ツォツィ:(^_^)

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id326859/

観ました。良かった。
去年ゲド戦記とかいうタイトルの変なアニメ映画がどっかで放映されましたが、この映画のタイトルを「(現代版)ゲド戦記」と付け直して放映されたらすごく納得したように思います。いい映画だった。



脚本がとてもしっかりしていて、1個1個の伏線がきっちり回収されていくので観ていてとても気持ちいいです。
映像的にも綺麗だし、音楽もそれなりに面白いし、あと表現がわりと文学的多義的で深い味わいがあります。
主人公の「目の演技」もとても良かった。

こういうのを見るとTRPGER的にはサタスペとかやりたくなるんですかね。SRでもいいかも。
まあ、TRPGでPCとして悪人をプレイするのは結構難しいんですけど。
昔R&Rに掲載されたRtoLのシナリオでそんなのがあって、イメージストーリーがとても良かったんですけど、実際にプレイしてみたら大惨事になったとかいう噂が(笑)。

個人的擬似体験主義的には、

1)前編でPC&PLが悔しがって泣くほど酷い目に遭わせる
2)PC&PLが荒んでひどいことをやりだして落ち着いたところで赤ん坊を拾う

とかやるとナチュラルに荒んだプレイからの改心というのをプレイできますけど。
GMとして人として許される誘導かどうかは謎(笑)

もちろん、やるなら、ためらわず本気でやりますがね(邪


んでわ
[PR]
by namizusi | 2007-06-08 12:34 | ストーリーメディア


<< FEARゲームの功罪分析(1)... 書く予定まとめ:(・_・) >>