2005年 01月 08日 ( 2 )

G体験会

 地元でモンスターハンターGの体験会をやってたので見てきました。体験プレイも体験。

・青リオレウスとバトル。堅くてよくはじかれる。
・青リオレウスフル装備使用。「ソウル***」とかいう名前が付くらしい。
・双剣初プレイ。ガードは出来ない。まあ片手剣ってそもそもガード要らんし特に問題なし。武器出し攻撃が低い態勢で2本の剣を突き出すという感じで前に突進してくれるのは良いが、片手剣のように上に飛んでくれないのでしっぽ斬りは大変そう。R1ボタンを押すとガードの代わりに剣を交差させて力をためるのかな?一定時間攻撃力が上がるっぽい。
・村で売ってる素材が何種類か増えていた。用途は不明。
・うまく肉を焼くとこんがり肉Gが出来るらしい(タイミングはシビア)
・壁際のカメラ位置は改善された(カメラが上に上がって見下ろすようになった)

 プレイは3回くらいプレイできた。待ってる間人のプレイを見ていたのだが、何かこう、後ろに飛竜がいるってわかってるのにそっちにカメラを向けないままぼーっと回復薬飲んでるとか、びっくりなプレイばかりであった。ああいうのをう○ことか言うのであろうかw。訓練所でクック退治を大剣でやってみたのだが、ほぼ裸同然の防具であっさりやられた(シクシク。最近は鎧の厚さに頼ったパーティー戦用の戦い方ばかりしてたので腕が落ちてるなあ。訓練所は訓練項目で各飛竜と戦う訓練があり、それぞれの飛竜に大して各種の武器がそれぞれあるという感じで、これを一通りクリアするだけでもオフで十分遊べる部分が増えていいかなあと。装備は制限されるけどね。

 ということで1/20が楽しみですな♪
[PR]
by namizusi | 2005-01-08 20:46 | モンスターハンター

Spoofs RPG更新

・「Spoofs RPG」
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/babahide/spoofsrpg/

 TRPG論考サイト?「Spoofs RPG」が更新されました。今回はなかなか興味深い記事が多く見所満載です。

 個人的に一番興味深かったのは白河堂氏の『Scoops RPG主催 第1回RPG全国共通一次試験』ですが、当然15日も考えたりせずさっさと中身を見ましたが(笑)、端的な感想を言うと馬場理論で釘を刺されて止まってた人は僕の感覚からすると15日どころか12年以上も止まってたんだねえとw。TRPGの健全な発展は12年以上も阻害されてきたのかあ、やれやれ、と改めて実感しました。まあ世間ではそんなに長くTRPGをやって考えてる人なんてそんなにいないと思うのでぜひ考えてみた下されw。

 でもって、個人的に糧になったのはむしろ『クロフォードのインタラクティブデザイン論』ですかねえ。概要だけですがとても重要なことが書かれています。これは素晴らしい。

 馬場氏の『都ちゃんに萌え萌え:あとがき』の方は、最近精神医学の本を読んでいるので別の意味で興味深く流し読みしました(笑。内容はいろいろ飛んでいますが部分部分は興味深いところもあります。

 感想は以上。

--
 上記のクロフォード氏の論と白河堂氏の論でTRPGの物語をゲーム的に遊ぶヒントが出つつあって面白いですが、僕の方でもTRPGの物語をゲーム的に遊ぶ上での実践的分類と方法論の区分けの整理がほぼ出来たのでこの週末くらいに書こうと思っています。相変わらず私怨でFEARゲーシステムを肴に叩きますが(埃がよく出て叩きがいがあるのだよw)、題して

『個別導入シナリオにリサーチフェイズは必要ない』

ということで(つづく)
[PR]
by namizusi | 2005-01-08 02:24 | TRPG