人気ブログランキング |

アイデアを阻害しない方法(3):(・_・)

書きたいことはほぼすでに書いてしまったのでまとめのみを。



1)マインドマップの問題点と対策
 結局ネタをずらっと並べるだけなので、その中で何が重要なのかを抽出するのは当人のセンスに依存する。

 →ただし、複数人でマインドマップを元に意見を整理すれば、結局この辺にすべてが集約されるかのう?というのがまとめやすいと思われる。とりあえず、

問題を考えることによって考慮すべきこと

が、明確になっていることが議論をまとめる上で重要である。

--
2)最終的に言いたいこと
 アイデアを出すためには愚だ愚だ話し合う機会をどこでもいいので作ることが必要である。

 ハンドアウトありであっても、ハンドアウトの解釈は百人百様。正確に認識を合わせるにはそれなりに話し合う必要があるし、そういう過程でキャラクターに関する良いアイデアが出てくることはよくある。

 そういう機会を見逃すな。

 オンセやキャンペーンの場合はセッション外の準備の時間を大量に確保できるので、そういう機会を有効活用すると良いであろう。単発の場合は愚だ愚だする局面を事前にシミュレートで検出し、そこで十分話し合う時間を確保できるようスケジュールを立てると良いであろう。

 あと、意見を出すことに否定的な見解する人がいるとアイデアが限りなく出づらくなるので、そういう人が目に付いたら注意すると良いかも。それ以前に、自分がそんな人にならないように気を付けるべきであるかと。

 すごい私的な話になるが

「寒いギャグ」

というのもアイデアのうちだと思うのだが、精神的に青い年代の感覚だと冷遇されることも多いんだけれども、個人的には

「寒いギャグでも、アイデアも意見も何にもできない人に比べたら∞倍まし」

と思っている。
素晴らしい良いギャグが効果値10、いまいちなギャグが効果値1で10倍差があったとしても「何も言わない」のは常に効果値0であり、寒いギャグの足元にも及ばない味噌っかすである。

アイデアも同じようなものである。
マイナスはないのだ。(と思うことにする)

で、そんなしょっぱいアイデアでも皆で話し合って集めれば、
マインドマップに描かれる大きな樹が育つのだ。


というよくわからん言葉で本論を締めくくっておく。
おわり
by namizusi | 2008-03-27 12:41 | TRPG


<< おかしい:(・_・) TRPGの楽しさの三輪:(・_・) >>