2005年 02月 24日 ( 1 )

オンラインセッションの運営(1)

<募集の仕方>
 何となく周辺が落ち着いてきたのでオンラインセッションの運営方法について書こうと思う。最近はほとんどオンラインセッションばかりでオフの新鮮なセッションもやりたいものであるが、働くようになってメンバーが散り散りになってプレイしたいシステムがマイナーなのばかり、ということになると、オフでコンベンションとかに行ってもプレイできないし、自分のマイノリティーを理解してくれる人間も身近にそうそう確保できないし・・・ということで、それならネットで募集した方が集まりやすいというのはある。余談だが僕がマイナー志向なのはTRPGをやり始めた当初からの話なので(何しろD&D・SW全盛の頃に、まだ発売されてもいないBローズサイコー!とか考えていた人間であるしなw)

 さて、オンラインでの募集が本当に集まりやすいのかは謎であるが…2chのように人が集まるところなら名もない有象無象が突然卓を立てたいと言ってオンセ募集してもそれなりに集まるようであるが、そうでない場合は無視/スルーされて終わってしまう場合もある気がする。深淵とかRQとかのマイナーだがインパクトのある売りのあるシステムとかの募集であれば無名であってもそれなりに集まるかな。あとは今時だと、アリアンロッドとかD&D3.5edの募集とか、そのときの流行ものに乗っかって募集するのも人を集める有効な手段と言っていいだろう。

--
<どこで募集する?>
 募集するからには人の目に止まるところで募集しなくてはいけない。目に止まりすぎても怖いというところもあるし(どんなやつがくるかまったく計り知れないわけだから)、一応どこで募集するかには以下の4つくらいがあると思う。

1.2chで募集
 見てる人が多いので集まりやすいと思う。ここの募集はあとくされのない単発ものの募集が主流のように思われるので、そういうシナリオだったらここで募集してみてもいいかもしれない。

2.TRPG.NETで募集
 ここもわりと見ている人が多いので集まりやすいと思う。ここの親切なところは募集をかけるとメーリングリストに配信してくれるところである。膨大な量の掲示板をチェックなんてやってられない!って人にも通知が行く。サイトはあんまり見てなくてもMLにとりあえず登録してる人は多いようだ。

3.サークルで募集
 オンラインセッションのサークルはそれなりにあるので、どこかに所属して募集する。チャットを常設しているサークルだとチャットで話しながらセッションのアピールもできるのが良い。サークルの傾向によって募集できるシステム/シナリオの種類が限定されてくるとか、他の募集と違ってノリで入ってくる人もいるので志向性の強い偏ったセッションをしたいときにはあまり向いてないかもしれない。まあ、募集要項に奇天烈なことを書いて受け入れられない人は追い払っておけばよいのだがw。
 まったりした卓が立てられるのでキャンペーンをやるときには都合がいい。

4.自サイト/知人のサイトで募集
 わりとメンバーが固定してきて志向の偏った内輪っぽい卓が立てやすい気がする。キャンペーンでも単発でもなんでもできる。それ以前に募集するサイト自体をそれなりに見る人の多いサイトにする必要があるけど(^^;


んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-24 12:53 | TRPG