FEARゲームの功罪分析(4):(・_・)

一応念のためシーンプレイヤーのルールを何ケースか調べてみました。
シーンプレイヤーってキャラクターのことだったんですね。何てわかりにくい(笑)。PCなのか、PLなのか誤解を受けそうなおかしな記述もいくつかありましたし。個人的には「そうだよなあ。キャラクターに『シーンプレイヤー』を付与すべきだよなあ」と納得しました。

さて、調べた結論から言うと、「でしゃばりPL対策」なんてことはDXとニルヴァーナ以外ほとんど意識していない。シーンPLがでしゃばりPL対策になっていると言っていた件の主張はDXに限っては正しい。それ以外では正しくない。というところでしょうか。



・ブレカナ(初版)
 公開年月日:1999/9/17
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに拒否権なし。

・ナイトウィザード
 公開年月日:2002/4/12
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:無
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLというものがない。基本的にオープニングだけシーンがかっちり決まってて、リサーチはアドリブでシーンをやる

・セブン=フォートレスバージョン3
 公開年月日:2002/12/4
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:無
 他のPCの登場拒否権:なし
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLというものがない。わりと普通にシーン制

・ダブルクロス(2版)
 公開年月日:2003/3/1
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM&シーンPL(強)
 シーン登場回数の制約:有(侵食率の増加)
 備考:シーンPLに明確な拒否権がある

・トーキョーN◎VA The Detonation
 公開年月日:2003/9/12
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM or シーンPL(弱) or ルール(コネor場所)
  正確には
  1)シーンPLが同行を許可するかどうか
  2)相手とコネを結ぶかどうか(〈コネ〉の登場判定)
  3)そのシーンの場所がルール的に登場可能かどうか(〈社会〉の登場判定)
  4)アドレス
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに弱い拒否権がある

・異能使い
 公開年月日:2003/7/30
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:特殊
 備考:シーンPLに拒否権なし。

・ニルヴァーナ
 公開年月日:2003/12/25
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM&シーンPL(弱)
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに弱い拒否権がある。登場判定がない

・スターレジェンド
 公開年月日:2004/5/6
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに拒否権なし。

・アリアンロッドRPG
 公開年月日:2004/5/25
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:無
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLというものがない。パーティー制

・ビーストバインドNT
 公開年月日:2004/10/5
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに拒否権なし。

・ブレカナ(2版)
 公開年月日:2006/4/14
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに拒否権なし。

・アルシャードガイアRPG
 公開年月日:2006/8/30
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:無
 備考:シーンPLに拒否権なし。

・天羅WAR
 公開年月日:2007/4/13
 シーン運営:有
 シーンプレイヤー:有
 他のPCの登場拒否権:GM
 シーン登場回数の制約:有
 備考:シーンPLに拒否権なし。


ブレカナ3、カオスフレア、ALFは未所持なので不明。
まあ、何で僕がこんなのを調査しなきゃならんのかさっぱりわかりませんが(笑)。以後データメンテしないのでよろしく。本筋としては、好きな人が自分の遊び方は楽しいんだよ、の主張のために自主的に作るべきでしょう。

--
でまあ、件の論というのは、
TRPGの中の、
 和製TRPGの中の、
  FEARゲームの中の、
   1システム
という極めて狭い領域でしか妥当でない話であったというところで、そういう極めて狭い領域でしか妥当でない話をすべてにおいて正しいかのように主張したがるのはTRPGゲーマーの性でしょうかね。

FEARゲームで「***なんじゃない」というとよく返ってくる典型的回答だとも思います。「***なんじゃない」と言った人はDX以外のシステムを遊んで文句を言ってる可能性が高いので、反論にも何にもなっていませんよね。


今回はこれまで。
またつづく
[PR]
by namizusi | 2007-06-16 14:12 | TRPG


<< 『GMさん、教えてください』 ... MHF購入!:(・へ・) >>