天羅WAR:(・_・)

購入。
SRSベースの初の作品ということで、かつてのコテコテバランスがすぐ崩壊するシステムだったのが、シンプルで軽量なシステムになりました。

今までの諸作の集大成のような、いいとこ取りって感じですな。
なかなか良いです。

以下、例によって辛口感想。
添付シナリオのネタばれしてるので要注意。



1.ゴールデンルール大幅改善
 ゴールデンルールがかつてないくらい革新的に改善されてます。よかったよかった。

1)「公平さ」の明記
 明記されました。ここが重要。

2)「ルールの決定」権限の縮小
 以前は拡大解釈すると「GMは全部のルールを無視した超法規的措置で全く別ルールにしてしまってもOK?」というくらいのひどいものでしたが(おかげでどれだけ惨事が起きたことか)、範囲が以下に限定されました。

・状況がルールに存在しない場合
・状況はルールに存在するが、そのとおりにすべきか微妙な場合(リアリティとか、物語的要請で問題があったときなんかですかね)

まあ、こんなの当たり前だよね?

--
2.因縁とクラスの分離
 以前は因縁とクラスがセットになっていて、それが独特のコテコテ感をかもし出していたのですが、分離されました。良いとも悪いとも。

--
3.因縁の成長の是非をGMが裁定するようになった
 天羅に戻ったというか。天羅零最大の改悪点と目されたポイントが改善されました。めでたい。

--
4.業システム
 カオスフレアみたいなトランプカード方式に。そしてDXのような因縁が上がる~強くなる~修羅化~人に戻れる?というルールに変更?変更じゃないかw。前のぶっ壊れた因縁昇華バランスが、多少ポイントが辛くなってゲームできるバランスになったかな?という。

 僕がこの手のシステムをマスターするときはPLが毎回毎回良いプレイばかりしてくれるおかげで、チットを投げて投げて投げまくるんで、それでもある程度ゲーム的にスリリングに遊べるとかなり嬉しい。

--
5.イラスト
 天羅シリーズというと、作者の妄想爆裂しまくりのド迫力なイラストがいい感じだったのですが、今回は使いまわし多しでおとなしめでした。ちと残念。そのうちどこかではじけるのかもしれませんが……。全体的に悪くないと思うのですが、添付シナリオのイラストが酷いなあ^^;。ここだけ何とかしてほしい。

--
6.添付シナリオ
 イラストがここだけ酷いですが^^;、内容は結構面白いです。フレーバー?としてPC間対決をするという。お子様PLとか第一世代期の(物理的)MyPC勝利至上主義のウォーモンガーPL相手だとつらいシナリオですな(笑)。

 最後のお姫様を犠牲にするかどうかの葛藤は、犠牲にしたらラスボス戦省略した方がいいような。あるいはPC同士決戦にもつれ込むとか、ラスボスをお姫様にするとかのが面白げでは。

 スケープゴートラスボス提示の芸風は相変わらずですねえ。

--
7.因縁(ライフパス)
 結構良い感じでPC同士の対決も扱えるようになったみたいなので、最近やってるスタイルができるかな?と、因縁をチェックしてみたのだが、「俺が!俺が!」系の因縁ばかりでちとげんなり。まだまだ一歩足りないかのう(まあ、僕の嗜好が偏っているという話もある)。

 個人的に面白いなあと思ったのは【対象への忘却】。これはちょっと料理しがいがあるかも。


こんな感じで。結構いいと思います。
1回くらいマスターしてみたいかな?

んでは
[PR]
by namizusi | 2007-04-03 00:27 | TRPG


<< マトリックス:(・_・) 擬似クライマックスの手法:(・_・) >>