2006年 03月 29日 ( 2 )

ホテル・ルワンダ

 ホテル・ルワンダ

 日本では放映されない…とか言われていたのが上映を求めよう署名を集めてやっと放映されるようになった映画ですが、地元では結構ロングランしててまだ放映しており、やっと観ることができました。

 1994年に起きた『ルワンダ事変』による大量虐殺と、その最中にホテルマンとして1200人以上の人を救った主人公の話ですかねえ。

 アフリカというのは難しい地域で、そもそも国境線って植民地化した西欧諸国が勝手に引いたものであって(なのでやけに直線的にきっちり区分けされている)、実際には小規模なさまざまな部族が1つの国の中で混在し、部族同士対立しあっており、たまたま白人に取り立てられた部族は繁栄するが、そうでない部族はそれを妬んで虎視眈々とチャンスをうかがい、何か事件があるとまたまたお互いの憎悪を深め…というような物騒なイメージがあります^^;。

 この映画では軍隊を押さえたフツ族がクーデターを起こし、白人に取り立てられていたツチ俗の人々を皆殺しにしようとし、結果実に100万人もの被害が出たという。駐留していた国連軍はわずか300人ほどしかおらず、事変が起こるとともに撤退。白人とつながりの強い人々は亡命させるがそれ以外の人々は見捨てて逃げ出すという。

 カメラマンの人が安全地域から出て虐殺シーンを撮って報道するのですが「これを見た人々は酷いなと言うだけでのんびりディナーをするのさ」と皮肉混じりに言っていたのが印象に残りました。

 実際NHKでアフリカでのひどい虐殺のドキュメンタリーをやってたことがあるのですが『これはひどいね』と言ってチャンネルをバラエティー番組に変えていただけでしたからね。実際。


それでは
[PR]
by namizusi | 2006-03-29 12:51 | ストーリーメディア

ソングシーカー 失われた歌を求めて

 ソングシーカー 失われた歌を求めて

 R&Rに連載されていたローズ・トゥ・ロードリプレイの完全版。実にい~いプレイしてますなあ~。

 相変わらず間に入ってくる説明文的エピソードが読んでると眠くなるんだけど^^;、プレイヤーとの掛け合いの辺はやっぱり面白いです。大人げのなさが(笑)。

 なんか最後に

 結末は決まっていて何をしても変わらない。
 それでも敢えて問う。
 『どうしますか?』

という無理難題をやっていて面白いのですが、こんなシチュエーションは二度とやらないでしょうとか筆者は言ってますが、僕の場合

「そんな無茶なシチュエーション『しか』プレイしていなかった」
(それも何度も何度も)

なので、どうなんだろ~な~とか思いつつ。
無茶で不条理な空間でひねり出すものこそ真に創造的な発想だと思うしそういうものが出てくるところがとても楽しいと思うのだが。

あと、最新のR&Rではこのリプレイの座談会みたいなのをされてました。
なんかこういうのを見るとTRPGがまたやりたくなるのだが…ネタが熟すまで待つことにしよう。

んではまた
[PR]
by namizusi | 2006-03-29 12:35 | TRPG