風の聖痕RPG基本ルールブック:(^_^)

購入。面白かったデス。
とても洗練されて、結局SRSってラスボスたたきのめしゲーなのね、というのが明らかに。



 暴力性を促進するとか誰か言わないのだろうか?とか、野暮なことを言ってみる(笑)。
 まあ、影響の大きさを言えばコンシューマのアクションゲーとかアクション系の漫画とかのがはるかに影響大なので、大勢としては微々たる物かなあと思うけど、実際にやるTRPGセッションって、やりすぎると洗脳効果があるんで、ある種の影響を受けやすい素直な人相手だとヤバヤバな気がしないでもない。そんなこと言ったらD&Dのがもっとひどいか?(笑)

以下、興味深かったポイント。

・コネクション
 コネクションを取ると絆判定が使えるようになる。取得したコネクション1つに付き1回、合計7回まで1セッションに絆判定をすることが出来る。絆判定をするとスーパーな特殊効果が付く。使うことによるデメリットはなし。
 ありがちなヒーローポイントシステムだがとても洗練されて使いやすい。気になるのは

・なぜコネクションがあると絆判定が使えるか

という理論だな。漫画的お約束で使えるのか、世界観的に特殊能力者であるPCはコネクションを絆判定に変換できるのか、説明がないので謎。説明してくれないとリアリティの表現でもにょる気が。とりあえず「そういうお約束なんです!」でごまかすがいいかも。

・ハンドアウト
 ハンドアウトはオプションルールであると明記されました。まあ、巻き込まれ型にしない限りは要らんかも。僕的には巻き込まれ型こそ要らんと思うけど(笑)。

・添付シナリオ
 ハンドアウトなしの依頼型になってます。ほうほう。
 あと、展開がこれまでのFEAR系システムの3部構成ではなく、起承転結になってます。興味深い。僕が起承転結パターンの話をここでしたのが2年半前ですが、やっと追い付いた?(笑)

http://simizuna.exblog.jp/1103829

そんな感じで。
総合的に見て洗練されてずいぶん遊びやすくなってると思います。
ルールもかなり軽量でいい感じかと。

んじゃ
[PR]
by namizusi | 2007-06-24 22:54 | TRPG


<< キサラギ:(^_^) 最近観たもの:(・_・) >>