせてみんなでラッシュ!というときにはこれをひたすら入れる続けつつゲージをためるのがお得。

<4>気刃連撃:気刃1→気刃2→気刃3「R1R1R1」
 お手軽強力連携技。太刀の必殺技みたいなものです。きちんとやるなら

・気刃1→突き→気刃2→突き→気刃3

というところまでできるのですが、ここまで入れる長い隙があるのか!?という問題と、間に入れる突き攻撃が切れ味が悪いとはじかれて中断してしまうというリスクがあります。ゲージのたまった気刃斬りはどんなに固い相手でも攻撃がはじかれない(はじかれモーションが出ない)のがポイント。で、この連携を入れればほぼ確実にモンスターがひるみor転倒してくれるのも大きいです。

 攻撃範囲が広くて味方を巻き込みやすいですが、それ以上の威力のある連携なのでごめんなさいと言いつつもバリバリ使いましょう。

とりあえず太刀を使う上で最低限覚えておきたい連携は以上4つですかね。これさえ覚えておけば普通に戦う分には十分です。

<おまけ5>気刃→斬り戻し
 気刃斬りはダメージが大きい代わりに攻撃範囲が広いのがネックですが、状況によってはそれがメリットとなることがあります。使える状況としては

・ヤマツカミの触手を斬る
・虫を叩き落とす(特に大雷光蟲)

など。たまに使うと便利です。


以上。
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-05-11 12:53 | モンスターハンター


<< 初心者のための太刀太刀(3) 【ツキカミ】プレイヤー経験点の使い方 >>