2005年 04月 05日 ( 1 )

双剣の戦い方(1)

 あとはもうレア素材を手に入れるだけな感じで、世間の風潮に流されて(^^;、とりあえず大剣用に「見た目のましな」“匠”鎧を作ろうかと。デメリットの「はらへり倍加」が付かないように組もうとすると、どうしても訓練所の素材が必要な「クロオビメイル」が欲しくなってくるので訓練所のグラビモス討伐を始めました。あいかわらず訓練所はしんどい(^^;

 で、結構戦ってきてようやく双剣もG級でまともに戦えるようになって人に説明できるくらいに上達してきたと思うので、解説を試みてみる。

<双剣の選択>
 最初の基本でどの双剣を使うか?について解説する。

ポイント1:切れ味
 双剣で何より重要なのは「切れ味」である。これが足りないと、せっかくの爆発的攻撃力を持つ「乱舞」も途中で止まってしまい使えない。乱舞をするためには「黄色」以上の切れ味が必要である。ほかの武器だとそもそも攻撃のはじかれにくい緑色以上の切れ味がどれくらいかで武器を選ぶのだが、双剣の場合は黄色以上の切れ味がどれくらいあるかで判定する。

ポイント2:攻撃力
 次の考慮するのは「攻撃力」である。「属性ダメージでは?」と言われそうであるが、汎用性を求めるのであればまずは攻撃力がどれだけ高いかを見ると良い。なぜかと言うと、双剣は攻撃のリーチが非常に短いので基本的に火竜のどこを攻撃するかと言うと

「脚」

を狙って転倒させるしかない。で、「脚」というのは一般的に属性防御力が高いので、属性ダメージが大きくても基本ダメージが小さいとしょぼいダメージしか与えられないことになる。そういうわけで、最初は属性ダメージよりもまず基本の攻撃力の高さで選ぶと良い。

 極端に特定の属性に弱い火竜とか(老山龍・黒龍など)装甲がやたらと厚い火竜とか(グラビモス)の場合はこの限りでないし、弱点を攻撃するときには属性防御も低いことが多いので、その辺は注意。

ポイント3:属性攻撃力
 一部の普通の攻撃が抜けない火竜対策に属性ダメージの高い双剣も準備すると良い。

<お勧め双剣>
 クラスごとに以下のようにステップアップしていくとよさげですかね。

ノーマルクラス
 ・サイクロン(無)
 ・ガノカットラス改(水)
 ・リュウノツガイ(火)

ハードクラス
 ・なんか忘れた攻撃力350の奴
 ・インセクトオーダー改(無)
 ・ギルドナイトサーベル(水)
 ・ギロチン(雷)

Gクラス
 ・インセクトスライサー
 ・ギルドナイトセーバー
 ・ゲキリュウノツガイ
 ・封竜剣【超絶一門】

この辺はイベントが出ないと手に入らない…
 ・正式採用機械鋸
 ・双竜剣【天地】
 ・雷神双剣キリン


んではまた
[PR]
by namizusi | 2005-04-05 12:53 | モンスターハンター