マシン・マーセナリー:(・_・)

http://www.bk1.jp/product/02915196
読了。
まあまあでした。

しかし、秋口ぎぐる(敬称略)って「ひと夏の経験値」の著者だったんですな。
そっちのがびっくりだ(笑)
http://www.bk1.jp/product/02697533



そんなに書くことはないですが、いまどきのTRPGっぽく?

・最後はロボでバトルするのは決まっている
・途中、いろいろ波乱はあるもののPC同士共闘するのは場の空気として決めている
・仮想絶対的みたいなのを一応決めてある
・(PLは男かもしれんが。多分、高確率で)いわゆる萌え絵のハーレム状態

という感じの、FEARげーっぽいセッティングの話になってました。
リプレイ第2弾で、PC同士のガチバトル、変態キャラ満載セッションもやってるし

・今風のプレイも出来る
・今風じゃないガチ変態キャラバトルも出来る(笑)

という感じに一粒で二度おいしい

戦闘ルールもシンプルでありながらかなりよく出来ているし、一粒で3度おいしい?

パイロットのルールもあからさまに簡略化されてるんですけど簡略化されていながらとても高い描写力を誇っている……特に精神ダメージの辺り。

トラウマとかで精神的に傷付く
→ほんとにダメージを食らう
→精神的にダメージを食らって弱ってくるとファンブルしやすくなる
→精神的に動揺して思わず手元が狂う、とかいう状況を描写できる

という感じによく出来てるんで(シンプルな分GMのさじ加減が重要だったりはしますが)
一粒で4度おいしい?システムだなあと思いました。

個人的にはこれくらい軽くて描写力のあるシステムなら
ロボット同士の戦闘なしでも回せるかも、と思うんですが
まあ、普通はやらんでしょうなw。
キャンペーンで1話だけ番外編で戦闘しない話、とか入れてやることはあるかもしれん。

という感じで、なかなか良いシステムだなあと思いました。
ただ、個人的にロボットってそんなに好きじゃないので
マスターはしないけどプレイヤーならやってみたいかなあと。


そんなところで
[PR]
by namizusi | 2008-10-04 21:38 | TRPG


<< シナリオアップ:(・_・) TRPGの「楽しさ」を定量化し... >>