近況:(・_・)

一応生きてます。多分。



・シルバーレインRPG購入
 世界観的に面白みが見当たらないが、システム的に面白そうだ。

--
・失われた時を求めて第2巻購入
 待望!?の第2巻発売ってか出るとは思わんかった。

--
・R&R
 ・「ピーカーブー」が面白そう

 ・深淵は魔導師学院ランダムチャートシナリオであったが、ランダムチャートでも投げっ放しか、枠組みを提示した中でランダマイザを組み込んだ形か、という違いがあるかなあと。もちろん深淵の場合はシステムの基本思想から言って投げっぱなしにしますよな。

 ・大江戸RPGアヤカシ
  魅力的な時代設定ではあるので面白いネタが降ってきそうではある。

 ・アーカム計画
  ハイパーボリアLOVEだだ。

 ・りゅうたま
  コネコゴブリンのみシナリオをしたくなりますな。

 ・妄想性RPG
  子供的世界観の中の面白みを解説しているが、最近増えつつある(?)メルヘン系TRPGでなかなか使えるネタだなあと。あの絵柄でなければ(笑)。

--
・ランボー最後の戦場
 まあ、プライベートライアン並みにリアル描写になったランボーって感じでしょうか。話は超単純ですが、スタローンは変に頭を使って凝った映画を作ろうとしてもあれなので、この路線でひたすらズドンとシンプルに行って欲しいものです。

 機関砲と不発弾の威力のリアルさにはしびれました。スゲー。沖縄なんかは雨のように不発弾を落とされたせいで足の下は爆弾だらけ、という話がありますが怖いですなあ。硫黄島も不発弾だらけのはずですよね。くわばらくわばら。東京の足の下も大丈夫なんですかね。

--
・4分間のピアニストDVD
 購入。
 この作品は完成度が高くて素晴らしい作品というよりは、自分の完成に合って個人的に飾ったおきたい作品て感じですかねえ。看守を再起不能にしかねんくらいに徹底的にぶちのめし他その血塗られた手で天才的で燃え盛るように熱いピアノ演奏する主人公が燃えます。もっとヤレヤレ。

--
・MHF
 大体欲しい装備は揃ってやることもなくなってきたので祖龍笛ソロの練習など。リーチが長いので普通に歩いてるときでも頭を殴れます。タイミングがシビアですが……。対祖龍用に調合書錬金辺を作ってました。しんどかった。

--
・ナウシカ再放送
 「未来少年コナン」「カリオストロの城」に並ぶ、宮崎駿3大名作の一つだと思いますが、今見ると予算がなかったのかこんなにいろんなところではしょりまくってるよ~というのが見えてしまって何だかという感じ^^;。しかし、服の切れ端の揺れや、機体のゆったりしたちょっとした揺れだけで風を表現するとか、音響だけで風を表現するとか「風の谷の」と冠するだけあって風に関する描写表現は超絶的な職人芸だと思います。すごすぎ。

--
・TRPGシステムの評価の仕方について
 何ていうか「失敗したからよくないシステム」という考え方は根本的にとんちんかんな評価と言うべきじゃないかなあと。よくないと言うよりは

「難易度が高い」「敷居が高い」

と言うのが妥当では。以前よりいろいろバリエーションが増えて事故率が若干上がったシステムとかが増え中?というのは、補助輪教育が終わってようやく若干難易度の高めのシステムを提示する余裕が出てきたのでは、と捉えるのが妥当じゃないですかね。

 というわけで「上手く行かなかった・行きづらいからそのTRPGよろしくない」と判断すること自体が不当な評価(まー限界はあるが)であって、正当的な評価というのは

・100%思惑通り上手く行った段階で
 ・そこで提示された“楽しさ”は自分の期待した楽しさであったか?
  (あるいは期待方向上向き超越)
 ・そこで得られた“楽しさ”は「TRPG独自の楽しさ」というものを
  どれだけ生かした楽しさであるか?

という部分を評価するのが妥当なんじゃないかなあと。

 例えばD&Dで完璧な運用で完璧にシステム独自の楽しさが得られたとしても、80%は戦闘級シミュレーションゲーム的面白さでそれはデジタルゲーで代替可能。TRPG独自の面白さはせいぜい20%ぐらいでは。であるならTRPGとしての面白さの評価は微妙なんじゃないすか?

とかいう感じに評価するのがいいんじゃないでしょうかね。

で、個人的には、100%上手く行った段階で得られる楽しさが期待したのと違う方向性の楽しさを与えるシステムの場合は、どんなに懇切丁寧に書深夜から上手くセッションを回すギミックが詰まっていても、到達点が目指すものと違うので、遊んでてもつらいなあという。

一方、最終的に目指しているであろう方向性が自分と共感する方向性でTRPGの独自精を出しているのであれば、たとえシステムに不備があって難易度や敷居が高かろうが、それを乗り越えて上手く乗りこなして得られる充実感はとても大きいんじゃないかと。

まあ、そんな風に考えるには、そもそも自分はTRPGで、TRPGの独自性を生かしてどう遊びたいと思っているのか?というビジョンが見えているかどうかで変わりますかね。そこら辺がシステムに遊ばれているか、システムを乗りこなして自発的に遊んでいるかの差になるかなあと思います。

だから何って感じですがw。


そんなところで
[PR]
by namizusi | 2008-06-11 02:53 | 雑感


<< TRPGの独自性について:(・_・) 呆れるほど速い!?:(・_・) >>