何度もやるシステムと、たまに1回やるシステム:(・_・)

最近思うのはシステムとかシナリオとかセッションの方向性で、何度も何度もお手軽にサルのようにプレイする方向性と(多い場合は毎日セッションするくらいの勢い)、1回1回をすごく深く濃く遊ぼうとするという2つの方向性があって、システムによってどちらに偏って志向しているかという傾向があるなあという。



例えば深淵の場合、せいぜい年に数回(1回でも十分)プレイできればそれで満足かなあという一方、ARAなんかは適当に敵を出して毎日毎日戦ってても遊べそう、とかそんな感じ。

で、僕自身の嗜好として最近はもうそんなに頻繁にTRPGしたいとは思ってないので、そうすると1回1回のセッションが重くなるシステムの方がありがたいかなあと。で、1回1回のセッションをより深くするために1シナリオ1シナリオを深く考えて作りたいとか、定番どおりのパターン化した話を考えてもつまんねーとかそういうことを思うのだが、何度も何度も頻繁にセッションをやりたい人にとっては、多少品質が落ちても安定してある程度の満足度の得られるセッションがしたいとか、あんまりやってるとネタが尽きてくるのでむしろパターン化してくれると助かるとか、そんな具合に求めるところに差異が発生してくるように感じる。

最近は昔ほどTRPGにかけるエネルギーが多くなくなって「たまにやれればいいや」という感じなので、その代わり1回1回のセッションは深く濃く、ほかでは得がたい独創的で一生残るようなセッションをやりたいと思ってますが、一緒に参加してるほかの人はそんなことを考えてないだろうね、とか思いつつ。

まあ、その日のセッションが楽しくなればどちらでもどーでもいいのですが。どっちかじゃないとだめ、と言われると辛いところですな。
[PR]
by namizusi | 2007-03-02 22:54 | TRPG


<< ギター笛ゲト~(^_^) これ:(・_・) >>