秒速5センチメートル:(・_・)

やっと地元で公開されたので観てきました。

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id326527/

うーむ。



正直僕はだめでした^^;。好きな人は申し訳ない。

映像は評判どおりとても綺麗で、話も切なくて共感できる話だったんですけど、なんつーかわかりすぎて逆に駄目って感じですかね。わかるけどエンターテインメントとして面白いかっつーと疑問。

3つの話のうちの最後の「秒速5センチメートル」の中で10年前のヒット曲が流れて走馬灯のように過去の思い出の映像が通り過ぎていってそこが白眉だと思うんですが、

・ええ~、この演歌みたいにべたべたで超だっせー曲で感激する人って40~50~のじじいどもだけだろ?

……としみじみ感じてしまいました。好きな人はほんとに申し訳ない。
曲の印象が最悪だったので、あれですべて台無しになってしまったというか。

エンターテインメントの表現で「チラリズム」とか「奥ゆかしさ」とかいう、物事をはっきり見せずに想像させることでより作品と昇華されるという手法があるのですが、曲の印象が最悪で、切ない切ないと何のひねりもなくただひたすら叫びまくって垂れ流してるだけに見えてしまいました。

まあ、微妙なラインですが、少女漫画とかで作者の自己中的イマジネーションの世界に溺れて読めねー/深い心理描写が面白い……という境目があるのですが、僕の感覚だとぎりぎり「読めねー」方に傾いてしまったというか。

まあ、あの辺の曲が好きで思い入れがあるとか、多少ナルシスティックな表現でも耐性があるという人であればOKじゃないかと思います。できは良いです、素晴らしいです。


これだけけなして予防しとけば良い印象で見れますかね?(笑)
ちなみに僕の曲の感覚って全然人と違うみたいなんで、あてにしないように。ポピュラーなんてさっぱりわからん人ですから。

それでは

--
<補足>
 ネットの感想を見たりよく考えてみたんですが、この作品って視聴者の心象によってエンドがハッピーエンドにもサッドエンドにもどちらにでも見えるように巧妙に仕組まれてる?みたいですな。
 これを計算してやってたとしたらすげー!天才だー!と思いつつ。
 でもやっぱりあの曲は嫌(笑)

んじゃ
[PR]
by namizusi | 2007-03-24 18:06 | ストーリーメディア


<< ゼーガペイン:(^_^) おしごとマジカ!:(^_^) >>