2006年 06月 05日 ( 3 )

初心者のための弓道部(3):(^_^)

 上位レベルの連射弓が欲しかったのですが、龍属性弓は素材が足りなくて作れず、黒龍連戦で素材がたまっていたので黒龍素材の剛弓を作りました。で、フレと4人パーティーで早速イベントゲリョスx2で試し撃ち。何か、頭を照準合わせて狙撃すると数発で頭部破壊できるし、5分も行かずに討伐終わるしでなんか強すぎなんですがこの弓^^;。あとで不慣れなガンランスで行ったところ5~10分くらいかかっていたので(頭部破壊ができずに閃光攻撃で手間取った)、タイゲリョス戦に関してはガンランスの2倍以上のダメージ効率があったのではないかと(んな馬鹿なw)。腕の問題でしょうけど。

 ということで、今回は「弓の弦の引き方」について解説をばします。

1.ためレベル
 弓は引く時間によってためのレベルが上がり、ダメージが増え、またレベルによって撃てる弾種が変わります。以下に特徴を。

・Lv1
 ダメージ:極小
 属性ダメージ:半減
 ため時間:極小(連射可)
 Lv1で撃つ意義は基本的にほとんどありません^^;。ダメージは極端に小さく(固い相手だと1本1ダメージくらい)、ダメージ小さくても手数重視で属性ダメージを入れればいいのでは?(特に異常属性)と考えるかもしれませんが、属性ダメージも半減してしまうので、異常属性弓最強っぽい「日輪」を使って全弾撃ち尽くしても村ゲリョス麻痺すらできないということが起きがちです。しいて使える機会というと

・咆哮とかで動けなくなった味方を起こすとき
・ヘイトを上げて敵をひきつけたいとき

くらいでしょうか。基本的にはLv2以上じっくりためて撃った方がダメージ効率が良いです。

・Lv2
 ダメージ:中
 属性ダメージ:普通
 ため時間:小
 ダメージは少なめですが、属性ダメージはきっちり入るので、手数重視で異常属性を狙うときや雑魚掃除のときにはLv2で連射するのがお勧めです。弾種としては、「拡散」が最高、次点で「連射」。「貫通」に比べると総合ダメージは減りますが、確実に多段ヒットしやすいので手数重視ならLv2で「拡散」「連射」がお勧めですな。

・Lv3
 ダメージ:大
 属性ダメージ:普通
 ため時間:中
 「装填数UP」スキルをつけない限りはこれが最大ダメージ攻撃となります。手数よりもダメージ重視となるので「貫通」「連射」がお勧めとなります。まあ、完全フォロースタイルでLv3以上でも拡散を打ちまくるという手もあると思いますが…ダメージ的には落ちます。その分は属性ダメージで補うんですかね。Lv3ため攻撃の重要なポイントは

「ためたまま移動し、モンスターが隙を見せたところで狙い済ました一撃を入れる」

という撃ち方ができる点です。慎重に狙ってきっちり入れましょう。スタミナ消費が激しくなるので、このスタイルでいくときは「ランナー」スキルとか「強走薬」を持っていった方がいいでしょう。

・Lv4
 ダメージ:大
 属性ダメージ:普通
 ため時間:大
 「装填数UP」スキルをつけると発動できるようになります。実際のところ、Lv3攻撃とダメージは変わらないのでため時間に余計に時間がかかる分ダメージ効率は良くないです。が、弓によってはLv4発動させないと威力の高い弾を撃てないものがあるので(水弓とか)、そういうときにやむを得ずに使う感じですかねえ^^;。ダメージ効率を上げるためにさらに「速射」スキルをつけたいところですが、これはミラルーツ鎧フルセットでしか発動できないため高嶺の花です(そういう人も見かけましたが^^;)。まあ、「装填数UP」「連射」にすると「耳栓」が付けられないので防御面で不安はあるのですが。


今回はこれまで。
んじゃまた
[PR]
by namizusi | 2006-06-05 12:06 | モンスターハンター

迷える人々:(・_・)

 瑠璃原珠が欲しかったのでHR50試験手伝いに乗って行ったのですが、来るわ来るわ続々と!アーケードの人気対戦台の

「Here Comes A New Challenger!」

のごとく、1人抜けるたびに次から次へとHR50試験手伝って欲しい人が続々と現れて(人の多いシンシア求人区1だったせいもありますが)イベント黒龍も飽きたんで気晴らしにほかのクエやるかあと2時くらいにはじめたところ、延々付き合って翌朝7時半くらいまでやってました。猛烈に眠かった^^;。

 まあ、MH2で初めてMHシリーズに入ってきた人の場合HR50試験の黒龍、紅龍の理不尽さにはついてけないんでしょうなあ~。まあ、そういう人は素直にHR50試験不合格で止まっているべきだと思わんでもないですが。あるいは、拡散ガンナーでサクっとくリアすればいいのかもしれませんが、黒龍イベントで爪が尽きていたのでひたすら近接スパルタ方式で。

 もう、毎度毎度ポコポコ死んでくれて、「この面子でいかにして黒龍を何とかクリアさせるか」という自虐的ミッションが楽しめましたというか。

・試験黒龍対策
 とりあえずソロで様子見くらいしてきて欲しいね^^;。
 んで、最終的にフォローで行き着いたのは「装填数UP麻痺ガンナーで麻痺させまくる」でした。古龍クエで麻痺&超絶一門体制ですっかり甘やかされてるのか、即死攻撃を自力で見切れない。しょうがないので無理やり麻痺を。やはり麻痺ガンナーはMH2でもゲロつよでした。1人で麻痺弾撃ちまくりで5回くらい麻痺できますな。すげー。

・試験紅龍対策
 こっちはガンナーだと即死できるので^^;、剣士で。とにかく足のそばの安全地帯を覚えて、体力は黒龍より少ないし、近接でまともに固めてれば即死はないので粉塵でフォローするくらい。近接のみでも20分前後で終わります。


そんな感じで。
ツカレタヨ!
[PR]
by namizusi | 2006-06-05 11:34 | モンスターハンター

最終回(ネタバレ必至!):(^_^)

注意!ネタバレ必至!

1.「エアマスター」最終回
 めでたく終了。最後まで馬鹿で良かったです。あほだ。

--
2.「からくりサーカス」最終回
 あともう2回くらい粘るかと思ったのですが、1回でさくっと終了。複線もほぼすべて消化しいまどき珍しくきっちりきれいに終わった作品となりました。こういうのを「終わりよければすべてよし」と言うべきではないかと。

・フェイレスの最後のアクション
 最後にもう1つ問いかけをするかなと読んでたのですが、前回の「大好きな人の笑顔を守るため」でまあ落ちはついてたのでそれ以上のひねりはせずに素直に終了。内面展開で自分が兄のような立場になってわかったことがある…という処理はしてました。なるほどろ。

・歌落ち
 おお~そうきましたか~という感じでなかなか良かった。歌詞も良かったしね。

 歌落ちというと昔、日渡早紀の「僕の地球を守って」もそういう落ちだったのですが、あの作品でものすごく悔しかったのは、「流浪の民」というボーイソプラノご用達合唱曲をテーマとして出して流浪の民のような前世の人たちがいた…というストーリー展開をして、ある回はその歌詞にぴったり合わせて話が展開するというのをやってて面白かったのですが、最後の落ちも歌で落ちるんですけどその歌がどんな歌詞だったのかという記述が何にもなかったというところです。歌で落とすのは展開から言って非常に順当できれいではあるのですが、「流浪の民」で非常に歌詞を大切に意識した展開をしていたにもかかわらず、最後は歌詞がなく、どんな歌詞で納得させてくれるんだろうとわくわく期待していたのですが、すっかり裏切られてしまったという。まあ、読者の想像にゆだねるという手法だったのかもしれませんが、そこは作家の力量として読者を納得させる歌詞を考えて欲しかったなあと思います。

 で、からくりサーカスの方ですが、歌落ちで歌詞も説得力のあるもので良かったのですが、個人的な期待としては「からくりサーカス」というタイトルをつけてしまった以上、責任を取って「世界中の人々にサーカスを見せることで呪いが解ける」という落ちが来るとすげー完璧でかっちょええ~!と期待していたのですが、さすがにそこまではきませんでした。ちょっと残念^^;。

・リーゼさんの伏線落ち
 まあ、落ちを「実晴らすボスと主人公は立場は正反対だがまったく同じ境遇だったのだ」という落ちに決めてしまった以上、こっちの伏線は進めるわけにはいかなくなったわけで、この伏線が消化されなかったのは非常に納得いくところです。

いい仕事してますなあ。

--
3.「エマ」最終回
 最終間の展開に納得いかなかったものの数度読み返していたのですが、メインの話をくどいくらいに丁寧に丁寧に描いてるなあと。大まかに作家には2タイプあって、ストーリー構成で面白みを出す人と(ミステリ作家に多い)、ストーリー構成は単純なものの1個1個のつまびらかな描写やキャラクターで味を出す人がいて、この作家はこっちの方かな~と。しかし作中作の話を見ると構成に凝る方も描けそうなのだがw。


そんな感じでした。
うむ。
[PR]
by namizusi | 2006-06-05 11:16 | ストーリーメディア