2006年 01月 12日 ( 3 )

みんなでGMするシステム

 たとえばコンベンションなんかだと稀にろくでもないマスターがいて、そこで過ごす時間自体が苦痛で苦痛でしょうがない。これだったら自分でマスターした方がましにできるのでは?ということがあるんですが、まあ、実際そんなことをすることはないんですけど、代わりにしょうがないのでPL側で派閥を作って「それは無茶なんじゃないかなあ」とこちらの要求をごり押しして補正させることがあります。

 が、まあそんなプレイが一般的プレイとしてOKになってしまうとさすがに「怖くてマスターできない」という人が多発して大変なことになりそうなので公言はしなかったのですが、そういうのをシステム的にルール化すればそれはそれでOKになるんじゃないかなと思うので、そういうコンセプトのシステムを考えていたりはします。今のところ作る気はないし、今作ってる「ツキカミ」に入れるつもりもないですが。

 で、突然別の人がマスターをやることになったとして問題になるのは

・突然マスターにされてもシナリオを読み込まなくちゃならないし大変でやる気が起きない
・更迭されたマスターはいったい何をやるのか?
・「更迭」という言葉は見栄えがよろしくないね

という辺りでしょうか。逆にメリットとしては

・問題あるならさくっとマスターを交換して気分を変えられる
・いろんな人のマスタリングを見ることができる
・マスター不足で困ってる環境ならみんなでマスターをする負担を分散できる

という辺りですか。

 ところでParanoiaというシステムでよく思うのは

・別にシナリオなんてどうせ毎回失敗するんだから1個あれば十分じゃん

というところで、システム的に完成されてるならシナリオをいちいち考えるまでもなく、公式シナリオを1個だけ準備してPLも全部その内容を知っていてそれを毎回使いまわしてプレイする。展開のバリエーションはメンバーが変わることによる個性による差異で展開が変わる仕組みを作り、作りつつ大枠の展開は変わらないようにし、ロールプレイの楽しさもありつつマスタリングをお手軽にできる面白さもあり…といった要望を満たせばなんかできそうな気はしています。何かランダマイザを入れる手もありますが、それをやるとその分アドリブ要素が発生するところがネックではあるのう。

 まあ

それってボードゲームでいいじゃん

という指摘は当然来ると思われますが。うーむ。

よく言われる?

・全員マスター

なんじゃないの?という指摘も受けそうですけど、いや、マスターは常に一人で、何かの条件で交代するというのを考えています。マスターはマスターで面白みがありますからね。そこははずせない。というか

・マスター不足で困ってる環境ならみんなでマスターをする負担を分散できる

という要求にぜひこたえたいと思うのでここははずしたくないところですな。


それでは
[PR]
by namizusi | 2006-01-12 18:12 | TRPG

東京ゾンビ

 東京ゾンビ

 観ました。

すげーダメだ

って感じでとても面白かったです。やっぱりC級映画はこれくらいのダメダメさじゃないとね。
しかしこう、グロいのとか、キタナイのとか、苦手ですね。
チャイを飲みながら観てたのですが思わずブッと吹き出しそうになりました。

注意!飲食中はお勧めしません。

アニメの辺は面白かったなあというのと、グレーシー柔術は“無駄に”こだわってていい感じでしたのう。
ナレーションが実は…なのも「おお!」って感じで悪くない。

部分部分は結構いいシーンがあってよいです。
いい部分があっても全体としてダメ?にするところがC級の真骨頂ですな(笑。

いい


んでは
[PR]
by namizusi | 2006-01-12 12:49 | ストーリーメディア

集会所★2クリア

 さくっとクリアしてきました。
 まあ、ここまではわりっとさくっといけるかな?て感じ。

 ゲリョス捕獲も問題なくクリア。

 砂漠で桜レイアが出たのですが、やけにタフで、そういえば村の桜レイアと違って町の桜レイアはやけに強くて、特筆すべきは攻撃力でハードクラスだと飛び蹴り一発で即死できたような記憶が…とか思ってたらブレス一撃で9割ライフを持ってかれました。

 まあ、所詮レイアなので動きは読めてて、連続ダッシュの超絶コーナリングさえこなけりゃいつでも避けられるさっ、と思いつつ1死しました(しくしく。苦労したけど結局15分ほどで討伐。攻撃力は高いけどライフはノーマル向けにほどほどに減ってる模様。ふう。

 次は★3ですが、この調子だと攻撃力のみG級の蒼レウスが来そうなんですが。
 ひー。

 んでわまた
[PR]
by namizusi | 2006-01-12 12:27 | モンスターハンター