見えない人影 (Tokuma novels 各務原氏の逆説):(・_・)

見えない人影 (Tokuma novels 各務原氏の逆説)

暇つぶし本。最近のミステリ作家でガチガチの本格派というと有栖川有栖か、この氷川透あたりになると思われる。メインプロットは相変わらずガチで、もうまるっきり、おどろおどろしい舞台設定とか驚愕のトリックとか予想外の犯人とか、そういう要素は捨て去って、純粋にフーダニット(犯人当て)にポイントを絞った作品になっていて、そういうのが好きな人には良いようななんと言うか。

「各務原氏」が出てくるシリーズは学園者でライトのベル傾向の書き方をしているので、こういうのを見ると普通の学園物の甘っちょろい本をきっちり読んでスッキリしたいなあとか実に思うのだが。ミステリの約束で、序盤の背景設定が必ず壊されて最終的に立ち位置が変わってしまうというところがあるので、学園もので続き物でミステリやるのは難しいなあと。

そんな感じで。
んじゃ
[PR]
by namizusi | 2006-07-17 15:48 | ストーリーメディア


<< TRPGにおける愚行権:(^_^) 旅(2):(・_・) >>