2005年 02月 25日 ( 1 )

オンラインセッションの運営(2)

<情報伝達方式>
 ここで言うのはセッションの開催日時とかシナリオ情報の共有とか、セッションログの共有といったようなことをしたい場合のその情報をどう通知するか?という方式について解説する。オンラインセッションでは参加者の個人的な情報(メールアドレスとかIPアドレスとか、内輪なら携帯電話の番号とか)が流れる可能性があるので、情報の匿名性に配慮する必要がある。

--
1)メール
 多分一番匿名性が高まるので、参加者を完全に非公開にしたいなら募集をメールのみにするとかいう手が使える。

<メリット>
・匿名性が高い
・個別情報を個別に渡しやすい

<デメリット>
・共有情報をばら撒くのが面倒
・議論がしづらい
・会話の経緯を参照するのがめんどい

 デメリットの辺はメーリングリストなど使えば多少改善されると思います。

--
2)掲示板/情報ページ
 隠しで情報共有ページを作るとか、マイナーなサイトなら公開で作っちゃうという手もあります。

<メリット>
・公開情報を流すのが楽
・シナリオの重たいデータを公開するときにメールでいちいち投げなくて良い
・当日にリアルタイムに情報を流すこともできる

<デメリット>
・探そうと思えば探せるので荒らしが来る危険がある
・個別情報はここでは流せない

--
3)HTMLチャット
 最終的にIRCなりチャットソフトなりを使ってセッションをすることになると思いますが、そういったソフトを参加者がすぐに使えるとは限らないし、当日サーバが落ちて何もできなくなるという可能性もあるので保険のためにHTMLチャットを設置するのは有効です。
 用が済んだらページを消すだけでいいので後始末も楽。

--
4)メッセンジャーソフト(MSN、ICQ等)
 これもリアルタイムにPL&GMのネットへの接続を把握するのに便利で重宝します。が、これってTRPGのセッションだけでなくネットでの友人との会話とかそういった私事にも使うことがあるので用途が混同されやすいです。内輪向けセッションなら問題なくお勧めと言っていいでしょう。

--
<その他懸案>
 チャットソフトで接続する場合はサーバのIPを共有する必要があります。方法としては以下があります。

・掲示板に書いて後で消す
・一定時間で内容が削除される掲示板のようなところにIPを書く
・HTMLチャット上に書く(チャットが流れて消える、はず)
・メールで通知
・メッセンジャーソフトで通知


以上。
んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-02-25 12:49 | TRPG