2004年 11月 07日 ( 4 )

NPCで受けを取らないマスタリング

 前の記事でNPCで受けを取るシナリオやマスタリングは大嫌いだと書いてしまったのでw、じゃあその手法を採らずに面白いセッションをするにはどうすればいいかについて書くとしよう。この辺はマスタリングの流派みたいなものだと思ってるので、好き嫌いは別にしてどれが正しいということはないので好みに応じて取捨選択すること。

1)NPCを登場させない
 登場させなければ活躍できるはずもないw。ただ、NPC不在だとセッションのコントロールをしにくくなるのは確かなので、NPCによる誘導以外でセッションの流れをコントロールする方法に留意する必要がある。以下のような手法がある。

・PCの設定をハンドアウトなどであらかじめ制限しておくことで可能性の幅を狭める。あるいはPCの設定があらかじめわかるなら起こりそうな展開の幅が狭くなる
・物理的にPCの行動可能範囲を区切る。閉鎖空間に閉じ込めるとか

 こういったシチュエーションが面白いかどうかについてだが、例えばD&Dでキャラロールをせずにただダンジョン探索をしているだけでも面白いように、舞台をPLがいろいろ探索してみたくなるようなものにすればそれだけで十分面白い。また別の手法として、舞台は殺風景で特に探索するものがなくても、ハンドアウトでPC同士の関係をドロドロに絡み合わせておけば、「PC同士がお互いの設定を開陳して会話してお互いの立ち位置を確認する」という一連のプレイをするだけでドラマが生まれる。これも面白い。

2)NPCを記号化する
 NPCはシナリオ上必要な立ち位置の記号として処理する。例えば「さらわれた村人を助ける」。助けられる人々がいさえすればそれがどんな人格であるかとか、名前が何であるかとか、人数は何人とか、そんな情報はいっさいなくても十分シナリオとして機能する。そんな瑣末事は、PLに聞かれたときにダイスで決めれば十分だw。PLに想像力があるのであれば、「こういうヒロインが欲しい」とか言って来る場合もある。その場合は、そういうNPCを創ればいい。アドリブで発想するのができないというのであればランダムチャートでも使えばよろしい。PLが発想した相手の方がGMが押し付けたよくわからない変な人格に比べてよっぽどPLが感情移入しやすいというものだ。よって、NPCの人格はアドリブ処理する。PLから要望があればそれを入れるし、要望がないのであれば「どんな人格でもリアクションするよ」と答えているのと動議であるので、そんなものはランダムで決めればいいw。まあGMのNPCの芸の幅というものもあるので、ランダムで決めたキーワードにGMのプレイし易いイメージを入れた人格になるであろう。

 NPCを記号化する手法でもう少し高次になると、NPCの立ち位置を決め、その立ち位置に沿った言動・行動をし、立ち位置に沿った生い立ちなり設定を付加していくという方法もある。この方法は、もちろん物語を成立させるためにNPCを登場させる記号に過ぎないのだが、表面だけそのNPCを特徴付けるよりもよっぽど深みのある人間的なNPCが出来る。人格というのは本来表面的に被せて見栄えを良くするものではなくて、それぞれの立ち位置が記号的に形成される過程で必然的に出来てくるものなのだ。そういうNPCはシナリオ上必要になるのでセッションの邪魔になることはないし、下手な個性を付けていないのでPCを食うこともない。地味で目立たないが、会話など掛け合いをすれば立ち位置がしっかりしているので、そのキャラクターらしい人柄が自然に滲み出してくる。良いNPCというのはそれで十分だと思う。それ以上はTRPGに登場させるキャラクターとしては要らない。
[PR]
by namizusi | 2004-11-07 17:46 | TRPG

飛竜との戦い方(3)

・飛竜に接近する方法(近接武器)
 飛竜に攻撃するには接近する必要がある。しかし当然飛竜も攻撃してくるのでうかつに近付くと返り討ちに遭う。よって、相手の攻撃をかわしつつ接近する必要がある。

1)飛竜の背後を追いかける
 多くの飛竜は攻撃時にダッシュしてくることが多いのだが、まずダッシュしてきたら横に避ける。その後、後ろから飛竜を追いかける。ダッシュ後、飛竜はいったん停止して次のアクションをするのでその際の隙を狙うと比較的安全に攻撃することが出来る。とは言うものの、飛竜の方がハンターより足が速いので沼3のだだっ広いエリアで戦ってるときとか、よく走ることで定評のあるゲリョスと戦っているときにはスタミナの問題もあってこの戦略はやりづらい。その場合は飛竜のダッシュしてくる場所をあらかじめ先読みしてそこに攻撃する必要がある。

2)ダッシュ後の飛竜の様子を見る
 ダッシュ後の飛竜の行動は以下のパターンに分かれる。

A)反転してまたダッシュ
B)近接攻撃
C)ブレス攻撃

A)の場合、うかつに攻撃すると先に返り討ちに遭ってひき殺されることが良くあるのでw、よっぽど先読みして追いついたとき以外はいったん再度攻撃をかわしてまた様子を見ることにした方が安全である。
B)の場合は、向こうの反撃を一度やり過ごせばそこで隙が出来るので、攻撃のチャンスになる。
C)の場合もB)と同様で隙が出来る。特にブレス後の隙は大きい飛竜が多いので、ここで連続攻撃など叩き込むと良い。

A)~C)いずれにしても相手の攻撃をいったんやり過ごす必要があるので、飛竜に接近したらいったんサイドにかわす。右と左のどちらにかわすかについては飛竜は近接すると時計回りに旋回する尻尾攻撃がくることがよくあるので、飛竜に向かって右に避けると尻尾攻撃をもろにくらう可能性がある。よって左に避けた方が比較的安全である。ただ、飛竜の左に回っても密着するとその後右側面への体当たり攻撃がくることがあるので、攻撃後はヒットアンドアウェイで相手から離れると安全である。

3)攻撃
 攻撃方法については2)に大体書いてしまったw。近接攻撃の場合、弱点に攻撃するとひるむことがあるので、その場合はさらに追い撃ちを狙っても良い。ただこの場合相手の反撃1回くらいは覚悟すること。体力に余裕がない場合はひるんでもいったん離れてまた様子を見るのが安全である。

・飛竜に接近する方法(ボウガン)
 ボウガンの場合は接近する必要はないw。ダッシュしてきたら横にかわしてやり過ごすのは近接武器と同じである。ボウガンの場合、飛竜がこちらに正面を向くとブレス攻撃が飛んでくる可能性があるので、こちらを向いたらすぐに横に移動すること。ただ、飛竜がこちらに向いたときというのは弱点(顔)を攻撃する格好のチャンスであるので

<1>飛竜が旋回してちょうどこちらに正面を向くタイミングに着弾するよう、多少先読みして弾を撃つ。ひるんだらさらに追い撃ち
<2>相手がダッシュか攻撃アクションに入ったらいったん横に動いて回避する。このとき飛竜に隙が出来るのでこの間に弾のリロードをする

ちなみに飛竜がダッシュしている時はすなわち安全な時間なので、近接戦・ガンナーとも、ここで回復薬を飲むとか武器を研ぐとか肉を食べるとかすると良い。ただ、武器を研ぐとか肉を食べるのは隙が馬鹿でかいので、ダッシュ後のアクションの速い飛竜の場合には控えるように(飛竜が怒ってるときとか、リオレイア・ディアブロス・モノブロスみたいにダッシュしてちょっと止まって再度ダッシュしてくる奴とかは危険)。
[PR]
by namizusi | 2004-11-07 17:07 | モンスターハンター

ハンマー・ハンマー

 いいかげんもう黒龍素材と逆鱗集めくらいしかやることがなくなってきた。ハンマーが楽しいので一通りハンマーを集めてるが、あと欲しいのは鬼鉄くらいかのう。最近いいなと思ってるのは毒属性のタイタンハンマー。毒が毒状態を維持できるとけっこう強い(ハンマーは攻撃回数が多いので維持し易い)というのと、防御力+5がつくのが渋くいい感じ。

 黒龍戦をハンマーで行ってみたが、やはりガードが出来ないと死ねるw。一応「古の秘薬・硬化笛・鬼人笛・回復薬G・竜耐性+25・ドラゴンブレイカー」の完全装備で行ったのだが、これだと3発くらうと死亡できるくらいの感じであった。黒龍の攻撃は

・前に倒れてくる(ここで1発)
・くらって転倒している間に前に這いずってきて轢かれる(ここで1発)

というコンボで来ることがあるので、HPをまめにMAXにしてないとそのまま昇天できるw。

 初めて行ったときは自分も死んだが、他のガンナーの人らも死にまくって2回連続でミッション失敗。募集した人が切れたのか落ちちゃったw。うーむ。自分も人のこと言えないがガンナーでばたばた死なれてもなあ(^^;。ガンナーで黒龍行くなら地面に立って移動しつつスコープ使わずに通常ビューで撃ちまくってればまずくらうことないんだが。ガンナーで報酬目当てでギルドナイトシリーズを着てる人がいたがあれは確かに一撃で死ねるしなw。ガンナーで毒を使ってる人がいたが、拡散弾Lv2を使わなくても毒弾も行けるなあと(毒弾はけっこう威力が高いし毒化させやすい)。麻痺弾も意外と効くので悪くない。

 そのあとは好きな武器を使って黒龍と戦うというのに加わって、もう少し近接戦を練習。2回やって1回はクリアできた。死亡さえしなければ4人近接武器でも十分クリアできるみたいだ。麻痺武器を使ってる人がいたが、麻痺はよく効いた。毒武器は毒化させるのがけっこう大変だった。麻痺のがやり易そうなので総合的に言って近接武器は麻痺武器で行くのがいい気がしてきた。麻痺らせれば他の人らの攻撃がしやすくなるし(やっぱり鬼鉄が欲しいw)。毒化はガンナーの人に狙ってもらうのが楽かも。戦略をまとめると

・ガンナー(毒担当)
・近接(麻痺)
・残りは龍武器か拡散ガンナーか麻痺ガンナー

とかいう感じで行けるんじゃないかのう。

 あと近接戦の方だが、ダメージを与えられ易いと思われるのは大まかに4箇所あって、

・頭(ガンナー以外滅多に狙えないが)
・腹
・横腹
・尻尾と後ろ足の間

この辺がはじかれずダメージが抜け易そう。狙い易いのは腹と尻尾と後ろ足の間だが、腹の方は時々黒龍が前に倒れてくるので危険。1回殴ったらすぐ横に避ける感じで。尻尾と後ろ足の間の方はほとんど攻撃も来ないしかなりいい感じ。
[PR]
by namizusi | 2004-11-07 15:58 | モンスターハンター

銀河鉄道999

ネタのために久々に見る。熱いのう。
いつも思うのだがアニメ版と映画版の鉄郎の顔のギャップは何とかならないものかw。
[PR]
by namizusi | 2004-11-07 15:14 | ストーリーメディア