300:(^_^)

観ました。
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id327079/

戦闘シーンがバリ燃え!です。
ペルシャ軍との戦闘がめちゃ燃えます。
ペルシャ軍の繰り出す部隊が破天荒で面白すぎでわくわくしますな。
不死軍団、巨人、サイの騎兵、象の騎兵とか。
ペルシャの王もまあ、ステレオタイプ悪役と思って観ればいい悪役っぷりで燃えます。
奴隷を階段にして降りてくる、やりてーw。



ストーリー的には

・白人/マッチョ/自由主義/民主主義は善
・有色人種/奴隷制度/世界征服は悪

という記号をあらかじめ頭にインプットして「そういうものだ」と思って見れば

・大義のために戦う男たち!肉体は死すとも魂は死なず!

の精神の物語なので、なかなか熱く感動できます。ええ話や。
ただまあ日本だと「大義のために死ぬ」とか言うと拒否反応を呈する人がいるのがあれですが。

あと、イメージ的には

(「ブレイブハート」+「英雄」+「スパルタカス」+「硫黄島の手紙」)/4

て感じでしょう。わりと使い回しっぽいイメージがちらほら。

あと、やっぱり戦術的に遠距離射撃武器がものを言うのがわかります。
ペルシャは「英雄」の秦のように弓の強さで優勢を保ってたのがわかります。
んで、戦術的には

・弓をぶち込む→歩兵突撃

が、「硫黄島~」では

・艦砲射撃→上陸部隊

になり、近年は

・ミサイル爆撃→上陸部隊

になりましたな。将来的には

・衛星爆撃→上陸部隊

になるのやもw。

あとは、とにかくスパルタの兵士たちがみんな体格が素晴らしくて壮観です。マッチョの嵐(嫌ぁ)。あれは、参加メンバー全員ホントに2週間ほど鍛えてああいう身体を作ったそうです。最近はやりの51歳の黒人の人の体操ビデオがTVでしきりに宣伝されてますが、あれでホントに身体を鍛えたとか。

あと、戦闘シーンの槍の使い方とかもきちんと動きを付けてて、動きがリアルで迫力ありますな。盾&槍のスタイルだとそういう戦い方をするのかと。あと、スパルタの密集隊形の戦い方もわかります。かっちょいい~。ペルシャに滅ぼされた村で、物音がして一斉に振り向いて構える場面があるんですが、動きが全員びしっと揃ってて即座に姿勢を低くしつつ槍&盾を構えて、スゲーこういうのが訓練された部隊の動きかと。感動。


一応血しぶき飛びまくりなので、苦手な人は注意ですわ。
んでわ
[PR]
by namizusi | 2007-06-11 02:00 | ストーリーメディア


<< FEARゲームの功罪分析(2)... FEARゲームの功罪分析(1)... >>