最近読んだのとか:(・_・)

仕事が忙しかったり私事が忙しかったりでなかなか見れてませんが。





・バタフライ・エフェクト
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id321766/

「時をかける少女」と同じく時間ネタ。対象年齢がちょっと上ですかね。
終わりは結構切なくて泣ける映画なのでしょうが、どうにもアメリカ人的恋愛描写って軽く見えてしまって今ひとつ盛り上がりに欠ける感じでした。脳内変換して盛り上げれば筋はしっかりしてるのでいい話なのですが。

時間ネタ、記憶喪失ネタ、夢ネタはプロット的に凝ったことがいろいろできて面白いんですけど、昨年はそれ系の映画が多かったような。

・栗林忠道
http://www.bk1.co.jp/product/2733043

 クリント=イーストウッドの「硫黄島からの手紙」の余波で。映画が結構ちゃんと史実を検証して作ってるのがわかります。しかしアメリカの軍隊の攻め方って、

・当時
 爆撃&艦砲射撃で敵の拠点を根絶やし
 →頃合を見て地上戦部隊を投入

・今
 ミサイル爆撃で敵の拠点を根絶やし
 →頃合を見て地上戦部隊を投入

と、ばかの一つ覚えのように何も変わってませんな^^;。
そして地上戦に入ったところで地下壕に隠れた敵戦力と泥沼の戦闘になり、最後は国内の世論に負けて撤退すると。
迎え撃つ側はどこまで粘れるかが勝負と。リアルタイムに同じパターンが繰り返され中。

恐ろしいのは、いつ業を煮やして「化学兵器を使う」とか言い出すかですな~。くわばらくわばら。

・島田荘司のミステリー教室
http://www.bk1.co.jp/product/2748893
 読みかけ。
 占星術殺人事件で有名で、金田一少年の事件簿でもろぱくられで有名?な人です。
 人物描写が読んでて厳しい~^^;ので、ドキュメントとか解説本が向いてるんじゃないかと思うのですが、物を書こうとする人には非常に実践的で明確に各種テクニックが語られていて(基本的なところから)大変勉強になりますな。

・夜は短し歩けよ乙女
http://www.bk1.co.jp/product/2734836
 読みかけ。文章が酔っ払ってるというか、大学生頃の異様なハイテンションと馬鹿な展開が相変わらずです。そうそう、あんな感じだったよ。あそこまでは行かんが。。しかしそろそろ芸風の限界が見えてきたような……。今後の展開としては「きつねのはなし」のストイックな方向のが面白げかものう。


そんな感じで。
[PR]
by namizusi | 2007-02-02 12:48 | ストーリーメディア


<< 世界最速のインディアン:(^_^) プレイヤーシーンの考え方(2)... >>