コープスブライド&キンキーブーツ:(^_^)

観ました。

ティム・バートンのコープスブライド
キンキーブーツ



・コープスブライド
 キャラクターは非常に良い。世界観もダークで楽しい。ストーリーもほろりと来る味わい深いもの。……で、非常に完成度が高いしセンスも素晴らしいのですが、やっぱり77分というのはちょっと物足りないですかね。ものすごく手間隙かかってるのはわかるのですが(撮影に10年かかったとか)。
 でもまあ、「デジモンアドベンチャー~僕らのウォーゲーム~」のアニメが41分でものすごい盛り上がりを見せるのと比較すると、盛り上げが甘いというか、ほどほどの盛り上げで味わい深く収めたというかそんな感じですかね。

・キンキーブーツ
 最近流行というか、イギリスの不況乗り越えシリーズその3?今回は昔ながらの靴工場が、不況を乗り越えるためニッチなジャンルの新規製品を開発しようということで「キンキーブーツ」(ドラッグクイーンご用達のセクシーブーツ:男性(ゲイ)でも履ける丈夫なもの)に着手するという話です。ニッチなジャンル~と言ってセクシャルな産業に走るのが笑えます。「フルモンティ」では男のヌードダンサーに走りましたな^^;。

 主要人物が男&女&ゲイという構図で、最近こういう構図の作品が多くなってきている気がします。時流というものでしょうか。

・気が弱そうに見えるがいざというときには果断に行動し、社員に対する深い思いやりのある若手社長
・斬新な意見を言って彼に助言するいったんは首にされた女従業員
・黒人でゲイで元ボクサーで、靴のデザインもする歌のうまいドラッグクイーン

の3者がどれも魅力的で見てて楽しいです。

 話の展開もパターンどおりですが途中の1つ1つのエピソードが心にしみるいい話でジーンと来ますね。


そんな感じでいい映画でした。
んじゃ
[PR]
by namizusi | 2006-09-11 10:33 | ストーリーメディア


<< 旅に出る:(・_・) シティーアドベンチャーもしくは... >>